斉藤です。


本日は金運と財布について書いてみようと思います。

実は僕…結構、風水とかも意識しています。

部屋のインテリアとか配置などもそうですね。


実際に「金運が悪いな…」と言う時は

結構、再度見直しとかしています(笑


一番気にしているのが財布ですね。


そこで去年は買い替えなかったこちらの財布を
近日中に買い替えようかと検討中です。


エルメスコンスタンス長財布マンゴー



image104

色はマンゴーなんですが当時でも
確か50万円は、したんで
長く持っていたんですが
正直…使い勝手もあまりよくないし
ちょっとコンパクトな財布に
変えたくなって探していますw



結局これに買い換えました・・・



財布の色の良い悪いもあれこれ意見が分かれるのですが……
僕はこんな感じで認識しています。



財布の色と風水



金運上昇には、ゴールドとか黄色系のカラーと言われてますね。

とりあえずは、めっちゃ意識するようにしています。


黄色の財布

黄色は躍動感、上昇志向、希望、やる気、満足など 前向きの期待感を
イメージさせて金運を引き起こす力があると言われています。



ピンクの財布

そしてピンク。”火性”の中では最も柔らかい色で、幸せを感じる色だと
言われていますね。


茶色の財布

続いて茶色。風水では、茶色は大地を象徴して
どっしりとした安定感のある色でお金が貯まる「蓄財の色」と言われてます。


ベージュの財布

茶色同様のような感じでお金を生み出して貯めてくれるカラーと言われています。


青色の財布

青色については、落ち着き・静かと言うイメージですね。
冷静沈着を表す知性の色
お金を守るなら青色…とも言われてます。


たまに青はダメだ!と言う人が居るのですが
青は水の色なので、水に流れる…というところから
言われているようですが そうでもないようです。
仕事運などには良い色みたいです^^;



黒い財布

そして黒。

一番無難な色で今あるお金を守る色とか言われますね。


白い財布

そして白色
白い財布には清浄化作用と同時にお金を貯めこむカがあると
言われています。白蛇が金運に良いというところから
繋がっているような感じです。


紫色の財布

金運よりもステータスが上がると言われています。


赤色の財布

とりあえず赤色は、あまりよくないイメージが強いです。

よく貧乏財布と言われたりします。

赤は火に属し、一瞬で自分の財産を燃やすと言われています。

財産だけでなく財運までも燃やすとも言われていますので
赤い財布だけは、一生持たない方が良い・・・と認識してます
(もともと持つ気もしませんけど)


とまあ結論から言うと、
金運を意識するなら黄色やゴールド系の色に
近いものが良いってところですね^^


財布の形状と風水



あと色だけでなく形状ですが
悪いのは2つ折りの財布。

image105

男性は、よく後ろのポケットに2つ折りの財布を入れたり
しますが、これはNGのようです。


2つに折られて体重のしかけられると、
そりゃ苦しいのでお金も外に逃げたくなりますよね(笑

つまり
お札を2つに折らないと収納できない財布なNGという事。


小銭入れは小銭入れで
お札はお札で分ける方が良いのです。小銭入れが
ついていても、使うと小銭でパンパンになるじゃないですか…^^;


これもダメみたいです。

僕もこのことを知ってから小銭と札を入れる財布は
完全に分類しています。


財布の寿命


あと色やカラーや形状ですが
財布にも寿命があってだいたい3年くらいだそうです。

さすがに3年に一度は変えますが
3年以降も使い続けていると
金運効果が落ちるとも言われています。


とまあ、色々と俗説的なところもあるんですけど
こういう事に気を配る事で気持ちもリフレッシュしたり
するわけですw


悪い事ばかり考えると悪い方向に進むのと同じ事で
「財布の色や形状などを気にする事で金運アップに繋がる」
「風水などを意識すると金運アップに繋がる」

と…自分の思考をセットしておく事で、
実際にそれらを果たした後、
「金運が上がるぞ」という前向きな姿勢になりますよね^^;


ある意味、風水とかって
そのものの力は不明ですが、
自分のモチベーションやテンションを引き上げるには
効果があるのではないかなーと思います^^


参考までに

では、斎藤でした。

斎藤さルマガ