毎月行われる合同療育。今回の活動は車椅子ダンスで、6月から継続して行っています。参加される利用者の皆さんも段々と慣れてきて、日を追う毎に笑顔が多く楽しまれている様子が見られています。車椅子ダンスは来月で終わり、10月からは季節の製作を行っていく予定です。

IMG_1451


7月25日・26日の2日間でリハビリテーション大運動会を開催しました。

当初予定していた日程での開催は延期となりましたが、当日は病棟職員の皆様のご協力によりスムーズな進行、楽しい運動会が実現することが出来ました。本当にありがとうございます。


紅白戦の競技は、徒競走・集団競技の2種目を行いました。徒競走では、日頃の練習の成果を発揮し、途中多数のハプニングはあったものの、すべての利用者さんがゴールすることが出来ました。集団競技は、5人1組となり、筒の中にある風船を風の力で出す種目でした。利用者さんには風を遮っている板を外すため、紐のついた好きな玩具や道具を引っ張ってもらいました。途中風船が飛び出してくると周囲から歓声もあがり、見ている人も楽しめていたと思います。両日共に利用者さん1人1人の個性あふれる白熱した戦いが繰り広げられました。

最後の種目は恒例の車椅子ダンス!今年は小樽っ子には馴染み深い「潮音頭」を用いて、楽しく踊りを披露しました。競技中に利用者さん同士が応援をする姿や、周囲の様子に思わず笑顔になる方もいて、最高の運動会となりました。また来年も開催したいと思います。

IMG_1319
IMG_1304
IMG_1451


第14回なでしこ祭は8月11日祝日、小雨や霧雨降る生憎の天候の中行われました。

実施か内容の変更かなど、スタッフの判断を悩ます事態となりました。11日朝、設営開始の時点では「何とかいける」状態と考え開催に至りました。昼前後は一時本降りになり利用者さん、ご家族が建物やテントに避難する事態になりましたが、14時頃から持ち直し無事終えられました。

利用者さんは天候の合間を見ながら、模擬店で食品を引き換えたり催し物を観るなど、年一回ではありますが、ご家族、職員と共にアイスクリームや焼きそばを食べたり、日常の生活と違う雰囲気を感じ、楽しんで頂けたのではないかと思っています。各病棟には「運がっぱ」が回り、屋外への参加が難しい利用者さんにも触れ合って頂けました。

ステージに参加下さった地域の方(蓬莱ひょっとこ踊り、オールデイズ演奏、運がっぱ)も「楽しかった」「また呼んで下さい」との声が聞かれました。ご家族や職員の子供さん達も、移動動物園の「ひよこ」「ヤギ」「うさぎ」「ヘビ」に目を輝かせ、オリエンテーリングに参加し、バルンアートを興味津々で見つめ、出来上がった風船を貰って大喜びで駆け出す光景もあり、七夕の短冊に「足が速くなりますように」など真剣にお願いごとをする姿も見られました。

お祭りの目的は、「利用者さんにお祭りの雰囲気を感じてもらいたい」職員の思いから始まりました。その後、「地域に施設の存在を知って貰うこと」も加わり現在に至っています。アンケートでは様々なをご意見も頂きました。施設の移転も決まり当地での開催は来年が最後となります。利用者さんの参加など、なでしこ祭が本来誰のために行う催しなのかを考え評価を行い、次に繋げて行ける内容を検討してまいります。

 

 (なでしこ祭実行委員会)
CIMG0751
IMG_1521

CIMG0748



CIMG0739

このたびの北海道胆振東部地震にあたりましては、お心遣いを頂き、心より感謝いたしております。

当施設も大きな揺れはありましたが、幸いなことに入所者様に怪我等はありませんでした。
一時停電が発生しましたが、早い段階で復旧が行われ、建物の被害もなく最小限の被害で済みました。

現在、施設は通常通り運営を行っております。
皆様におかれましてはどうかご安心くださいますようお願い申し上げます。

 

当ブログも来週から再び施設の活動を紹介します。どうぞよろしくお願いいたします。

 



本年度もなでしこ祭を開催し、たくさんのお客さまにお越しいただき、滞りなく終了することが出来ました。

ご来場いただきましたみなさま、ご協力をいただきました職員のみなさまには心より感謝申し上げます。

 

なでしこ祭の様子は随時ブログとフェイスブックに投稿しますので、ぜひご覧ください。

IMG_1564


↑このページのトップヘ