斎藤です。


いつも購読有り難うございます。



ちょうど何かの本を読んでいる時に「報酬系」というものが出てきましたので

聞き慣れないな~と調べてみました。



報酬系回路とか言われたりするもので

ネットビジネスで稼げる人と稼げない人と

深く関係あるな~と思ったので少し書いてみました。


image66


例えば、食欲が満たされた時や
性欲が満たされた時などの生理的な欲求に加えて
他人に認められたり、愛されたりした時のような
社会的欲求に満たされた時や、満たされると期待できる状態になると
快楽物質を分泌すると言われています。


これは、人間だけに限らず、動物も同じようなもので、
この快楽物質が欲しい為に色々な行動にでるそうです。


報酬系とネットビジネスのモチベーション




贅沢したいから、お金を稼ぎたいとか、
認められたいから勉強をもっと頑張りたいとか、
女性にモテたいからダイエットしたり
男性にモテたいから美容に励んだり……


これらも全て快楽物質が無ければモチベーションも保てないという事ですね。


お金を稼いで贅沢する事で快楽物質が分泌されるわけですから
この快楽物質が無ければ、そもそもお金を稼いで贅沢したいという事すら
無くなってしまうのです。


つまり、お金=報酬 ではなく 快楽物質=報酬なので
この報酬が無ければ お金を稼いで贅沢したいとは

思わなくなくなるという事です。


お金を稼いだり お金がたくさんある事に
幸せを感じ無い人や、異性にモテたいと
思わない人は、満たされても快感なんて感じる筈もありません(笑



そして快楽や快感は、薬同様に中毒性があり、
一度でも味を占めると、た何度も繰り返してやりたくなるというわけです。



ギャンブル中毒

アルコール中毒



というのも 同じ仕組みじゃないかと思います。




この報酬系は、実際にラットでの実験で、報酬回路が存在する
中脳といわれる部分に電気を走らせて、神経を刺激する装置を
作り、自らレバーを押すと、電気が走る事を覚えさせられたラットは、
動けなくなるまでレバーを押し続けたという実験結果もあるようで
ラットがレバーに辿り着くまでに電気の通った網をおいても
足が火傷して 動けなくなるまで やめようとしなかったらしいです。


体力の限界まで動けなくなるまで辞めないというのは
ある意味、最も最高の刺激といってもよいでしょうねw
まさにモチベーションMAXの状態でしょう。



で、ポイントは、最初にも伝えたように、
満たされた時だけでなく、満たされると期待できる状態でも
分泌される事がポイントです。


満たされるという所は、食欲でも性欲でも ほぼ一緒。



でも、満たされると期待できる状態というのは、個人差があるものです。




例えば ビジネスノウハウを見て、
稼げるイメージが沸いた時と、湧かない時では、
明らかに行動が変わってきます。


稼げるイメージが沸いた時には、行動しますが、
イメージが沸かなければ 行動に移す人が少ないのも まさに
この原理。


満たされると期待出来る状態=イメージの有り無し


といった具合に変わってくるのですが
このイメージの沸く、湧かないも過去の経験や知識で大きく変わります。



色々なビジネスの方法論を見ても

真っ先に期待するのは、自分の頭の中で

イメージができるものです。



他にも愛されたいとか認められたいという部分においても
今までの経験で、期待を持つ状態というのも大きく変わってきます。


好きな人からメール一通来るだけで喜ぶ人も居れば
体の関係を持つまで喜ばない人も居るわけです。


つまり欲求が満たされると期待する段階は、
個人差があると言えるのですが
結果として それぞれ快楽物質とやらを分泌する対象は
自由に変化できるという事です。


この快楽物質を得る為に必至になる力がモチベーションと
考えると 脳次第では、自由にコントロールできるという事になります。



モチベーションをコントロールする方法



人間は基本的に飽き性です。


当たり前だけど、期待もない欲求も満たされない…という
状況だと モチベーションなんて湧きませんし、
実際に、この快楽物質の分泌を多く経験している人でないと
欲する事もないわけです。


例えば 会社で仕事をしていて努力しても しなくても
給与が同じなら 今回話しているような報酬系が
刺激される事もないわけです。


逆に 自分の努力次第では、大きな収入になったり
下手すると大きなリスクがあるような環境で得られる収入には
快楽を感じやすい筈です。


簡単に言えば自分の行動次第で結果が大きく変わるような場合には
刺激や快感が大きくなって「もっと欲しい!」とモチベーションも
高まってくるのです。



また快楽の為にお金が欲しいという事と、
今の生活から逃げる術としてのお金とは
全く違うものです。



今まで色々な人をサポートしたり教えてきましたが
ただ今の生活から逃げる術程度で、お金が欲しいと始める人で
成果を出してる人は少ないです。


反面、快楽の為にお金が欲しいという人のほうが稼いでいる人が多いです。



ビジネスは、ノウハウも大事ですが、それ以前に
モチベーションが保てなければ なかなか大きな結果が出せないです。



というか 行動に移してもすぐに辞めて…を繰り返しています(笑




モチベーションを高い状態を維持できていると
例えば寝る時間も削って打ち込んだり、
お腹が空いていても空腹のままで作業し続けたり
知識やノウハウを吸収する為に膨大な お金を投じたりできるものです。


でもモチベーションが保てない時は、
到底そんな事はできないです。


結局のところは、強い快楽物質を得られる要素が無ければ

「その為に頑張ろう」というようなモチベーションも湧かないのです。


なのでお金を稼ぎたいというならば、
お金を稼ぐ事で欲求が満たされる強いイメージがあれば
より良いって事ですね。


逆にこれらが無ければ
どれだけ良いノウハウがあっても

モチベーションも保つ事ができず、

最大の力を発揮する事ができないので
中途半端で終わるというのも頷けます。



ノウハウが大事とか
誰から学べばうまくいくとか
基本的に あまり深く関係ないって事ですね(笑


あくまでもこれらは、動機の一つであって
結局のところ、伸びる人は何をやっても伸びるというのは
まさに こういう事だったりするんだろう…と感じましたね。





ビジネスに関しては、ノウハウも大事だけど、
モチベーションを最大源にして維持継続できる状態で
取り組む事が一番うまくいく秘訣ですね。




では では斎藤でした。


 カテゴリ