斉藤です。


ちょうど以前にも、少し触れたのですが、
この記事ですね。
エイダコイン怪しい?ノアコインは、怪しい?




結構色々な儲け話って業界でも結構あるんですよね。


「今購入しておけば ○年後は、○倍になる」とか。



とにかく、お金のない時と比較すると何倍も

そういう話が転がってきます。



ただ、その多くは胡散臭い話ばかりですが(笑



という事で、今日は、儲け話をテーマに書いてみました。


儲け話の裏側

image187

例えばコインでもそうですが、

相手から、誘いが来た時点で

一括りで言えば、儲け話みたいなものです。



もともと、ビットコインとか仮想通貨には、興味もあったので

「コインが儲かる」よりも、そんな中で仕掛けるという事を

前提に考えていたのですが、僕も危うく買う所でした…。



普段は、こういった話は、

全て、右から左ですが、

売って利益を得ると言う部分は、

ちょっと面白そうですが、

コインの価値が消滅すれば終わりと考えると

ちょっと怖いですね^^;




で、他にも

コインだけでなく、他にも昔から、色々な話が回ってきます。


例えば、何かの買収話であったり
資金の投資話であったりとかね。


「節税にもなる」とか
「銀行にお金を預けるよりも良い」とか
「○年後には○○万円の配当が付く」とか
こういった話は、勿論、一定の稼ぎが出てくると
自然と舞い込んでくるんですよね^^;


でも冷静に考えれば矛盾だらけなんです。



以前にも少し触れたのですが、
「何故そんな儲け話を人にするのか」です。


コイン一つ取ってもそうですし
投資話一つ取っても言える事です。


「自分1人でやってればいいじゃん」と疑問しか沸きません(笑


儲け話の仕組みと儲け話を見る視点とは?


では、こういう儲け話をどう見れば良いか? ですが、もし、本当の儲け話で、仮にそれが
投資であったなら、人に振る前に自分でやりません?


絶対やりますよね?



でもそういう紹介をしてくる人物ってね、

自分じゃやってない。



仮に”自分もやってます”と言っても、

たかだか知れているんですよね。



ある種、建前的なレベルだったりとかね。



もちろん投資できるお金の有り無しもあるかも知れませんが。



で、勧誘でも人伝いとは、違って、

よくあるのが、規模の大きいものなら

「○○ホテルを貸し切りして説明会をします」とかね。




一流の場所で説明会…このように聞くと、

「なんか凄そう」とか「真実味ありそう」と思いません?




おまけにスペシャルゲストで、有名人とかも参加していると、

なんとなーく 本気モードになる…という人も多い筈(笑



でもね、

逆に参加者を見込んで大きなお金を積んで会場用意して

勧誘する事で利益になるって事だよね?と逆に疑っちゃいます。



だって高額なお金を使って場所借りて

「投資すれば儲かりますよ」って説明する為に

お金使っているんですよね?



主催側は、儲かるのだろうけど
こっちまで利益になるのか?というか
そこまで豪華にするなら分配しろって思ったりもします。


もちろん、全部が全部駄目な事は、無いし
投資は、予測しないような事もある場合もありますが
でもそれって結局自分で掴み取るものですからね。


投資にしても買収話にしても
「そんなに美味しいなら自分で買収してやれば良いじゃん」と
率直に思ってしまうんですよね(笑




僕の場合だと、


儲かりますよだけだと胡散臭い。


儲かる理由を説明されても胡散臭い。


でも、「なぜ紹介するのか」という情報が加わって

合理的であった場合のみ考えます。



さらに、そのオファーを提示した理由が、
「金銭的に苦しい」とかなら話を聞きます。


「今お金が必要だから手放す」とかってなら
まだ、価値があるものが多いです。


でも、ただ、儲かる話とかの場合は、
その紹介者にもマージンが入るとかって話だったり
その紹介者もマージン目当てだけで信憑性を

裏付ける物が、何も無かったりする事が多いです。




以前にも、某芸能人が投資話にお金ツッコんだら
結局それは詐欺的な投資話だった…というのは、有名ですよね^^


まあ、この手の事は,表に出ていない事も含めて
色々とあったりするんです。


で、ここで賢く立ち回るには、
常に仕組みを真上から見る事です。



紹介してる人間は、元より
そう言った投資話のカラクリを考える事です。


「そういった、勧誘で どのように利益に繋がっているのか」



これを見ようとすれば、

大体が胡散臭いか、まともなものかが

明確に分かると思います。




ただ、胡散臭いな~と思うものでも、
仕組みを理解して、儲けのカラクリを見て
自分の環境に活かせないか?とかを考えるのも一つです。



一番最悪なパターンは、

本当なのか?とか

儲かるとか?とか

儲からないとか
そういった言われたままの事を

考えるパターンです。



こういった事しか見れない人は、

「仕掛けられている」と考えるべきです。



もちろん、金になる話もあるでしょうが

大元と比較すれば微々たるもの…という事が

一般的です。





「じゃあ、情報商材は、どうなんだよ?」

思われる方も居ると思うのですが、

これも似ていますよね。



もちろん稼げるとしても

稼げる方法を忠実に取り組んで

結果を出したとしても、

販売者の販売報酬には、まず勝てないですから。



何かを学ぶ為に投資をする…というのは
最終的に自分の実力次第です。


そういった「自分への投資」は、儲け話のようで、
儲け話ってわけでもないですが、儲け話と同様に

「仕掛ける側に、支配されている」という事です。




つまり、儲け話と同様に情報商材などの世界でも、

同じく少し視点を高くして見る事は重要です。


つまり、「この仕組みでは、誰が一番儲かるのか」って事です。

殆どの情報商材に、共通して言える事ですが
買って学ぶ人が一番儲かる図式のものなんて無く
その多くが 「仕掛けて売る側」が何より儲かるんです。



だって、「売って儲けよう」としているんですから。




「購入して学ぶ」は、大事だし

「購入して取り組んで稼ぐ知識を覚える事」も大事です。



でも、そういった事以上に

一番上のポジションが何かを理解する事が、大切だって事です。




アレが稼げる。
これが稼げる…
とか、そういった情報に振り回されるよりは、
仕掛ける側が一番儲かりますよ~ という事です。



でも、稼げない人ほど視点が狭く、常に目先の情報に
振り回されて、儲かるとか儲からないとか、色々な夢を

抱いてしまうもの。



もうちょっと上の方から見下ろして見ようよって事が言いたいわけです。



そうすれば、カラクリも見えるし、
儲け話に乗る事もなく、そう言った儲け話をヒントに
さまざまな方向性が見えてきたりする… 



つまり、賢くなれるんです。


これができれば、コインに投資して詐欺られたとか、投資話に乗って
ドロンされたとか、意味不明なトラブルになんか巻き込まれる事は、
一切無い筈です。




だから僕は、儲け話は,乗るものでなく、

見て研究するものだな…と考えています^^;



そして儲け話にしたいなら、

自分を中心とした仕組み構築を考える。



これが大なり小なりベストだと言えるでしょう。




で、実際に儲け話にのって悪い方向に進むと
その損害額は、投資額以上に膨れあがります。


年間で100万円の利益になる と言う話で
1000万注ぎ込んで,ドロンされた場合、「取り返そう」と
本気になると 今度は、自分のお金を取り戻す為に
「タダ働き」が発生し ここでも赤字を喰います。


おまけに法的な処置が、一般的に綺麗な形ですが
ここでも、弁護士費用や その他の費用が必要になり
さらなるお金が追加で、加算され、尚且つ騙された事で、
精神的にも イライラして仕事にも影響を及ぼしたり、人間関係で
ぎくしゃくしたりして二次被害が連なるという事です。


このように言い出すと,元金の2倍、3倍は当たり前に膨れあがります(笑


この業界でも

ここ最近、「やられた!」という声も聞くのですが

流石に可哀想だな~と思いますね。





いや~言える事は、本当に甘い話が転がっていれば
みんな儲かって仕方ないですよ(笑



もしも、甘い話が転がってきたら 利益云々よりも

仕組みを考えてみるという事をしてみて下さい。



そして いずれは、仕掛ける側に立つ。



これを意識しましょー


情報商材で仕掛ける側に立って稼ぐ方法 




では、斉藤でした^^



斎藤さルマガ



 カテゴリ