斎藤です。


実はここ最近、以前にも紹介したように
某サイトの制作案件が入ってサイト構築をしています。


実は結構定期的にアフィリエイトサイトの土台、基盤作りを
お願いされるわけですが今回は、アダルト系です。


アダルトと言うとこちら。

アダルトアフィリエイト究極というこちらの商品では

数多くの成果の声を幾つか頂きました。


上記のようなスタンスのものとは異なり、パワーサイト的なものを
一つ作成の依頼が届いて現在やっています。


実質、制作コストは殆ど貰わず利益折半という事で
取り掛かってるんですが、これが結構大変。




ただ、ある程度、どんなサイトでも共通したポイント、
つまり、読み手のイメージを意識して(全体の構成)を決めていくかがポイントです。


どのような情報を発信して
どのような人に訪れて貰って
何を提示していくのか。



これがまず基本です。大半の人がアフィリエイトで
失敗する原因は、ここが定まって無くて
ノウハウをやって稼ぎたいが為にノウハウの表ッ面だけを
吸収して機械的にやるから、コンテンツもそのようになるわけです。


よく、コピーが全てとかって意見もあるのですが
コピーと言うものは、ジャンルやその時の状況で
効果的なもの、効果的でないものが変わってきます。


最低限の文章力は必要かもしれませんが、
実際に僕なんかコピーライティングなんて、未だにチンプンカンプンです。



ただ、小難しい話は抜きにして、読み手に自分の思いが
伝わり、読み手の心が動かせれば、それで良いのです。




読み手の心を動かすのに重要なポイント


image146


その為には、ターゲットとなる人がどういうものを
求めているかを対象とするキャッシュポイントを元にして
掘り下げていくわけです。


その中の経緯は、その人がどういった情報を見てきたか
どういう情報が頭の中にあるのか

などなどを元に考える訳ですが当然相手の頭の中なんて
話も外見も見てないのに分かりません。

基本訪問者は口を開いてくれませんからね(笑


では、どうするのか?と言うと、相手を自分でイメージして作る訳です。




対象の人がよく見るサイトとか、どういうものを見ているだろうとかね。

相手がどういう情報を持っているかを考えるわけです。

対象としたキーワードを元にです。


少し情報商材でイメージすると殆どのアフィリエイターが
「もう商品レビューなんて」と言いますが
商品名って言うキーワードは、すごく分類されているんですよ(笑


これは情報商材に限らず、物販でもサービスでもね。

ただそれを良いとか悪いとか、そういった書き方をしているだけでは
ほぼ、売り上げは見込めません。



具体的なキーワードは相手のイメージを本当に作り易いです。


イメージができれば、その人にどのようなコンテンツを見せれば良いか。


ここは、どのジャンルのアフィリエイトでも言える事ですね。


また、ここで自分の目的、ブログやサイトで提示したいものが
あやふやであれば、読み手にも何も伝わりません。


ただ、しっかり狙いがあったなら、それぞれの世界をつなげて
引っ張っていく事が可能となります。


「なるほど まさにその通りだ」と思うでしょうw

でも違うジャンル、それもアダルトとなると、途中で頭の中がカスカスになりますね(笑


で、ここで伝えたい事は、
僕がアダルトサイトの制作をしている事でも、
僕がアフィリエイトで稼いでる事や知識がある事を
アピールしたいのではなくて、行き詰った時どうするか?です。


途中、どうしてよいか混乱してくると、どんどん
情報のインプット量が半端なく入ってきます。


一度に情報太りして、身動きが取れなくなるのです。


コピーが重要だ!
SEOが重要だ!
ツイッターやフェイスブックが重要だ!

このように、情報販売者やアフィリエイターは
色々な声を聞く機会があるのですが、それでは
ただ、振り回されていくのです。


と言いつつも知らないジャンルだと本当に頭打ちしますからね。


とくに、行き詰った時、悩みが究極レベルに達した時に
ついつい楽な方法に目が行ったりするもんです(笑

どうして良いか分からなくなった時の対処方法


売り上げも上がらない、止まった ⇒焦り
何をして良いか分からない⇒緊張
この先どうなるのか この状況が続くのか⇒不安と恐怖



こういった時、パソコンと面と向かって作業しても
頭がついていかないので捗りません(笑


僕の場合は、パソコンから離れて、頭の中を整理します。
完全に他の情報が侵入しないようにパソコンから離れて
今の段階での知識、経験を掘り出してまとめます。


その上で今の自分に必要な情報が何か。

次にパソコンの前に座った時にまず、やるべき事は何がベストか。

これを完全に静かな場所で考えて答えが出そうにならない場合は、
頭の中にお題を頭に入れて全然違う事を始めます。

人と話したりDVDを見たりとか(笑
あるいは、その一つの問題以外で明確にスムーズに
出来る事に時間を費やしていく。


これによって関連する紛らわしい情報の侵入を完全に遮断し
情報太りする事を完全に防ぎ、そして頭を休めて
違う事に意識を向ける事で無駄な時間を省く事ができたり
「いつになってもうまくいかない自分にイライラする事」がなくなります。


パソコンの前に何時間も座っていて一つの難関で
うまくいかないときって超イライラして、どんどんそれが
障害に繋がっていく
わけです。




無駄な時間を使ったり無駄な労力を使う事は
感情や思考一つで、意図も簡単にできてしまいますからね(笑



うまくいかないとどんどんイライラが募り、

正常な思考から外れてくるわけです。



そこで完全に辞めて他の事をやりだすとノウハウコレクターに

なってしまうんですよね。



一つ例を出せば、目標が抽象的で

「ただ、お金が欲しい」だけだとあれこれ走ってしまうというわけです。



これは、頭の中が「稼げれば何でも良い」だからです。





まあ、いずれにしても、こういった自分の感情や思考のコントロールも非常に重要です。


とくに初心者の人は、こういったコントロールがうまくできず、

その場の感情や欲求で動いてしまうので注意が必要です。




と言う事で、この記事を書いてる今、実際に僕も制作段階で少し

頭打ちしたので少し違う事をやっているわけですけどね(笑





ではでは斎藤でした。


PS



あとたまに頭を休める時は、


旅行に行く。


時には美味しい物を食べに行く。


欲しい物を見る…と言うのもモチベーションアップに繋がりますよw