2006年12月28日

旧朝銀破綻】最高裁:時効成立した裏金(脱税)も預金保護対象→公的資金投入

在日朝鮮人系の金融機関だった朝銀東京信用組合の破綻処理をめぐり、預金保険機構は、41億8000万円余の公的資金を28日に追加投入する方針を決めた。ある男性が架空名義で預金した脱税資金を払い戻す必要が生じたことが原因。脱税行為は7年以上前ですでに時効が成立しており、今秋、払い戻しを命ずる判決が最高裁で確定した。
 :
男性は03年12月、34億円余の払い戻しを求め、整理回収機構を提訴。預保機構は「脱税資金を貴重な公的資金で払い戻すのは正義に反する」と反論したが、今年9月、最高裁で原告の勝訴が確定した。
ソース:旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入へ (朝日新聞)

パチンコ店経営者の男性(81) 長年にわたり脱税した裏金を朝銀東京の架空名義口座へ預金
 ↓
99年 朝銀破綻
 ↓
02年4月 架空名義だったため払い戻し拒否、整理回収機構へ
 ↓
03年12月 男性が整理回収機構を提訴
 ↓
06年9月 最高裁で原告勝利、払い戻し命令
 ↓
06年12月28日 公的資金追加投入へ ←今ここ


脱税した裏金であったとしても、既に時効が成立しているのであれば、法的に問題があるわけではないので、きちんと公的資金で保証するのが当然ですよね。




・・・って、納得できネーヨwww

架空名義の口座でも、預金保護の対象になるんですね。。。

saitama_orz at 11:16│カキコ(0)TB(0)特定アジア 
人気blogランキング | このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバックURL

※言及リンクが無いトラックバックは非受信にしているです。

気軽にコメントしてね

名前:
URL:
  評価: 顔   
  ←絵文字