木曜日の上院議会は公有地のリース期間を55年まで延長する法案を通過させました。

9人のメンバー全員が、提案に対する要請を公表することなく、新たな条件および検討に従って既存の特定の公有地リース権利保有者と新たな公有地リース契約を交渉することをパブリック・ランド局に認可すること、そしてまた、既存のリース期間を55年に延長するよう特定の既存の公有地リースを改正することも認める上院法案20-35を承認しました。

アーノルド・パラシオス上院議長が編案したこの政策は、今、下院に向かいます。

改正されたこの法案は今、以下のような規約を保持します。

「立法議会は・・・、新たな40年の公有地リース契約と15年間の延長を交渉する既存の賃借人は、これに限定されるものではないが、少なくとも2つの新しい鑑定に基づく賃貸借、新たな改善またはリース物件の開発が、CNMIの経済発展に有益であり、公共施設の建設や改築などの賃借人の活動とは別の公共の改善の創出、CNMI住民のための独立した職業訓練プログラムの設立、 水、電力、排水、埋立地、高速道路のインフラストラクチャーを含む賃貸物件のインフラ整備や開発への財政寄付、不動産またはその近くの交通渋滞または駐車渋滞を緩和または軽減する計画を含む、 新たな期限と条件に従わねばならない、評決する」。

この法案の第4条は;

「改正。 1 CMC§2807を改正し、次のように新しいサブセクションを追加する。

e)パブリック・ランド局は、利害関係者に対する提案の要求を公表することなく新しい契約条件および検討下のリースに関する5年もしくはそれ以下の残存期間を持つリースされた不動産における既存のホテルまたはゴルフ場を所有する既存のリース保有者との新たな公有地リース契約を交渉することができる... 新しい公有地リース契約は、以下を含むがそれに限定されない以下の利用規約に基づいて行われるものとする。

「(1)少なくとも2つの新しい不動産の鑑定評価に基づく賃料は、その上に改善を含むが、これに限定されるものではないことを含めリースされる。 審査は、米国鑑定士協会の会員である少なくとも1人の鑑定人によって行われるものとする」

(2) 可能な利用規約:

(i)  CNMIの経済発展に有益な新しい建物の改良または改良;

(ii) 公共の利益と貢献;

(A) 公的施設の建設や改築などの賃借人の活動とは別に公共の改善を創出し、

(B) CNMI居住者のための独立した職業訓練プログラムの設立、そして、

(C) 独立した職業訓練プログラムまたは奨学金への財政寄付。

iii) 水、電力、排水、埋立地、道路インフラを含む賃貸物件のインフラ整備や開発への財政的貢献。

(iv) リースされるべき物件またはその近くの交通量または駐車渋滞を軽減または軽減する計画。

(3) 新しい条項や交渉の下での交渉が失敗した場合、パブリック・ランド局は他の利害関係者のための提案の要求を公表することができる。