斉藤です。


伊豆から戻ってきましたw


今回は、星野リゾートとかってところ

(全国チェーンかな?)に行ってみたんですが

「こんなものか」という感じでした(苦笑



ただ、サービスとか接客面では

しっかりしているんですが・・・


一番広い部屋で温泉付きという事で

メゾネットの部屋取ったんですよね。



部屋そのものは下に10畳と半露天風呂と

2階に10畳が2部屋程と言う感じで

広いと言えば広いんですが 何かね…本館とは

うって変わって古いし二階なんかは歩くと1階に

音がミシミシと響いて半端ない感じでした(苦笑



おまけに料理の注文もグレードアップしているのに

それがセンターのミスで通ってなくて対応できずで

鮑を数個もってきて無償でどうぞとかって・・・

(鮑なんか好きじゃねーし…) 何それって感じでした(苦笑。



ただ、昼に結構ドカ食いしたんで

あんまり 腹も空いてなかったし

今回は最初から、

そこまで期待もしてなかったので良いって言えば

良いんですけどね。



ただ、この時、確認しますって言って

「何を確認するんだろう」と思ったんですが

ちゃんと電話で録音してるんですね。



「録音を確認したところ」みたいな感じで、会話を取ってる所は、凄いな~と思うところです。

ホテルに直接電話するんじゃなくて沖縄に

総合予約センターがあってそこで全国の

星野リゾートの予約を受けているようです。




まあ、部屋や料理は微妙過ぎますが

対応面では、しっかりしていたので

「当たり障りない」って感じでしたw


1階

image575


小さい半露天風呂


image580


二階からの眺めは最悪。

image576


二階も広いけどただの畳の部屋です。

image577

殆ど誰も泳いでない源泉プール


image578


ちょうど本館の横にある

民家みたいなのがメゾネットタイプ

image579


で、伊豆で今回立ち寄ったのが

伊豆のB級スポット 「怪しい秘密基地 まぼろし博覧会」というところ。


石和にあった秘宝館が潰れた後に、

少年少女博物館のオーナーが買取った

テーマパークだとか。


怪しい秘密基地 まぼろし博覧会


元々、少年少女博物館もオーナーの趣味で

集めた物を展示しているようですが・・・


ねこの博物館

少年少女博物館

「怪しい秘密基地 まぼろし博覧会」


オーナーさんは、鵜野義嗣さんという方で、

出版社データハウスの社長もされているようです。


http://www.data-house.co.jp/index.html





本当に意味不明

image572


image573



image564

image565


image574


image571


image570


image569


image567

image568


一言で言うと「不気味」なんですが

これがまた深み?があって面白いんです。



不気味だけど、ただ淡々と

並べられてるだけじゃなくて

口では表現し難い奥深さというか。



「なんでこうなってんだ?」って考えると

なんとなーく理由があるように見えたりもして

結構、色々と考えさせられましたw




売られてる物も呪いの藁人間とか

なんだか意味不明なものが幾つか・・・(苦笑



こんなものまで・・・。


怨霊の瓶詰め。


image581



普通の瓶に「怨霊詰め」と

書いて封をしているだけ・・・という

何とも大胆な手法に思わず感動しました(笑



いや~なかなか面白かったw


不気味に感じる異空間と言う感じでしたが

趣味の範囲であろうと無かろうと、

これだけの物を置いてるのは、凄いし

ここまで作り込むのも凄いなーという感じです。





で、本題。


ここ最近ふと感じるのですが
何でも、手に入ってしまうと面白味がないな~と。


お金は、まだまだ欲しいけど
お金を眺めていても面白くもないし
通帳のお金を眺めても面白くない。

そして同時に、アフィリエイト報酬画面とかを
眺めていても面白くない。


普通に何も面白くないんです。


強いていうならば
眺めたところで何も起きるわけでも無いし
何も得られないからです。


むしろ眺めているのは
本当に無駄な時間ですねw

結果よりも、その過程が面白い

一般的には、稼げた!と喜ぶ事が
多いんですが、でも稼げてしまった後は
面白くなんてないものです。


何が面白いかって言うと

「稼ごうとする事」
「稼ごうとして何かの挑戦する事」

「うわっ最悪」とか言って失敗しているところだったり
するんですね。


これは、例えば物欲とかでも言える事ですね。


普通に、車でも時計でも言えるんですが
買うまでの過程が一番面白い。

いざ手元に来ると、身の回りの道具に
溶け込んでしまって、何の興奮も無かったりします。



なんかこう・・・手に入ると、普通になる・・・^^;



「おっこれいいな~欲しいな~」
とか
言ってる時が、一番楽しくてワクワクする。




月収にしてもそうで、最初なんかは
「月に100万円でもあれば最高だろうなっ」とか
思っていたし普通に今月とかでも 合計すると
700万~800万前後の収入が実際にあるわけですが
何とも思わない・・・別に何か特別な事がしたいとも
思いません…(苦笑



計算しても何も得られる物が無いし
収入が増えるわけでもなく、時間を
消費するだけだからです。


そんな暇があれば、今度は1000万とか
2000万という、安定月収を目指す事に
時間を費やす方が断然に 「マシ」ですからね。



稼げてない時は、
100万円の月収があれば・・・
みたいな感じで、まさに
「宝くじ当たったら何に使おうか」みたいな
感じで考えているとワクワクするのと同じ原理ですね^^;


何においても結果的なものよりも
そこまでの途中経過が面白いんですよね。



だから一番楽しむべきところは
「お金を稼いで優雅な生活」じゃなくて
お金を稼い優雅に生活している未来を想像して
その為に頑張っている過程が、実は一番楽しいんです。



つまり一番刺激的な部分は

目標⇒挑戦 ⇒達成

というこの3段階であって、「稼いで優雅な暮らし」より
方向性を決めて挑戦して達成する瞬間が凄く楽しい。
ここが、一番重みのある部分だと思うんですよね。


つまり、俗に言う「行動~結果」までの間です。



だって普通に 「今は無い物」を
手にする為の挑戦って本当に面白いじゃないですか。





やりたい事や挑戦したい事を放棄せずに

決して面白いとか楽しいとか、言えないですからね。



やっぱり楽しまないとねってところです。



ほんとに。



ただ、いきなり大金狙い・・・に挑戦するよりも

個人的には5万、10万という域から達成していく方が

モチベーションも上げながら楽しめるんじゃないかな・・・と^^;



そういう意味では、


こちらでも書いたこの教材


初心者向けアフィリエイト教材


推薦する本当の理由とは・・・ 詳しい記事を読む



この辺とか、物販系であれば


こちらの教材とかですね。⇒風花初芽



この辺って固いかな・・・と思いますけどね^^;




まあ前回にも書いたように、いずれは情報アフィリ、

そしてコンテンツ販売と言う路線に走って欲しいですが・・・^^


http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-65.html




個人的には、本当に色々な事に挑戦して

知識を入れていって欲しいところです。




「1個買えば永遠にお金になる」なんてものないし

必要に応じてどんどん情報を取り入れたり、時には

時間短縮のツールなどを手にして自分の中で体系化していく

必要性がありますからね^^




僕も色々なビジネスをしてきましたが

やっぱり「やらないと分からない事」ってめっちゃ多いです。



ただ上っ面だけ見ていても理解もできないし

自分の視界も広がらないですからね^^;



それでは、斎藤でした。




副業のメルマガ