斉藤です。

本日のテーマは月収に拘る事が良いか悪いか?です。


目次

その1 月収に拘る人が悪いのか?

その2 長期の目標収入と月収や日収の考え方

その3 目標は短期間の方が伸びる事がある


その4 長期間の目標や計画だとうまくいかない理由


その5 アフィリエイトで成果の多い商材

その6 アフィリエイトの合間にできるビジネス





実はこれも人によって様々で、やたら月収を気にする人と
殆ど月収という事に拘らず1年単位で数回だけ大金になる事を
仕掛ける…と言う人が居ます。



俗に言われるのは、月収に拘らなくて
一気に稼ぐ事を考える人が大金を掴めると言われています。


ちなみに僕の6月収入は、
500万~530万円程度でした。
(細かいのは見てないのでもうちょいあるかもですが…)


別に一度に稼いだとかそういう目標がある訳でもありません。



前月もその程度なので、あまり大差ありません。



ただ、できる限り月収計算と言うか
日収計算をするようにしています。



確かに中には年間半分は遊んで、
残りの半分で仕事をして大きく稼ぐという
考えの人も多いのですが、僕は、そういうの苦手です(笑



逆に遊びたい時に遊んで
仕事したい時に仕事している状態が
一番大好きですね。



とは言っても、基本一人仕事が多いので
全て自分のペースですけどね。


大きく稼ぐと言うよりも少ない収入が
幾つも構築されている方がある意味安心できます。


どんなビジネスでも常に良い時、悪い時があるのは事実ですからね。


しかし、何を達成するのでも目標は大事です。


お金を稼ぐ事でも目標は大事です。

ここで年間を通して長い時間で大きく稼ぐ事を
考えるのか日収や月収計算で目標を立てるのか
どちらが正しいのかについて書いてみます。



長期の目標収入と月収や日収の考え方

image337


と言うのも実は先日、ある人の話を聞いていたのですが
しきりに「月収に拘る人はダメだ」って連呼してたんですよね(笑
(僕より収入も知識も少ない時点でアホかこいつとしか思いませんでしたがw)


●ただ期間が狭い間で目標を立てると、選択肢が減る。
●長期間で目標を立てるとできる事の選択肢が増える。
(理論上は、ある意味一攫千金も可能?)



ただこれに限っては長期展望で取り組んで
今の月収より楽をして大金が稼げるイメージがない、
あるいは、そこまでしてやりたい事がない。だから
僕の思考も変わってないだけなのですが…^^;



実は、恥ずかしい話ですが僕なんか日収を考えて
常に対策を繰り返してきました。


1日収入が悪いと、原因追及をして対策を施す。


まさに月収にも拘るし日収までにも拘り
もう完全に正反対な考え方です。


さすがに収入が増えてくると
そこまで拘っていられなくなりましたが…
(細かい金額を各アカウントで調べるのが大変なので)


ただ、本当に思う事ですが、まずは日収単位。
あるいは時間単位です。


日収5万円前後の時なんかは酷い時で
24時間で分割して20時間経過して
残り4時間で、あと4万稼がないといけない…

みたいな事を考えて焦る日もありました(笑
(今思えば懐かしいですが)

そして、ノルマをクリアする為に今どうすれば良いか?
みたいな事を明けても暮れても考えていた時もありました。


日給5万計算なら月収150万円程度です。



そうなると1日5万円を下回れば翌日は5万円+(5万-昨日の収入)を
稼がないといけなくなるんですよ。



だから2日も下回るともっと最悪ですね。



ここで、「なんとかなるか」とか「●●だから仕方ないか」とかね
甘い考えを持つと収入が落ちていく…ような感じになるんです。



つまりここで以前にも伝えたように
「言い訳」を許してしまうと、ダメになる?…まさにこれです。




常に自分にピンチや警告を与えて
その都度その都度、目の前の問題を回避させていくのです。



本気で焦りを感じないと、なかなか難しいのですが
常に危険を自分に与える事でスキルや知識も
どんどん伸びていきます。



例えば、今日中に10万円稼がないとヤバい!とか
もう残り1週間で100万円稼がないとヤバいとか。



そういった状況もどんどん乗り越えて繰り返す事で
様々な方法論や手法が、でてくるわけです。



こういう刺激が無いとある意味
進化しないんじゃないかなーと僕は思ってます。



もちろん常に1日5万円を続けると
ある意味、「5万円で安定」になるのですが
もちろん、そのノルマも少しずつ増やしてきた感じです。



そこでまあ収入も伸び始めるにつれて
少し大雑把ですが、それでも時々、
最悪の事態を想定して、自分を追い込んでいます(笑



日収、月収計算という短期間の方が実は伸びる?

image338

だから僕は、個人的には日収、月収計算の方が伸びると思っています。



確かに安定的に稼ぐという考え方は
ビジネスでは、不健全だと言う意見もあるのですが
日収も月収もろくに稼げない人が一攫千金は、
ほぼあり得ないと思いますね。



もちろんその月収は何か一つに拘る収入ではなく
分散しておけば、どれか一つ潰れた場合でも
完全に収入が0になる事もなく、収入を得ながら
次の展開を考える事ができるわけです。



とにかく今現状で収入が少ない人は
日収単位でも考えて、常にその日に売上が
伸びなかった理由を追及するべきです。


そして売上が上がらなかった場合は
そのマイナスを繰り越してノルマを自分に
与えて「確実にクリアを果たす」という事が
できれば、どんどん伸びるわけです。



ある程度の収入になってくれば
どんどん大きく見て月収を増やす事を
クリアしたり、年単位で長期計画を立てるのも
一つなんですが、期間が長ければ長いだけ
どんどん目標のブレや自分への甘さがモロに出てきます。

確かに日や月で拘らず大金を狙うのも、勿論正しい事です。


でも最初の間は、尋常じゃない程自分を追い込むべきです。



だって


「2013年は絶対に結果を出すぞ」
「2012年は絶対に結果を出すぞ」

「今年中に●●円稼ぐぞ!」


こんな事を連呼していて

結果を出す事ができていないって人居ませんか?

長期間の目標は先伸ばしの原因に繋がる?

image339



こういう目標の立て方は、いつもギリギリになると
焦るのですが、その間、理由や言い訳を考えては
自分を慰めて、先延ばし、先延ばしにするのです。


だから毎年毎年たっても変わる事ができないのです。


そもそも現実世界では
中卒高卒レベルで生涯の賃金は1億円程度。


そして大卒とかになって中企業週少くで2億、3億。
そして大学院とかも卒業して大企業に務めた人が
4億円と言われています。


ここには、いきなり首になるリスクや
1日の労働時間を縛られる上に通勤時間を
除けば1日の間、相当の時間を拘束される事になり
決して割りの合う数字とは違うはずです。


既にこれが”当たり前の数字”になっている事から
当たり前のような思考や当たり前のような覚悟では
到底この枠から離れる事ができないわけです。



少なからず、自分よりも10分の1以下の時間で
10倍以上の年収を稼ぐ人も居るという事は理解するのと
同時に、「人は人だから」とか「環境が恵まれていた」とか
自分を慰めるような言い訳をせずお金が欲しければ
それ相応の力を入れるべきなのです。



そして時には
「お金を使ってリスクを負う」事も必要です。
よくお金を使わずに稼ぐ方法がないかと調べている人が
居ますが、そういう人は、いつまでも、同じ状況から
抜け出せません。



これから自分が本気で稼ぐならば
2万でも3万でも10万でも100万でも
使って、自分を追い込んだ状態で本気でやるべきです。



そういう人に限って「お金への執着心」も人一倍ある筈なので
「これで稼げなかったらお金を失う」という意気込みで
取り組んでいくべきです。


確かに生活にお金は大事なアイテムですが
何よりも手元のお金よりも、もっとお金を稼げる自分が
一番大事なわけです。



自分を可愛くする人程、いつもいつも言い訳を並べて

自分を慰めて可愛い×2していますが、それじゃ何の足しにも

ならないって事です。


image336


今年こそ本気をだしてくださいw



ではでは斎藤でした。


PS いよいよ5月も終わり、6月に入りました!

どんどん時間は過ぎていくので
一歩一歩自分に試練を与えてどんどん
乗り越えて大きな結果に向けて前進していくべきです。




アフィリエイト系で成果の多い推薦教材
「僕が今現在サポート強化中の推薦商材」

成果の声が続々と出ているのは…
アフィリエイトでまず10万を目指す
↓↓
奴隷解放プロジェクト


稼げるまで僕もサポート&アドバイスしています。

物販系アフィリエイト格安教材

ノウハウコレクターでも100万円目指す●●アフィリ。



アフィリの合間にせどりで稼ぐ

トリプル保証付ツール


お奨めのせどりノウハウとツール

副業メルマガ