斉藤です。


いつも購読有り難うございます。


実は、先日から
「LINE使ってないなんて有り得ない」みたいな事を
結構言われるようになったんですが、
未だに使う気にならないですね…(苦笑


個人的には、電話とメールで十分…。

逆にメッセージのやり取りが早いってのは

良い部分もあれば悪い部分もありますからね^^;



ただビジネスで使うという事は、少し僕も目を向けるようになりました。



プライベートに限らずビジネスでもLINEを

使う人は、かなり増加しています。


よく情報商材アフィリエイトなどは
僕も教えている人の中でも


 「メルマガよりLINEじゃ駄目ですか?」

みたいな質問も ここ最近増加傾向があります。



ステップ機能を使うなら勿論LINEの方が

現在は、間違い無く到達率も高いので良いと思います。



一般的なコミュニケーションツールとしては
LINEは、当たり前の領域ですが 今後はビジネスでも

当たり前になって「メルマガ」が死語になるかもしれませんね^^;



まだまだ規模は、少ないものの、
今後増える事は間違い無いし

あくまでも予想ですが、

多くのSNSにも大きな影響を及ぼしてくる

可能性も極めて大きいかもしれません。




というわけで今日は、LINEを含めた

他のSNSについて書いてみました。


ビジネスツールとして、TwitterやFacebookとLINEの比較

image478


ここ最近では、LINEをビジネスツールと

活用して稼ぐ人も増加傾向にありますが

僕の中では、それほど大きな違いがないと考えています。




アフィリエイトのジャンルだけ見ると

TwitterやFacebookをビジネスツールとしては
活用する割合が多いです。


LINEの強みは、到達率など…ですが
Twitterと比較すると 確かに天と地の差がありますね。


ただLINEでも「無意味なBODアカウント」ばかりが
友達では、幾らメッセージが送信できても
何も得られるものはありません。




逆にTwitterでも よりメッセージを見てくれる
アカウントばかりならば、同様の効果を発揮できるのです。




TwitterやFacebookは、アカウントを1人のユーザーが

数多く持ててしまうしバリバリ集客オンリーで

量産したり、自動化している人が居るので、

LINEのように量産し難いツールと比較すると

数に対しての反応が、どうしても薄れる事が多いです。




ただ、LINEはメッセージが届きやすいとも言われるけど
嫌われてしまえばブロックされます。


確かにビジネスツールとしては、都合良いけど
今の段階では、一概にTwitterやFacebookなどよりも効果が
高いというのは、どうかな?と思います。


ただ最終的に長い目で見ると、
見る気のある人は、何を使っていようと見るし、
「うっとうしいな」と思われれば、
何を使ってもブロックされて終了です。




また、BOT系のアカウントに関しては、
幾ら集めても効果は何もありませんけどね(笑

LINEが及ぼすSNSの影響


例えばTwitterでも、的を絞ってフォロワーを
集めるという事をすれば比較的濃いフォロワーばかりで
固める事が可能です。


例えば自分がゲーム系のアカウントや
ブログをお持ちで、「ゲームに興味ある属性」を
集めたい場合は、このように ゲームに特化した
アカウントを探してフォロワーを見る事です。

image477


ゲームアカウントでも色々と識別方法があるのですが、
結論から言えば、


相互フォローをしているBOD系のアカウントより
自らユーザーがフォローしている方が多いような
アカウントのフォロワーをフォローしていくという事です。



もちろん数打ちゃ当たるという理論もありますが
どんどん色々なアカウントが増えて膨らんでいるので
時間の経過と共に おかしなアカウントも増えている。


TwitterもFacebookも アカウント自体は複数持つ事ができますからね^^



だから一定割合除外する事で、アクティブなフォロワーや
友達を増やす事ができるのですが 問題は、この先、

ユーザーの動向が、どうなるか?です。




LINEの場合はTwitterやフェイスブックと比較すると
量産の方法が少し難しいという難点があるので、
TwitterやFacebookよりは、アクティブなアカウントが多いです。



つまり、


アカウントの質がLINEは、量産し難い為に高い。
TwitterやFacebookは、量産が容易で使い捨てアカウントが多く質が低い。
LINEの方がメッセージが早く確実に届く。




というわけです。



まだまだ これから先は見えませんが
LINEもタイムラインの投稿にハッシュタグが使えたり
FBのような投稿もできるようになっていますから
ここで怖い事は、FBユーザーやTwitterユーザーが
離れてLINE一本化にするという問題
ですね。


LINEでタイムライン投稿して、動画や画像も同じように
アップロードしていく事ができれば、わざわざ
Facebookを使う必要性がなくなってくるわけです。


ブラウザ版のLINE



メッセージも通話もLINEを使う人の場合、
逆に1本化できちゃいますからね^^


今人気のSNSと言えば、

Facebook
Twitter
インスタグラム


…この辺がメインですが、1日の時間は限られているので
「LINE1本でSNS同様の役割が果たせれば他は、必要ない」
となる筈です。


アフィリエイトなど抜きにすると
わざわざ あれもこれも使えば使うだけ
費やす時間も消耗するし 日常生活でも
LINEをフル活用している場合は、
「LINE1本化」というユーザーも増えると思います。



こう考えると 今後は、「LINEを使った手法」が
ますます有効になってくるんじゃないかな?と
思える所です^^


ただ、LINEをビジネスに使っていると言えば

メルマガを使った情報発信⇒メルマガからLINEで行う
あるいは、

SNSのように友達を増やして情報発信に使う。



このような感じです。

どちらもLINEを使えば現時点では、
最高の結果に結び付けやすいのかな…?と思います。



メルマガ読者などをサイトで募集しているなら
LINEも導入してみると、思ったより伸びる可能性は
十分あると思いますよ^^




では、斉藤でした。



 カテゴリ
 タグ