雨の中、NPO法人本庄ファンクラブの活動で子供たちと稲刈り体験をしました。
生まれて初めてでしたが稲穂をカマで刈り取って、わらでしばってはざ掛けにしました。
カマの使い方や刈った稲の縛り方、はざ掛けするときは真ん中二つに分けて掛けるんじゃなくて2:1で分けて交互にかけるとたくさん干せる、などなどいろいろ教わりました。
作業後のおにぎりや温かいつみっこ(すいとん)がとても美味しかったです。
毎日食べてる白いご飯も昔はこうやって全部人の手作業で作っていたんですね。食の大事さや作ってる人の苦労、自然のありがたさがわかります。
子供たちの食育や農業体験でと行っている活動ですが、大人の私が一番勉強になりました。
10-21稲刈り体験