水曜日夜、ゾーニング監督官テレーズOgumoro氏によって提出された推薦に基づいて、ゾーニング(地域区画)委員会はタナパグ中学校の真向かいに10ヘクタール区画の私有不動産に新しいホテル、サイパンガーデンリゾートを建てることを計画しているアメリカンSinopan社の条件付き使用許可申請を認可しました。

アメリカンSinopan LLC社のケン・T・リン最高経営責任者は、このプロジェクトが半分は自己資金、、30パーセントが建設ローンから、そして20パーセントが私的投資信託を通して集められる16,400万ドルの費用がかかるであろうと話しました。

リン氏は水曜日の夜にマルチパーパス・センターで行われた公聴会で、ディエゴ・ブランコ委員長によって率いられたゾーニング(地域区画)委員会に彼らがパートナーとしてヒルトン、マリオットやStarwoodのようなホテル・マネージメント・グループを参加させる議論が現在進行中であると伝えました。

香港のファーストSinopanインターナショナル社の子会社、アメリカンSinopanはキャピタル・ヒルのワイヤレス・リッジにHeaven IIと呼ばれる12部屋のエグゼクティブ・ルーム・ホテルの改修及び開発も行います。

アメリカンSinopan社のマット・グレゴリー法律顧問は、同社がより偉大な中国で長く存続している開発経験を持っており、太平洋地域の潜在的な成長を信じていると言いました。

彼は、彼らがヒルトンやマリオットのような5つ星のホテルとの強いマネージメント関係も持っていると話しました。

彼らのゴールは国際観光事業マーケットにおける最初のビジネス・ベンチャーを拡大すること、太平洋地域で新たな拠点を設立し、そして彼らの海外のプロジェクトを通して株式市場に上場することであると彼は述べました。

Tanapagの彼らの提案された一群のホテルは1,200室を保有します。