米国市民権移民局(US Citizenship and Immigration Services)が決定を下すのに3年間待っているとして、米国市民の未亡人が保留中の移民申請について米国政府職員を告訴しました。

Jun Cui Seman氏は木曜日にSamuel I. Mok 弁護士を通じて地方裁判所に訴訟を提起しました。Seman氏は連邦裁判所に、彼女の保留中の米国市民の未亡人であるI-360申請とステータス調整のためのI-485申請に関する決定をUSCISに指示する命令を求めています。

モック弁護士は、クライアントが年8月18日のステータス調整の面接を行なった後、3年間待っているとし、USCISはこれまで更なる情報を要求していないと述べました。

Seman氏はミズーリ州の国益センターのUSCISディレクター、ロバート・M・コーワン氏、を訴えました。ハワイ、グアム、CNMIを管轄する第26地区のUSCISディレクターDavid Gulick氏、 USCIS局長代行のジェームス・マッキャメム(James McCament)し、米国国土安全保障局長官ジョン・ケリー(John Kelly)氏、米国司法長官ジェファーソンセッション氏を訴えました。

Seman氏は彼らの公務能力において彼らを訴えています。

モック氏によれば、USCISは、I-360申請の審査やステータス調整のためのI-485申請の不当な遅れに対処するための管理メカニズムを提供していません。

モク氏は、セマン氏が嘆願書の裁定が遅れた理由を調べようとしたが、グアムのUSCIS事務所にファイルがあると言われた以外の返答はなかったと述べました。

モク氏によると、セマン氏はUSCISナショナル・カスタマー・サービス・ホットラインに何度も電話をして、サイパンUSCIS事務所との予約を取り、往復文書を送っているが、USCISは行動しなかった、と同弁護士は付け加えました。

モック氏は、クライアントが2012年9月6日にエンリケ・カイパット・セマン氏の法的妻となったと伝えました。2014年5月29日、夫は亡くなりました。

2014年6月30日、未亡人は自分自身を米国市民の未亡人に分類するための自己申請I-360を提出しました。 2014年8月18日、彼女は彼女のI-360申請に関する面接に現れました。

モック氏は、3年間の経過にもかかわらず、申立人はI-360申請に関するUSCISからの更なる連絡を受けていないと述べました。

モック氏によると、この遅延は本質的に不合理で不可解だとしています。さらなる情報を必要とせずにI-360申請の面接が行われた後の決定書の発行には通常2〜3週間かかります。

「USCISがI-360嘆願の面接を行い、その後何の決断もせずに3年間待っていることは非常に珍しく、不合理です」

このような行動で、USCISは、申請者を不必要な不安やストレスを引き起こした管理上の “無視状態"に置いているとモック氏は述べました。

同氏は、彼の依頼人が法的地位を持たないため、入国者と税関当局によって差し迫った危険にさらされているとも述べました。

セマン夫人のI-360申請の決定が欠けているのは、USCISの無視や不当な無関心に直接起因するものであり、申立人には何ら寄与していないと弁護士は述べています。