斉藤です。


劇的に暑いですね。

つい先日から、
クーラーが大活躍中です。




本日のテーマは行動と言い訳と成果についてです。

言い訳と成果の関係

image312


まず、自分がやりたい事で結果を出すには
まず「言い訳」を辞める事です。


例えばよくある事例が


「忙しかったから」とか「準備ができてなかった」とか

この手の声をよく聴きます。


確かに環境によると思うのですが
僕から言わせれば全て言い訳です。


「自分が結果の出せない理由を正当化している」



むしろこれ以上でもこれ以下でもない筈です。




自分がうまくいかない現実から目を背けて
自分で自分を慰めているにしか過ぎません。



正しい言い訳は、「全て自分の力量不足」この一言で済む話です。


他にも
「記事が思う通り書けないから進みません」とか
そういうのも一つです。



このような言い訳している時点で
自分への非を最小限にして、自分を慰めているだけなので
そんな事では、何も変化は起きないのです。





本来なら「自分の力量不足」「自分の愚かさ」を
知って認めて、それをバネにして自分が磨かれるところなのに
それを自分で言い訳をして慰めているので、
正直なところ、改善しない限り手の施しようがありません。


「●●だからできない。」を連呼する人程
まずどこの業界でも成果を出し続けられないのは
稼いでる人ほど知ってる話です。


言い訳が多い人ほど稼げない理由

image314



稼げない人は、全て言い訳で、行動しない理由を自分で創造しているのです。



もちろん、これは僕でもあるし誰にでも多少はある事です。


ついつい上手くいかないと、口癖のように言い訳する時が
ありますが、後になると、「見苦しかったな」と思う事がありますね^^;


「時間がないからできないです」とか典型的で
時間が無ければ時間を作る事を最優先しなければいけない。



「記事が思いつかない考えられない」とかもそうですが
記事が書けなければ書けるようにならないといけません。


「どうやれば書く事ができるのか」も
追及しなければ当然無理です。



つまり「●●だから稼げなくなってしまった」これも

言い訳ですね。



だとすれば、違う事で稼げばよいだけです。



言い訳ばかりして自分を慰めると、それで終了するんですよね。



確かにその場は、理由が作れたので楽なのかもしれませんが

結果的には自分を甘やかしているだけの話なのです。


逆にできる人は、その”できない理由”について言及します。
そして余計な言い訳は少ないです。



「お金を使うのが怖いので前に進めませんでした。」
これも典型的ですよね。




これは自分に活かせる自信がないからです。



そして言い訳を続けると負の連鎖が起こるようになるし
同時に自分を自分で慰めて何故か
「仕方無い事だった」と最悪な展開になってしまうのです。



最悪のケースでは、ノウハウが悪いから”できなかった”とか。



自分が諦めた理由をノウハウのせいにする人ほど
目標が定まってないだけです。


悪いというだけならまだしも、
悪いの後に行動が止まるのは最悪です。


目標がしっかりしてノウハウを選んでいれば
そういう終わり方はしませんからね。



仮に一つのノウハウで欠落している事があれば
その目標に達する為に必要と思われる他の情報を
収集しようとなる筈です。


しかし、セールスページだけで
●●万円稼げるとか判断して目標を定める人は
目標が、そのノウハウという視点なので、
結果的に失敗して、少しでも美味しそうなセールスページを
見ては、お金と時間を投資して何度も何度も
言い訳を繰り返して失敗したと言い続けるのです。


塾でも教材でもです。
ただ目標が定まっていない自分が
悪いだけの事とも言えますが


この業界に限って一つ言える事は、


「誇大広告で夢を見させたセールスページが悪い」のです。


しかし、今更、こんな事を言っても意味がありません。


例えそうだとしても、前向き、プラス思考で前に進むしかないのです。



殆どの人は、行動すら移せない中で

例え最悪な状況でも 行動できた事は

素晴らしいわけです。





こういった事も少し我慢する事ができれば
正の連鎖を引き起こす事ができます。


単純に自分に甘いか自分に厳しいかの違いなんですけどね。



言い訳⇒負の連鎖
言い訳を我慢する⇒正の連鎖


今はうまくいってないし、なかなか成果の出せてない人程
少し考え方や思考を改めれば大きく成果を出す事ができます。


色々な情報を買って結果を出せなかった人ほど
その原因は、何なのか超厳しく考えてみて下さい。


もちろん「自分に合ったノウハウじゃなかった」と
そんな声もあるかもしれませんが、
万が一、成果が出せてないなら他に自分のあったノウハウを
買い続けてでも勉強し続ける事は、できる筈です。


そこで、怖くて行動できないなら一つずつを
プラス思考で考えていけば絶対に次の行動もできるはず。




行動できない人は負の連鎖を引き起こしているだけに
過ぎないわけです。




スキルが無いとか知識が無いとか、そういうのは、関係ないし
ノウハウの当たりが悪かったとか、そんな次元の話でもないわけです。





こんな話をすると現実世界で会社に行って

みんなと同じように給料を貰う方がよっぽど気が楽だと

思う人も居る筈です。


また、

「自分の中の常識では考えられない」と思うかもしれませんが

頭の中の「一般常識」とかけ離れた考えを持たない限り

自分の周りで共通する「一般常識」の世界から抜け出せなくなるのです。



●何かやろうとしてできないのは全て自分が悪い。

●時間が無ければ作れば良い。

●作業ができないなら、できるようになるまで追及すれば良い。

●追及できないなら追及できるようになれば良い。


●収入が落ちたなら収入を増やせばよい。



めっちゃ簡単でシンプルです。
(実現するのは難しそうに思いますが…)





こういうと

「どうして良いか分からないのにできる筈がない」
言う人も居るのですが、それで辞める人は
それなりの人なのです。



例えば1日に4時間でも5時間でも寝る間を惜しんで
時間を費やしてネット検索していれば、
殆どの問題の解決策は確実に出てきます。




そもそも今、根付いてる”常識概念”は、
自分の周りの人や環境でそれぞれ違います。


その周りの人と同レベルで良いならその常識や考え方で
通用しますが、それ以上になろうとするなら、今の考え方や
常識が完全に通用しないのです。



5月も今日で終わりです。



気合入れて考え方もリセットして本気で取り組めば
確実に光は見えてくるものです。



成せば成るし成さねば成らない。

まさにそのまんまです。

ノウハウに関しても技術的な問題などに関しても
臨時質問や相談受け付けてます(もちろんタダで)

またその他でも気軽に声かけてくれれば
対応するので、遠慮なくどうぞ!



ではでは斎藤でした。



つづきは、こちら


ネットビジネスと環境問題。




PS


実はここ最近、究極の販売者も特典の追加などで

購入者に向けて色々やってくれているようです。



売りっぱなしではなくて長期的に、

購入者への気配りを続けるというのは、本当に

こういうのは、良いなーと思いますね^^




※究極の詳しいレビューを読む