2008年07月24日

【新店2008】つけめん ブロンソン@新所沢

7月12日にオープンした新店で、川越の行列店『笑堂』のセカンド・ブランド。店内は洋風なデザインで、カウンターだけの小さなお店です。

ブロンソンブロンソンブロンソン






メニューは画像を参照(クリックで拡大します)。こちらはつけ麺専門店で、メニューにラーメンはありません。また「赤辛」「黒辛」というWテイスト系のトッピングが近日発売予定となっています。

ブロンソンブロンソン






▲つけめん 800円

麺は『浅草開化楼』のもので、しっかりとコシのあるつけ麺向きの縮れ太麺。生の状態で250gあり、少なめなどの注文も柔軟に対応してくれます。

つけダレは、トレンドど真ん中の豚骨魚介系の濃厚タイプ。結構味は濃い目ですが、調味料の甘・辛・酸味などには依存することなく、スープ濃度や魚粉で引っ張っていくタイプ。『笑堂』のつけ麺をいまだ食べたことがないので比較はできませんが、動物系はかなりしっかりとしたもので、魚粉はちょっと過剰気味です。

具は、チャーシュー、メンマ、なると、のり、刻みねぎ。

新所沢にはないタイプの味なのかな? そういう意味で認知されたら繁盛店になることは確実という気がします。その反面『笑堂』のセカンド・ブランドというと、もう少し何か他にはないものを期待してしまいますし、県外から足を向けさせるにしては、オーソドックスな今時のつけ麺で、いまひとつ惹きに欠ける印象を受けました。

■つけめん ブロンソン■
埼玉県所沢市緑町4-8-17
10時半〜15時(売り切れ終了)
月曜休み

※しばらくの間は11時開店のようです。
※営業に関しては店主のブログで告知があります。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/saito1972329/51377985