AV批評どっとこむ

エロへの飽くなき探究心を持つ紳士へ送る、AV批評のブログ

タグ:痴女

pppd00298pl
pppd00298-9pppd00298-5pppd00298-4pppd00298-6


満員電車、ノースリーブの薄手のシャツを着た胸の大きな女性がつり革につかまって電車に揺れている。視界の隅に映るその女性のカラダを無意識のうちに横目で見ていると、ふとその女性と目が合ってしまう。慌てて平静を装い目をそらす。

しばらくすると電車に揺られながら少しずつ、その女性がこちらに近づいてくる。気のせいだと自分に言い聞かせているといつの間にかその女性は自分の正面に立っているではないか。満員電車でほとんど身動きのとれない状態で見ず知らずの女性と向き合ってしまうという気まずいシチュエーション。

目の前には彼女の顔があり、つり革を持つ腕はノースリーブで無防備な脇がチラつく。前に突き出た大きな胸は電車が揺れるたびに軽く自分と触れ合ってしまう。電車が揺れるリズムにあわせてしだいに彼女と密着する面積が増えていき、気が付くとボクの下半身に彼女の手が伸びて・・

っていう完全主観の逆痴漢シーンで始まる今作。もうこの臨場感だけで5億点ですよ!
いやほんと逆痴漢と主観の組み合わせは発明っていうくらい良かったですね。でそれをすぐに責めないでそれこそリアルにじっくりと、少し責めては焦らす、少し責めては焦らすの繰り返しっていうプロの手口っていうね。気のせいかな、気のせいかなと自分に言いきかせているうちに気付けば土俵際のフル勃起っていう、ほんとに犯された気分ですよ!(イイカオデ

主演のめぐりちゃんも顔だけみるとアイドルルックで―特に主観でのカメラ目線の可愛さはヤバい―一見するとそのような行為をする痴女には見えないところがまたイイですね。『こんな可愛い子が?気のせいだよな。でも、あれ?あれ?』と気が付いたら彼女のわがままボディに完全に絞り取られる図っていう。この顔のアップの可愛らしさと脱いだときのドスケベっぷりのギャップもたまりまへんでした。

その後のシーンもカフェで、タクシー内でシチュエーションを変えながら上記のような逆痴漢を見せていくわけですが、どのシーンもしっかり焦らしてクオリティも高い。

逆痴漢モノとしてこの上ない臨場感とムラムラ感を与えてくれた良作でした。こんな子にだったらボクも痴漢されたいでごわす。


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

pppd00300pl
pppd00300-9pppd00300-2pppd00300-6pppd00300-10


今作は作品内容だけ観るとタイトルならではのシチューエーションを活かしたプレイはほとんどありません。強いて言うなら最初の寮の廊下で他の寮生にばれないようにHするシーンくらいで、しかもこれも廊下で全裸になってSEXしてたらさすがにバレるでしょっていうとにかく作品としてはシチュエーションってよりはひたすら絡み重視の内容です。

じゃあ今作のナニがイイかというとそれは主演の原千草の実在感。
女子寮という男子禁制の場所でもお構いなく男を連れ込んでヤリまくりたがる女子大生といしての実在感っていうんですかね。原千草ちゃんって顔は地味で大して可愛くもないけど中身はかなりのスケベでカラダは上物ってバランスで実はスケベな地味ヤリマンっていう役が異常にハマるんですよね。地味なくせに性的なことだけは節操のまったくないビッチ役をやらせればピカイチっていうね

だから今作の役もしっかりハマっていて、で彼女はルックスは地味で美人でもないから女子的なヒエラルキーは低そうというか、ブランドモノのバッグを持ってananとかの女子力特集とかを読んでるような同姓の同級生たちからはたぶん舐められてるんですよ。「千草ちゃんってぇ~、あんまり男っ気ないよねぇ~。もっともオシャレとかしなよぉ~」とか言われてね。「寮とかじゃなくて一人暮らしのほうが遊べるし絶対いいよぉ~」とかね。

でそんな同姓から舐められてそうな女子大生が実は一番・・・っていうエロスですよ!

あ、ちなみに上記のような会話シーンは今作には一切ありません。ただそのような光景、背景をこちらの頭の中で勝手に補完できるほど、今作での彼女の地味隠れビッチ女子大生としての実在感が高いってことです。
でそういう視点で観ると他の寮生にバレないように女子寮に男をつれこんでSEXしまくる千草ちゃんの姿がより背徳的に見えたりもします。

まあそこまで変態的な妄想を働かせて観ないでも、普通に原千草はエロいし、OPPAIっていうメーカーだけあっておっぱい重視の映像で彼女の美巨乳も楽しめるしで、普通に満足度の高い良作です。オススメ!


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

h_114fcdc00065pl
h_114fcdc00065-2h_114fcdc00065-5h_114fcdc00065-20h_114fcdc00065-17


スーツ姿の巨乳ギャルの痴女SEX
っていうがコンセプトの今作。

メジャーじゃないメーカーの作品ならではのそれ以上でも以下でもありません的な女優の質、プレイ、映像感なところがなんとも好感が持てます。

主演の鈴村いろはちゃんのお世辞にも美人とはいいがたいけど街に一人にはいそうな巨乳ギャルな塩梅と、そんな彼女のちょっと雑で下品なSEXにはリアルな安っぽさがあってそこはエロかったです。

全編スーツ姿にはこだわっていて、でそのスーツ姿もどう観てもイメクラのそれにしか見えない、プレイはフェラやパイズリがメインがメインで本番までいくのは最後の絡みだけ。

作品のコンセプトが気に入って適当に流して観ながら5分くらいでサクッと抜きたいときとかはこういうのもいいかも知れませぬ。


この作品のサンプル画像、動画購入はこちら

↑このページのトップヘ