2005年08月23日

韃靼ラーメン 一秀@北池袋

韃靼ラーメン 一秀

一秀 外観1一秀 外観2続いて川越街道沿いにある『韃靼ラーメン 一秀』へ。池袋駅からでも歩けますがやや遠く、最寄り駅となると東武東上線の北池袋になります。
こちらのお店は『土佐っ子』の流れを汲む板橋本町の『平太周』の店長による新店で、韃靼そば粉入りの麺が売りです。車で走っていても目に入る大きな看板で目立ちます。



一秀【320】特製ラーメン \800

『平太周』自体ご無沙汰なんですが、スープは同様のものと言って間違いないと思います。食べ歩きのきっかけとなった環七の行列店、常盤台の『土佐っ子』系の味で、自分としては懐かしく思い出深い味だ。背脂を2層にして大量に振りかけたギトギトのスープは、汁より脂の量がとにかく凄い。これをよくかき混ぜてから頂きます。醤油味がかなりきつめで、脂の量でバランスをとっている訳だがそれでもしょっぱい。ただ「味が濃かったりしたら調整しますので…」と気遣いがあるのでチューニングは可能。

麺は韃靼そば粉を使用した、ほぼストレートの太麺。スープとの一体感が凄く、麺は濃い醤油色に染まります。ちょっと定かではありませんが、麺箱には『つるや製麺』と書いてあったと思います。

具と薬味類は、チャーシュー、メンマ、茹で玉子、刻みねぎ。チャーシューもメンマもかなり濃い味付けなので、茹で玉子は箸休めになります。

屋台で誕生したこってりラーメンは、時を経た今でも強烈なインパクトを放っていました。ただスープが強烈過ぎるので、韃靼そば粉入りの麺自体の風味を味わうならば「つけ麺」を食べた方がいいでしょう。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/saito1972329/30698931
この記事へのトラックバック
仕事が終わり、帰ってご飯…と思ったが、 今夜は相方もいないことだし、ラーメンでも食べようかと。 気分的に少しぶらぶらしたい=遠目のお店に行きたい気分、 というわけで、自分の好きなラーメン屋まで遠出することにした。 途中、池袋の信号待ちに撮影。 さて
今夜のラーメン馬鹿【情けは人の為ならず。】at 2005年08月26日 03:01
池袋西口から芸術通りをズドーンと一直線に川越街道へ向かって15分。 交差点の向こうに大きな看板が見えます(第一旭の跡地)。 平太周@板橋本町の店主が始めた新しい店。 21時20分頃着。先客6人。 特製ラーメン(800円)脂・普通/麺・カタメ+ライス(150円)
韃靼ラーメン 一秀@池袋本町(160杯目)【ラー部通信】at 2005年08月27日 01:50
この記事へのコメント
しらすさん、こんにちは。
320杯目ですか。この一秀で私はちょうど1/2の160杯目でした 。
おもろい偶然ですね(´▽`*)アハハ。
そして、麺を味わうなら確かにつけ麺ですね。
次回がいつになるかわかりませんが、次はつけ麺と思っています。
Posted by ハルヲちゃん at 2005年08月27日 02:05