先週は「閃の軌跡Ⅱ改」にハマッていたので走らず・・・。今日はWOCのマスツーで,久々にWで出撃しました。10時20分ローソン篠山安田店に集合だったので,8時過ぎに出ました。ナビを見ると,9時過ぎには着いてしまいそうでした。なんぼなんでも早すぎるので,縦貫道を降りてデカンショ街道沿いのイートインつきファミマで30分ほど時間を潰しました。

 このローソンは,デカンショ街道を走ったら必ず立ち寄るであろう,この近辺のキーポイントです。それでも9時台に着いてしまいましたが,すでにKGさんのWがいたので,その横に便乗して停めました。それよりも目を引いたのが,ライムグリーンのZ1でした。格好いいわあ~♪
IMG_0328

 もう一方来られて,雑談をしていたら,主力グループが到着しました。手をふりましたが誰も気づかずorz・・・みるみるあさっての方に停めて行かれました。出発時のことを考えて,私たちもそちらへ移動。今日のメンバーがほぼそろいました。
IMG_0329

 おもむろに国道173号線を走りました。初めて見る道の駅がありました。今度お散歩ツーで行ってみよう。などと考えていたら,学校みたいなところに入っていきました。。廃校になった質美小学校を利用した施設のようです。駐車場は運動場なので,ご覧の通り余裕たっぷり。私の天敵・バラスもなく,前向きに駐輪できました。運動会などでいかにも家族でお弁当を食べていそうな段々が見えます。廃校にしてはモダンな校舎だなあと思って調べたら,昭和35年の建設で,平成23年3月に閉校されたそうです。最終年度の児童数は17人でした。
IMG_0331

 校庭にポツリポツリと小さな穴が開いています。何だろうと思っていたら,アナバチの巣でした。一匹のハチがいくつもの穴を掛け持ちしているようでした。イモムシとか大物をエサにする種類ではないようで度々エサ運びで出入りしなくてはならず,ハチのお母さんはとても忙しそうでした
IMG_0335

 学校の施設がそのまま利用されているので,下駄箱も懐かしい感じがしました。スリッパは男性用,女性用,子供用と用意されていて,お客さんを迎えたいという心意気を感じました。
IMG_0339

 廊下はもちろん木でできています。きれいにされた木の床は本当にきれいです。スリッパなしでも大丈夫そうでした。図書室は絵本の販売所だったり,ランチルームは喫茶室・・・という具合にかつての小学校の面影をできる限り残そうとされているのだと思いました。他にも様々なイベントスペースとして活用されている教室が続いていました。
IMG_0340

 今日の目的はここではありません。校舎の一番奥まったスペースにある,「ぱんどーぞカフェ」です。カウンター越しに大きなピザ焼きがまが見えます。富士山の溶岩でできているそうです。マスターは,せち焼きツーで入ったコーヒーショップの雰囲気とどこか通ずるところがあるように思いました。若いながらもキビキビした動きのスタッフを見ると,この店が常時繁盛しているのだと分かりました。廊下にはどんどん順番待ちの人たちが増えていきます。
IMG_0342

 いかにもおいしそうな感じがしました。おいしかったんですよ!プロシア帝国の鉄血宰相,ビスマルクのご指導によってできたといわれるピザもおいしかったです。惜しむらくは一度に焼けるピザの数が少ないようで。11時に入って最初のピザにありついたのは12時半でした。・・・今度来るときはパスタにしようかな?

 途中にはこんなものが!コーワ製薬のカエルちゃんとメイが並んでいます。1つはアンティークショップで,もう一つはアイテムショップとでもいうのでしょうか?
IMG_0338

 アンティークの方はとてもとても手が出るようなお値段ではありませんでした。アイテムショップの方は,ブリキのおもちゃなどがありましたが,お値段からすると今作られているものでしょう。鉄人28号とか,ウルトラホーク1号などがあったら,思わず買っていたかもしれません。ちょっといききらない感じでした。バイクのプラモデルもありましたが,なぜかカワサキだけありませんでした。

 中庭にはめだかの学校と名付けられた池があって,その名の通り,メダカがたくさん泳いでいました。水草もいっぱい。さぞ素敵な環境なのでしょう。
IMG_0344

 ふと気がつけばメンバーが誰もいなくなっていました。皆さんもう既に校庭に集合されていたようで,申し訳ありませんでした。ついに我がクラブにもZ900RSが参入です(写真はローソンで撮ったものです)。時代は移ろい,変わりゆくものなんだなあ・・・。
IMG_0330

 旧質美小学校をあとにし,質志(しずし)鍾乳洞へと向かいました。いい感じに曲がった道で,快適に走れました。いきなり秘密基地みたいな駐車場に入ってバイクを停め,歩道橋を渡っておもむろに鍾乳洞へ向かいました。入り口付近はキャンプ場になっています。一歩一歩体力を削られているであろう人々の後ろ姿に哀愁を感じるのは私だけでしょうか?もちろん私もその一人です。
IMG_0350

 この後も急な上り坂が続きます。ほうほうの体でようやく登頂できました。入園料520円を支払いました。ん?入り口が小さいなあ。これは,出口が下にあるのかも・・・と淡い期待を抱きましたが,気のせいでした。同じ通路を行って戻ってくるみたいです。

「京都府唯一の鍾乳洞。総延長52.5m,高低差25.1mの竪穴洞窟は
コキクガラシコウモリ等の洞窟コウモリ類の重要な生息拠点でもあります。
洞内は年中12℃から15℃程度で,盛夏時には天然のクールスポットとして
多くの人が訪れます。府指定天然記念物。」(京丹波町HPより)

 私のような素人には分かりませんでしたが,石灰岩が水で浸食されたカルスト地形になっているそうです。中は,とにかく狭い。帽子をかぶっていなかったら,えらいことになっていたかもしれません。頭上注意です。内部の気温は12~15度だとのことですが,私たち以外にもお客さんが入っていて人口密度が高すぎたのか,むしろ汗をかいたような気がします。上り道でしゃべらなくなっていたメンバーも,話し声が聞こえるようになっていました。おっ,ピースサインも出ています。
IMG_0355

 えっ?ここ,降りるんですか?ちょっと濡れているので,こわごわ降りました。バーティカルツインに乗ってきたところは,バーティカルはしごでした。
IMG_0356

 さらに金属製の階段を降りると,すぐに最奥に着きました。なぜかお金がたくさんありました。何かの御利益があるのでしょうか?
IMG_0358

 上の方の形状を見ても,鍾乳石という感じはしません。大雨や台風のときなどに水が流れるぐらいなのでしょうか,鍾乳洞という割にドライな感じがしました。これはこれで,気の遠くなるような年月を費やしてできた地形なのでしょうね。

 本日はここで解散でした。それぞれ思い思いの道を帰っていきました。私はすぐに縦貫道に乗るという,最速・最軟弱なコースを選んだので,多分一番に帰宅できたことでしょう。朝出るときからつけておいた煮干しのだしがいい味になっていた・・・ような気がしました。

 今日は144キロ走って,リッター28.24キロでした。天気も良く,快適な1日を過ごすことができました。走っていればね!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ