斉藤です^^


ここ数日、何かとプライベートが忙しくて
記事の更新が滞ってました^^



ちょうど昨日は、長々と車を見に行ってましたw


ちょうど前回の事故、

久しぶりに事故した話  ← このせいで一応 見積もりだけ
車屋に出したものの戻ってこない(苦笑


今週中には、戻るようですが
どうせ保険使うなら、僅かな傷でも しっかり直す方が賢いので
預けたんですが…台車も無かったので、車が一台しか無いのですごく不便です。


一台はパナメーラですが

小ぶりの車なので かなり窮屈なんですね…
乗っていても不快感もすごいです。




こういう時の為にも車は、3台ぐらいあるほうが良いな…と
思って ふらふらとベンツに足を運びました^^





「どうせだったらオープンが良いな」という事で
SLでも…と見に行ったんですが肝心の展示車が無い(笑




で、他の展示車を何台か見ていましたが
少なくとも、欲しいとか思うものが何も無かったので
そのままカタログだけ貰って帰りました^^;

image482



SLが第一候補でしたが 近々 少しモデルチェンジするぽいです。

(新車なら今は損みたいです)



あとはオープンじゃないけどGTとか Sクラスのカタログと

価格表を貰ってきました。



Sクラスは候補でも何でも無いんですが

ちょうど長々と見ていたから袋の中に入れてくれたんでしょう^^;





とりあえず僕は、
今まで一度もオープンカーを
買った事が無いんですよ。




遠出はしたくないけど

なんとなく一度は買ってみたい…w



ただオープンでも今のポルシェみたいに

ゴツゴツする車は嫌…だから たまたま

通り道だった…という事もあるのですが。
ベンツを見に行ったんですよね。




既に2台あるし この手の車は、
経費では落とせないんですが
何か1台遊びで乗る程度の車でも 欲しいな~と
色々と見ていますが 見てる時が一番楽しいですね(笑




情報商材でもセールスページとか見て

ワクワクしている時ってすごい楽しいじゃないですかw





自分の欲しい物を選んだりする時は

すごく楽しいですよね。






で、本日はブランド物の本物偽物と
情報商材の本物と偽物について書いてみました。




ブランド物の本物と偽物




実は、とある知り合いのFBを見てると
なんだかギラギラしたものを身につけて
めっちゃ羽振り良さそうなんですね。


時計は、ロレックス数本、フランクやウブロとか…
ファッションも 結構 コテコテで、
いかにも、「羽振り良いぞ~」ってやってるわけですよ。




「んなわけねーだろ」みたいな人物なんで

何か裏があるのは当然。




そこそこネットで当たっても 「これは無理でしょ」って次元だったんですよ。



へぇ~ キモいな~と見てると
「なんじゃこりゃ?」って画像があって
よーく見ると、「何こいつコピーじゃんっw」



と ボロ発覚。思わず電話して
ぶちまけると、まあ、7割8割コピーという話でした。



でも 例外なくFBとかで
結構、コピー商品で「いかにも画像」撮影している人
多いだろうな~と思います(笑



一般の人は、気付かないどころか
偽物付けて 羽振り良さそうに見せる根拠すら
理解できないと思いますが…。



パッと見るとね、
「すごそうな人」に見えるんだろうけど
なんてこと無い…というか コピー商品身につけるって
神経が僕には、理解できません(苦笑



まあ、本物重視が一番ですが
情報商材でもよく

ブランド物のように


「本物ですか」

「偽物ですか」みたいな視点の質問が届く事があるので

少し触れてみます。




本物情報商材、偽物情報商材?



実は、よくメールを貰う中で
色々と質問してくる人も居るんですが


「情報商材は、偽物が多いので 本物なのかカ知りたい…」という
言葉を見る事がすごくあります。



なんかオークションでブランド物でも買う人が
よく質問から 正規品ですか?って質問してくるのと
似たような感じですね。



最近でこそ出品なんかしませんが
あれって質問されると 偽物なんか持たない人からすると
「うるせーよ」ってなりますよね^^




ただ、このとき思う事は、
確かに変な高額塾とか
「明らかに無茶だろ」ってものは
僕も批判する事もあります。


ようは、偽物、つまり実績も経験もね。



これはブランド物のコピーと同じで
物的な証拠を元に「偽物」と言っているわけです。



ただ、一つ言うと、
本物なのか偽物なのかを
どこで判断するのか?です。




で、その多くが

「本物は、自分が絶対に稼げる商材」なんですよ。



で、偽物は「自分が稼げない商材」




うん 気持ちはすごく理解出来る。

初心者の人ほど こういう考えを持つものです。

でも、その考えは、改めていかなきゃいけない。




例えば、情報商材を選ぶ行為は、大学受験するのに
参考書を選ぶのと同じ事です。



「自分が受験して合格したい」となれば
どの参考書が良い、悪いとか
最低限、コピー商品のように「インチキ」が
無ければ 買ってみるしかないわけです。



つまり、コピーのブランドのように
見て分かる偽物でない限りは
後は、本人の価値感次第ってわけです。



で、合格できなかったから詐欺じゃないとか
合格できなかったから詐欺だとか…



自分次第の部分をこうなると滅茶苦茶ですよねw



情報商材でも同じで
買って稼げたから本物とか
買って稼げないから偽物とか。



そんな問題じゃ無いんですよね^^



「情報商材を買う=知識を入れる、情報を取り入れる」
…という事であり、結局それを使って稼ぐのは、本人次第なんです。





偽物とか本物とかは客観的に見て

誰が見ても根拠を並べられるけど

自分が稼げるか 稼げないかは、千差万別だったりするわけです。





結論から言えば仮に、買った教材だけでは、目的を果たすまでに
情報やノウハウが、足りないなら、さらに深く掘り起こして
必要な情報を調べたり、更に買ってでも足りない情報を揃える事です。



このようなサイクルを 作って追求さえしていけば
大なり小なり確実に成果を打ち出せますよ。


つまり本物、偽物よりも大事な事は、


「やり通すか」「やり通さないか」だけです。



現に僕なんかでも、情報アフィリで稼ぎたいとか

情報商材市場で稼ぎたいと思い続けて

学歴も資格も無いけど 今では年間 億単位の収入を

稼いでいるのが現状です。




別に特殊な事なんかしてませんし

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法は、こちら



実際に今は、自分のノウハウやコンサルも

しているわけですが 単純に「稼ぎたいと思い続けて頑張った」

だけの事なんですよ。




つまり、


「稼ぐ気があるのか 稼ぐ気がないのか」 そして

「やる続けるか やり続けないか」で 本当に必要とか

重要性をおいて 目的、目標が明確で日々、その問題を

常に追求し続ければ 「絶対に稼げるようになる」わけです。




そして、自分の知識や稼ぐ金額を高めて目的を

果たす為の投資なんて 恐怖も不安も感じる事が無い筈です。





参考までにw



「最近話題の教材一覧」


そうそう 物販アフィリやるぞ!って人が

続々と成果の声も増えてきたので

「紹介した甲斐があったな…」と痛感している教材


http://blog.livedoor.jp/saitoinfo/archives/1052707912.html



文章がすごく嫌いな人が1クリックでオリジナル文章を

1000文字自動生成して、毎日10記事、50記事、100記事投稿を

実現できてしまったツールとは?

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-445.html



転売から初めて情報発信…を即金を稼ぎながら取り組む方法

http://blog.livedoor.jp/saitoinfo/archives/1033900904.html



副業のメルマガ