ラルフ・トレス知事はアメリカンSinopan社の提案したTanapag ホテル・プロジェクトを歓迎するとと述べ、島はまだホテル不足である付け加えました。

「我々はそれを支持します、そして我々はそれが前進することを望みます」と知事はTanapagの共同体メンバーの過半数もまたこのプロジェクトに対するサポートを表明したことを指摘しました。

同時にトレス氏は彼の政権とCUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社が適切な電力、水と下水道サービスが、新しい開発プロジェクトに利用可能となることを保証すると話しました。

「我々が前進できるように、我々はこれらの問題に関して[CUC局長のゲーリー Camacho氏と]会見を行いました、と知事は言いました。

発電所のエンジン8に取って代わる10から13のメガワットの発電システムの提案された調達については、トレス氏はCUCと司法局長オフィスがまだそれに取り組んでいると伝えました。