2007年09月15日

らーめん 涌井@大師前 / 西新井

☆香月出身の名店は今…!?☆

恵比寿の『らーめん 香月』で修行した涌井さんが独立開業した店。1989年に西新井2丁目で創業し、98年の年末から現在の店舗で営業している。最初の石神本では“トップクラスの背脂ラーメン”と高く評価され、弟子の店も何軒も掲載されていた。

実は世間の評判をよそに、ここに対しては全くいいイメージを持っていなかった。というのも楽しみにして初訪問した自分に出されたのは、香月出身云々を抜きにしてもあまりに酷い代物であったから。しかしそれがたまたまだったのか…、そして今どうなっているかは自分で確かめに行くしかない。

涌井涌井 メニュー涌井 トッピング・メニュー






メニューは上の画像を参照(クリックで拡大)。醤油味が基本で、他にみそ味、画像のメニューには書いていないが塩味もある。それらのらーめんにお好みでトッピングを組み合わせるのが香月系の流儀。

涌井 ラーメン






▲ラーメン(脂多め) 650円

スープはしょっぱめのキレのある味わい。香月系の背脂はきめ細かなイメージがあるが、思いのほか大きめな粒。

香月系の店の麺は途中で“ダレる”というイメージがあるが、ここの麺は低加水っぽい歯応えの中細やや縮れ麺で、これなら硬めでなくても大丈夫だ。

具は、チャーシュー、メンマ、刻みねぎ。チャーシューはとろけるようなバラ肉ロール。それ以外にフレーク状にしたものがのせてあるが、これはご飯ものとかにも応用できそう。

全体的に香月に抱いているイメージよりもワイルドに感じたかな。といっても本家自体3年行っていないので、これを機に再訪してみようというきっかけになった。

■らーめん 涌井■
東京都足立区栗原3-14-1
03-3856-5843
11時〜0時
無休

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/saito1972329/51067982
この記事へのコメント
しらすさんの言うよう、毎回味の濃さなどが違うのです。個人的に涌井を含め姉妹店の中で一番丁寧な仕事をしているのは足立区花畑にある「麺屋 風」だと思います。 行列などはないけれどなど、いつ行っても変わらぬ味を提供してくれます。
Posted by reno at 2007年09月17日 20:24