今日は正倉院展に行ってきました。ご即位記念ということです。先週はニュースに出ていたので混むだろうと思い,あえてスルーしました。博物館の前に着くと,警備員さんがいます。停められるのかと思いきや,「バイクが入ってきます,注意してくださ~い!」と誘導してもらうような感じで駐輪場には入れてもらえました。奈良はおおらかやなあ。そこにしびれるあこがれる~♪
IMG_1589

 早めに着いたので空いているかと思いきや,さすがは天下の正倉院展です。既に長大な列ができていました。
IMG_1590

 今年はネットでチケットが買えたので,直接列の最後に並びました。1時間ぐらいかかるかと思い,「モナリザの戯言」を見ながら待つことにしました。そろりそろりと進むのかと思っていましたが,しばらく停止した後,ガバッと進む感じでした。20分かからなかったんじゃないでしょうか。入り口ではバーコードを係員さんに示すだけ。便利ですねえ。

 中も人でいっぱいでろくに見られないかもしれないなとも思いましたが,動きも多いので,ほとんど全部解説を読みながら見ることができました。今日は必殺モノキュラーでバッチリ見られるし。・・・倍率が高すぎて,息したらガクガクぶれるという感じで酔いそうになりました。

 紫檀金鈿柄香炉(したんきんでんのえごうろ)は,持ち運びができるように柄がついた香炉です。紫檀製というのは,正倉院御物唯一のものだそうです。柄香炉自体は今も購入することはできますが,蓋のつまみが獅子であったり,金の細工がちりばめられていたりと,豪華の極みですね。
絵はがき5_20191110_0001

 鳥毛立女屏風のような芸術性の高い物もたくさんありますが,日用品というべき物もたくさんありました。ここまで贅沢でないとあかんのかなあ。とも思います。それでも中国の皇帝の暮らしぶりとはケタが違うと思いますが。

 一通り回って,ミュージアムショップにも行きました。絵はがきセットと初出品を記念したのか,紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく)をかたどった物差しを買いました。本物は象牙を赤く染めて作られましたが,こちらはセルロイド製です。それ用の紙袋も用意されていて,気合いが入っていますね。あと,ハンコも新作があったので買ってしまいました。
IMG_1627

 そろそろいい頃合いだと思って,博物館の次は奈良奥山ドライブウェイに向かいました。紅葉を見ようと。途中,大仏殿を見るといい感じ。やる気が出てきました。
IMG_1591

 前線チケット780円を購入し,三笠山で休憩のあと,いよいよ原生林に入ります。2速で3,000回転を割らないように気をつけて走りました。・・・あんまり赤くない・・・。ひょっとして,常緑樹が多いんですかぁ?
IMG_1594

 気を取り直して,ひたすら走りました。今日は首切り地蔵を見るのも目的でした。前回は道沿いにある物と思い,知らぬ間に通り過ぎていました。標識を見つけたので,強引にZを停めて下っていきました。カエリハコレヲノボルンヤナア。
IMG_1595

 途中にあった池の前で,きれいな紅葉を見つけました。
IMG_1596

 迷いそうになりながらもようやくたどり着くことができました。諸星大二郎の「栞と紙魚子」シリーズに出てくる首無し地蔵のような恐ろしげな由縁があるのだろうと期待していました。看板を見ると,荒木又右衛門が試し切りしたというシンプルな由来でした。確かに右側に強くへこんだところがあるように思いました。両親とらんの冥福をお祈りしておきました。
IMG_1600

 戻ったらこけてないだろうなと,ちょっとドキドキしながら戻りました。Zはしっかり立って,健気に待っていてくれました。
IMG_1608

 しかも光っていました!
IMG_1614

 いい感じの桜?並木があったので1枚。この落ちようなら,1週間遅かったか。
IMG_1621

 うちでも咲いていますが,ツバキがきれいでした。
IMG_1623

 出遅れを取り戻そうと,行きは高速を使ったら1,500円ほどかかったので,帰りは下道で帰ることにしました。平群経由で行くことにしました。竜田川の方が紅葉がきれいやんか。などとブツブツ言いながら走っていたら,平群に着きました。コーヒーを飲んでぶらっと一回りすると,万願寺唐辛子が100円ぐらいで出ていました。京都なら300円近くするので,即買いしました。山芋もおいしそう。竹に縛りつけてあるのが風情があって気に入りました。
IMG_1626

 トイレから出ると,ハナミズキが見事に色づいていました。
IMG_1624

 一番紅葉がきれいだったのは道の駅「大和路へぐり」でした。チャンチャン♪

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへにほんブログ村