木曜日、トリプルJがビーチロードのChalan Kanoaにパン屋とカフェを開業したことで、モンタナから始まった人気のベーカリーチェーン、グレート・ハーベストが今サイパンに現れました。

リボン・カッティングの式典とオープンハウスで、ラルフ・トレス知事はトリプルJに祝辞を述べ、高い基準を設定し、高品質プロダクトを生産することを称賛しました。

グレート・ハーベストのフランチャイズはトニーローマ、カプリチョーザ、トロングス・ベトナム・レストラン、サーフクラブ、ブバガンプを含む、トリプルJのサイパン・レストラン・グループへの追加店です。

インタビューで、トリプルJ会長のロバート・H・ジョーンズCEOは他のパン屋とグレート・ハーベストの相違の1つは「我々が我々自身の小麦粉を粉にしている」ということですと語りました。

彼は更に、「我々がそれをひいて粉にした後、48時間でそれを焼かなければなりません。それが新鮮に保つためのフランチャイズの義務付けられた規則だからです」と付け加えました。

グレート・ハーベストは妥当な価格であらゆる種類のパンを焼き、スープ、サラダとサンドウィッチを出します、と彼は付け加えました。