ホンネの埼玉温泉記

温泉が少ないはずの埼玉にどんどん温泉が湧いています。新しい施設ができれば行きたくなるのが温泉好きの人情というものです。

年末年始!県内温泉施設の正月イベント

昨年12月に正月といえば朝風呂であるという記事をエントリーしてはや一年。

同じ内容のことを書くわけにもいかない。そこで埼玉県内の各温泉施設の正月イベントの予定を調べてみた。ここに掲載するのは公式WEBサイトで確認できたもののみ。

また、入浴回数券の割引販売についても割愛した。5000円の回数券を正月限定で(たとえば)3800円で販売するといったものだが、気になる方は各施設の公式サイトをあたってほしい。

続きを読む

北本温泉事件の波紋

北本市であった上下水道未払い事件を、温泉施設ひとくくりにして昨夜エントリーしたが、それはちょっとまずかったなと思っている。


まず、店側が未払いがあったことを認識していたか、あるいは知らなかったかに関わらず、やはり料金未払いは不正であるこには違いない。


この不正の責任を負うべきは経営者であり、湯楽の里や楽市楽湯で働くパートさんやアルバイトさんなどの一般従業員ではないということだ。当然の帰結。


彼らはそんな不正が存在していたことなど知るはずもない。家族のため、家計のため、生活のために一所懸命に働いている人たちを、ひとくくりにして批判してしまったことをまずかったなと考える次第だ。

続きを読む

発覚!北本市の「湯楽の里」と「楽市楽湯」で上下水道料金未納

事件は時々おこる。

北本市に2軒の温泉施設がある。楽市楽座と湯楽の里だ。16日、両施設では開業以来風呂に使用している井戸水の使用料を払っていなかったことが明るみになった。

ニュースソースのMSN産経ニュースによれば、未納料金は推定で1億5170万円に上る伝えている。

楽市楽座と湯楽の里の言い訳は、『井戸の掘削や配管工事をした施工業者から説明を受けていなかったと』ということらしい。

でもね、そんなことありえるのか?例えば湯楽の里は「株式会社サンフジ企画」が関東全域で運営している温浴施設のチェーン店だ。そこには湯楽の里だけでなく、「喜楽里」も含まれている。

続きを読む

埼玉でアトピーに効く温泉ってあるのかしら?

アトピーというものがどういった症状の皮膚病なのか未だによくわからない。わからないが自分は小学生時代からアトピーだったんだろうと思う。

当時は「アトピー」という医学用語が一般的ではなかったので、かぶれとかボツボツとか家族のあいだではそう呼んでいた。

実際にどういった症状であったかといえば、次のような感じである。

・夏頃になると全身に発疹ができてかゆい。
・足元もかゆかったので夏でも長靴を履いていた。(症状ではないが)
・通常、顔に発疹が表れることはないが、顔に発疹ができたときは顔が変形し過ぎて別人であった。

遠い昔を思い起こせばこんなところか。

続きを読む

このブログではこんな記事が読まれている

なんだか、livedoor blogのアクセス解析機能がリニューアルしてすごいことになっている。

よくある機能のほかに、訪問者をアバターで視覚化した「ログミン」というログビューワが面白い。

kaiseki


訪問者がどのページからどのページへ移動していかを「見える化」しているのだ。

さて、せっかくなので、手前味噌であるが9月の人気キーワードをいくつかとり上げたい。続きを読む