斎藤です。


この前、ちょうど
セールスされた車が到着。


なんだか今乗っていた
BMWの7なんですが
想像以上に安くてショックでしたが・・・
(まだ2年ちょいで1万キロちょいしか乗ってないのに半額程度)
BMWの大きいのは売る時、本当に安いですね…^^;




で、今回はポルシェのパナメーラに変更。


走行距離も1万キロ程度のものなので

かなり抜群の状態で中もピカピカなんですが・・・


image311


買って即効で言うのもなんですが
あんまり、パッとしないですね(笑


最初は面白いかなーと言う感じでしたが
実際に移動に使ってみると・・・結構なんか疲れる・・・(苦笑)



中もあんまり広くないし・・・


勿論、試乗もして決めたんですが、いざ納車されて
使ってみると・・・何だかな~という感じです。


まあ、車変える時って来るまでが一番楽しくて
後は普通なんですけどね(笑



まあおそらく、この手の車は2度と乗る事ないですが

これも良い経験でした(笑




さてさて本題です。



今日は価値について少し触れたいと思います。



実は先日も⇒点穴 でも書いたように
「時間」「作業量」だけでビジネスジャンルを
決めないで欲しくない…というところです。


この理由の一つとして、そこに焦点を当てている限り
価値を見出す事ができないからです。





あれこれと今日も複数の
メールをいただいている訳ですが、


まず、「アフィリエイトで、初心者ならどれから始めれば良いか」
こんな質問ならばまだ、良いのですが

「1日●時間くらいで●万円程になる情報はどれですか」
という質問をしくる人が居ます。


自分の労働時間や労力に対して報酬対価を求めている思考。


これって「雇われ」と同じなので、
僕の中ではネットビジネスだと言えない思考です。


最初はノウハウなどを吸収しながら取り組んで、
知識や基礎を学んでそれでどんどん
自分がやるべき作業などを覚えていくのですから
まず、その時点で報酬を求める思考もどうか?って事と
いつも言うように環境面や手の速さなどによっても
作業の進み具合は確実に変わるので
時給換算の仕事でも無い限りは、「●時間で●円になるもの」
みたいなものは、ネットビジネスには存在しないのです。


そもそも、もっと細かく言うと、
例え時給換算の仕事でも、その人の能力によって
時給の値も変わってきます。


つまり、「●時間で●円稼げるもの」という考えを
持って動くのはNGだという事ですね。


本気でネットで稼ぎたいなら
ある意味、情報商材と言えど、
「買えば稼げる」という考えで見るのが駄目で
あくまでも学校の教科書やテキストと同じと考えるべきです。


見て自分の力を引き上げる為に買うものです。


買えばお金になるとか
1日●時間で、お金になるとか。



根本的に、そういった意味不明な部分に
視点を向けて時間を取られているから稼げないのです。



ただ、こうなるのもセールスページに
”●時間で●万円”みたいな切り口を
謳っている事が問題だったりします。
(まあ見る側が仕掛ける側の思考も読み解ければ済む話なんですけどね)


ここで、販売者目線で言うと、
例えば、今でも輝かしい実績を
上げているアフィリエイターでも
セールスページでは「1日●時間」とか
書いてるのを見かける事がありますが
そこまでの道のりを聞くと、
「寝る間も無い程の作業量」だったとか。


でも、その時間って言うのは明かさない。


普通に集中して1日10時間、12時間と時間を
費やしていれば、何をやっても大なり小なり、
ほぼ確実に稼げるものですからね^^



でも、そうやって実績だけ見せて、
何かコンテンツを販売しようとして、
セールスページを作る場合、
作業時間、つまり実の労働は隠すんですよね。



そもそも、そういうのが悪いんですよ。


1日●時間とかね。その本人すら元々寝る間も惜しんで
作業を繰り返していたのに・・・それを隠して1日●時間とか。


そういう打ち出し方をすると、頭から1日●時間に
魅力を惹かれる人が来ますから、結果として
稼げる人なんて大して出てこないんですよ。



で、結果として、こういう事をすると、
打ち出したノウハウの価値も下がる。


でもこれを「1日16時間で100万円を目指そう」と
考えると、1日16時間必要だという情報が
行き届くので結果としては、16時間の作業を覚悟して
取り組む人しか集まらないのです。


ただ、その分、気合入った人が集まるし
より濃厚な結果を出す人が集まる筈です。
だからこそ、それはそれでブランド化できるという事。



過去にも20万、30万で販売されていた
高額塾で塾生全員が1万円も稼げずに
終わった塾・・・みたいなものがあったのですが
(あえて名前は伏せますが・・・)まさに、
「稼げない人を取り入れていた」のが原因です。


1日●時間の作業で・・・
誰でも簡単にできる・・・


・・・と最大限に可能性を与えすぎて、その分、
本来、入ってきても稼げない人を取り入れた結果です。


ここで一つ伝えたいのは価値とは何かです。


情報価値って事をよく言いますが
上記の事例で言うと、「集まる人によって価値が変わる」
という事になります。


結局、そのノウハウという物をAとした場合
Aの形などを変わらなくても結果として
価値が上がったり下がったりするわけです。


簡単に言えば、情報の価値ってのは
提供した側が情報を与えて相手の世界が変化して
その本人が自分で価値を発見していくという
サイクルになっているわけなんですよね。



そこで発見できなければ価値が無かったとなるし
発見できれば価値があったとなるわけです。


だから結局のところ、このネット業界の
情報で時給換算のアルバイトみたいなビジネスなんか
存在しないからこそ、そこに価値を期待しても
確実に不可能だという事です。


どれだけ情報を受け取っても、期待していた
価値を見つける事なんてできませんからねw



では、斎藤でした。




最近注目を浴びているネットビジネス教材



これは冗談抜きでガチで推せます。

0⇒1 は、非常に早いと思いますw

↓↓

Youtube Adsense攻略情報共有プログラム



アフィリエイトしたいけど…何から始めるか悩んでいる人向け

↓↓

初心者向けアフィリエイトコンテンツ


スマホアフィリ系のノウハウ

↓↓

意外と人気のスマホアフィリエイトとは?

副業のメルマガ