DPLパブリック・ランド部門のマリアンヌ・C・Teregeyo局長は、それが違憲であると言って、DPLを廃止する法案に強く反対しています。

Teregeyo氏はFelicidad Ogumoro下院議員によって導入された下院法案19-82に対して反対意見を述べるために木曜日の下院議会に現れました。

1978年に開始したCNMIパブリック・ランドは1994年に廃止されて、1997年に再設立され、そして2006年に再び廃止された独立委員会によって管理運営されました。

エドウィンAldan下院議員が議長を務める天然資源に関する下院委員会は、委員会によって運営されるマリアナス・パブリック・ランド株式会社を設立するOgumoro議員の法案の議会通過を推薦しました。

しかしながら下院はこの法案に関する措置を木曜日行いませんでした。

同日のインタビューでTeregeyo氏は、編纂されたようなこの法案は、それが提起した問題の若干がすでに是正されたことで、すでに的外れであると話しました。

「諮問委員会の問題はすでに対処されました。我々は現在、諮問委員会を持っており、それは毎月さまざまな問題と土地補償を議論するためのミーティングです」と Teregeyo氏は述べました。

「疑わしい土地取引についての証言に関して、私が最初に介入したとき、公共監査人は1つのケースを調査しました。若干の疑わしい取引が行われていた可能性がありますが、それはもはや事件ではありません − 同部門は今、効率的に管理されているので廃止すること、それは現時点で的外れです」

彼女は、もし土地取引に関して若干の質問があるなら、一般大衆がDPLオフィスに来ることが許されており、彼女と彼女のスタッフがどんな質問にも答えるためにそこにいるであろうと話しました。

「我々はどんな問い合わせあるいは質問に対しても一般大衆に開かれています 我々はいかなる疑いについても取り上げるでしょう」とTeregeyo氏は言いました。

マリアナス・パブリック・ランド部門の現存しない自作農場課の前課長のコニー・C・ Togawa氏は木曜日にDPLが廃止されるべきであると述べ、土地問題あるいは公共の土地に関するいかなる決定も1人の人間のみによってではなく、委員会によって決断されるべきであると付け加えました。

Togawa氏は、2006年に当時の知事ベニーニョ・R・Fitial氏が、委員会の「乱用」を示して、同じくDPLを創出したP.L. 15-2に署名したことでMPLAが廃止されたとき、彼女の仕事を失いました。