斎藤です^^


本日のテーマは、「海外ビジネス」です。



多くのビジネスで言える事だけど
国内から海外に目を向ける事で
ターゲット層が増せば
利益の相乗効果を得られます。


身近なものでいえばネットビジネスで言うと
転売やせどり、他にもBUYMAとかもそうですね。


輸入や輸出みたいなものですが
店舗の進出など、様々なジャンルのビジネスが
海外に進出しています。


全てが黒なのか知りませんが、
結論は、「利益に繋がる」という狙いから
展開しているわけですね。


ただ、殆どのビジネスは、
国内から海外で展開をやろうとすると
それなりのコストが出てきますし、
面倒な申請手続きなどから、スタートになる。


でも、最も身近なジャンルで、

申請不要
コストも掛からない。


という好条件の元で取り組めるものがあるんです。




それが何かと言うと「YouTubeの海外戦略」です。


海外ユーザーを対象としたYouTube戦略とは?

YouTubeといえば、
殆どが国内向けの動画を作るというのが
一般的です。


ま、言葉の壁もあるんだろうけど
今回紹介するものが、
久しぶりのYouTube商品なのですが
その内容というのは、「海外ユーザー向け」というものです。



「海外に進出すれば利益が増す」という考えは
「ターゲット層を広げる事」になります。



当たり前ですが どのようなビジネスでも、
「パイが増えれば利益に繋がる」ということは、当たり前の話です。


これは、アフィリエイトでも似た事が言えたりします。


例えば、アフィリエイトでも商品を紹介する属性を
少し変えると 売れ行きが良くなると言う事は、ありますし
逆に ターゲットを間違えるとアクセスがあっても、
全然売れません。


現実問題、この辺の調整がうまくできずに失敗を繰り返している人も
非常に多いと思うんですね^^;


極端な話をすると、
激やせの人にダイエット商品を案内しても
興味持ちませんよね?


極端ですが そういうものです。


ここから、厳密に近づけていけば、
同じ属性のターゲット層のように見えても、
「ズレ」があれば、滑ります。


「対象者を間違えで集客しても、
商品を紹介しても うまくいかない」
という事が言えるのです。



まあ、どんなビジネスでも言える事なんですけどね^^;



で、今回は、国内向けターゲットではなく、
海外ユーザーを狙った動画を作成して投稿する。


その為のコツやノウハウというものが
YouTube海外戦略でもある、
Gyaku Tubeという教材ってわけです^^


Gyaku Tube

image47

販売ページは、こちら



それがこちらの教材。
なかなか 勉強になりましたね。



実績についても
ちゃんと7月ぐらいから集計したもので
しっかりモニターを半年動かして作成したものである事。


つまり卓上の理論でもなく
実際に数字が伸びた手法が まとめられています。



1動画1万円…なんて言い過ぎだろ?と

思いましたが、コンテンツの数値を見れば

疑う余地は、ありません。





中身を見ても かなり作り込まれていますし
何といっても面白いのは、
「国内向けYouTube動画で失敗し続けていた人」を
モニターで使う所が、さらに信憑性も高いと思います。


もちろん、英語の理解度は、
殆ど関係ありません。



作る工程では、日本よりも作業量は、多少増えるものの
その作業と言っても、入念な翻訳などの部分ですので、
機械的に処理できる作業が 国内よりプラスになる事や
リサーチ部分など…です。


国内向けYouTube動画と海外向けのYouTube動画の違い。


とくに国内YouTube動画よりも
そこまでハードルが高くなるような事もないし
効率よく取り組めば、さほど変わりないかな…と思いますね。



ただキーワード選定やネタの選定などは、
もちろん 異なる部分があるのですが
個人的に見ても 国内ユーザーよりも
海外の人を対象にする方が面白味があると思います。


何故なら、「日本人があまり反応しない事に反応する」という
部分ももちろん期待できるからです。



これは国によって価値感、環境や

知識なども 全く違うからです。



実際に教材の方でも、国内では、伸びなかったものが
国外のある国向けに作成すると、
1000倍を超えた再生回数が出た…というものもありましたが
十分に、あり得る話です。



もちろん、ただ国内動画を翻訳して投稿するだけ…みたいな
浅はかな戦略とは、違います。


もちろん国外向けのチャンネルであろうと
動画が外国語であろうと収益化して同じように報酬を
積み上げていく事が可能ですので 安心して取り組む事ができます^^


個人的には、もしもYouTubeで、
この手のジャンルで大きな数字が出せていないなら
初心者であろうと、中級者であろうと、
「取り組む価値は十分にある」と思います。



というか、YouTubeやってるなら

取り入れておくべきジャンルですよ^^;



海外向けYouTube戦略の詳細はこちら



Gyaku Tube購入者特典について。



そこで今回、特典でも…と考えてましたが
今回のGyaku Tubeも 結構掘り下げて作成してあるので、
実際のところ +@ になると ちょっと趣旨が崩れるかな…

というのが正直な面もあるし
同時にアフィリエイト系は強いんですが
今回は、YouTube。


さすがに1動画1万円平均出る…というモニター実績を見て
それ以上とかになると、YouTube系に詳しい人物の特典が
良いのでは?という事で、今回は、杉山さん

この教材の作者ですね。

↓↓
こちらが杉山さんです。




この杉山さんが、打ち出している、
GyakuTubeの購入者特典でもある、
海外特化型権利収入プログラムという特典を
2ティアオファーで紹介しておきます。


杉山さんの Gyaku Tubeの記事がこちら。



ま、そもそもGyaku Tubeだけでも
十分結果が出せる内容ですが、プラス@も
学んで、最速で結果を積み上げたいなら、受け取る方が
賢いです。



今回の海外戦略は、学べる部分がありましたね。


リアルのビジネスでも
海外を狙う戦略は、色々とあります。


せどりでも 輸入、輸出があるし
他、店舗型ビジネスでも国外進出は多いです。


もっと広げれば車一つとってもそうですよね。

ここには、儲かるからこその流れで
ニーズさえ合えば 対象人口が増えれば増えるだけ
数字が比例して伸びる事は、言うまでもない話なのです。


もちろんYouTubeですから
「ただ、それ用に動画を作る」という事になるのですが
他のビジネスと比較すれば 対象人口が増える市場で
勝負できるって事ですね。


杉山さんといえば、元々、YouTube特化の方なので
どこまでの特典かは、謎ですが
少しでも情報がある方が良いという人にとっては、
良い選択肢だと思います。



一応 このGyaku Tubeも
永遠に販売し続ける予定が無いそうなので
手に入る時に購入しておく事をお薦めします^^


杉山さんの記事に飛びます。

↓↓
杉山さんの Gyaku Tubeの記事がこちら。



では、斎藤でした。