今夜も満席 〜 トリプルAチャート 5/27

先週の日曜日は満席DJのちゃーりーさんと葛西さんと、石狩浜で凧揚げしてきました。正月でも無いのに凧揚げなのと、夏でも無いのに海です。
凧揚げ、意外と忘れられたレジャーだと思いますが、とっても気持ちいいですよ。

R&R Triple A Chart (2006/5/26)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 Ben Harper / Better Way Ben Harper - Both Sides of the Gun - Better Way (War Mix)
2 2 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
3 3 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
4 5 Mat Kearney / Nothing Left To Lose
5 4 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
6 6 Red Hot Chili Peppers / Dani California
7 7 KT Tunstall / Suddenly I See KT Tunstall - Eye to the Telescope - Suddenly I See
8 11 Mark Knopfler & Emmylou Harris / This Is Us Emmylou Harris & Mark Knopfler - This Is Us - Single - This Is Us
9 8 Coldplay / Talk Talk
10 9 Augustana / Boston
11 10 Guster / One Man Wrecking Machine
12 14 James Blunt / High
13 15 Chris Isaak / King Without A Castle
14 16 Goo Goo Dolls / Stay With You
15 13 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
16 12 Little Willies / Roll On The Little Willies - The Little Willies - Roll On
17 17 Los Lonely Boys / Diamonds
18 20 Snow Patrol / Hands Open Snow Patrol - Eyes Open - Hands Open
19 18 Raconteurs / Steady, As She Goes The Raconteurs - Broken Boy Soldiers (Japan Edition) - Steady, As She Goes
20 23 Gomez / How We Operate

先週に続き、ベン・ハーパーの「Better Days(ベター・デイズ)」が1位。2週目のナンバーワンです。オルタナチャート1位の、Red Hot Chili Peppersも、ここトリプルAチャートでは6位キープと、強力なライバルもいなさそうなのでしばらく1位をキープすると予想します。
 今週は、11位にランクインしている Guster(ガスター) の 「One Man Wrecking Machine」を紹介。ガスターは、アメリカはボストンで結成されたバンドで、1990年代より活動しています。前作「Keep It Together」まではトリオ構成だったのですが、今作よりメンバーが増え4人組となりました。
 この「One Man Wrecking Machine」は、6月にアメリカでリリースが予定されている5枚目のオリジナルアルバム、「Ganging Up On The Sun」からの先行シングルです。
 残念ながら、彼らが今まで発表したアルバム全てが国内盤未発売。とても良いバンドなので、今作からヒット曲が生まれることにより、日本でも知名度が上がると良いのですが…。

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 5/20

いつまで経ってもジャック・ジョンソンが1位だったので、更新さぼってました(ウソ)。ほぼ一月ぶりの更新です。その間に、さっぽろ村ラジオのスタジオが移動した模様です。新住所は、東区北12条東7丁目 光星ショッピングセンター2階。

なんと、我が家から徒歩3分。てか、近すぎ。

オンエア始まってからでも余裕で奇襲できる距離ですw

R&R Triple A Chart (2006/5/19)
TW LW ARTIST / TITLE
1 2 Ben Harper / Better Way Ben Harper - Both Sides of the Gun - Better Way (War Mix)
2 1 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
3 4 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
4 3 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
5 5 Mat Kearney / Nothing Left To Lose
6 6 Red Hot Chili Peppers / Dani California
7 7 KT Tunstall / Suddenly I See KT Tunstall - Eye to the Telescope - Suddenly I See
8 8 Coldplay / Talk Talk
9 9 Augustana / Boston
10 11 Guster / One Man Wrecking Machine
11 15 Mark Knopfler & Emmylou Harris / This Is Us Emmylou Harris & Mark Knopfler - This Is Us - Single - This Is Us
12 12 Little Willies / Roll On The Little Willies - The Little Willies - Roll On
13 10 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
14 16 James Blunt / High
15 14 Chris Isaak / King Without A Castle
16 20 Goo Goo Dolls / Stay With You
17 19 Los Lonely Boys / Diamonds
18 21 Raconteurs / Steady, As She Goes The Raconteurs - Broken Boy Soldiers (Japan Edition) - Steady, As She Goes
19 13 Train / Cab
20 18 Snow Patrol / Hands Open Snow Patrol - Eyes Open - Hands Open

12週にも渡り、1位の座をキープし続けたジャック・ジョンソンに変わり、ベン・ハーパーの「Better Days(ベター・デイズ)」が1位になりました〜。以前もご紹介したように、3月に発売された2枚組アルバム「Both Sides of the Gun(ボウス・サイズ・オブ・ザ・ガン)」からのシングルです。日本のiTunes Music Storeで、長い間1枚目と2枚目の曲名が逆になっていたデジタルダウンロード版も、最近ようやく修正されたようなので興味のあるかたは試聴してみてください。

 今週は、9位にランクインしている Augustana(日本表記がわかりません) の 「Boston」を紹介。昨年9月に発売されたデビューアルバム「All the Stars and Boulevards」からのシングルで、長い期間をかけてじわじわと売れているようです。The Fray(フレイ)の Over My Headも同様「じわ売れ」していて、原因はわかりませんが昨年発売されたColdplayのアルバムに物足りなかった人々が、新たなピアノロックを求めているからなのでしょうか?(謎)

現在、Augustanaは、Snow Patrol(スノー・パトロール)と全米ツアーの真っ最中。6月いっぱいは、Snow Patrolとのツアーで、7月からは、The Frayとの全米ツアーが予定されています。…てか、このメンツで日本に来て欲しいですが、その前にThe Frayと共に、国内盤のリリースを期待しましょう。

参考までに、Triple A系で国内盤がリリースされていないアルバム〜Sony編をw

All the Stars and Boulevards - Augustana
How to Save a Life - The Fray
Nothing Left to Lose - Mat Kearney
Brandi Carlile - Brandi Carlile
Underage Thinking - Teddy Geiger
Switch - INXS

どのアルバムも、現在のところ国内盤発売予定リストには入ってません。どれも良いアルバムなのに!


今夜も満席 〜 トリプルAチャート 4/22

今回は更新が遅くなりました。すみません…。
早速、チャートのほうを紹介。

R&R Triple A Chart (2006/4/21)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
2 3 Ben Harper / Better Way
3 2 Train / Cab
4 6 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
5 5 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
6 8 Mat Kearney / Nothing Left To Lose
7 4 Coldplay / Talk Talk
8 9 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
9 7 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
10 10 Fray / Over My Head (Cable Car)
11 11 KT Tunstall / Suddenly I See KT Tunstall - Eye to the Telescope - Suddenly I See
12 16 Red Hot Chili Peppers / Dani California
13 18 Guster / One Man Wrecking Machine
14 12 David Gray / Tell Me Something (Hospital Food)
15 13 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
16 17 Augustana / Boston
17 23 Little Willies / Roll On The Little Willies - The Little Willies - Roll On
18 15 David Gilmour / On An Island
19 22 James Blunt / High
20 14 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People The Subdudes - Papa Dukie & The Mud People - Single - Papa Dukie and the Mud People (Edit)

 先週末のオンエアでは、チャートのちょっと外側、22位にランクインしている Snow Patrol(スノー・パトロール)の「Hands Open」を紹介。
 メンバー全員がアイルランド出身のスノー・パトロール。UKだけでは無く、アメリカやここ日本でも大ヒットした前作「ファイナル・ストロー」に続くニューアルバム「Eyes Open 」からのアメリカマーケット用シングルがこの曲。ちなみにUKのほうでは、別の曲「You're All I Have」がリードシングルとしてカットされています。
 前作までは4人組だった彼らですが、今作ではベーシストが入れ替わり、更に新たにキーボードのメンバーが加入して、5人組の新生スノー・パトロールとしての再スタートとなります。日本先行発売のこのアルバム、プロデュースは同じアイルランド出身のU2の最新作にも参加していたジャックナイフ・リー。昨年そのU2とツアーを一緒に周ったときに影響されたのか、今作は壮大なロックに仕上がっています。前作同様、このアルバムからも多くの曲がトリプルAチャートにランクインすることになるでしょうね。
 オンエアでは、もう1曲。Death Cab For Cutie(デスキャブ・フォー・キューティー)の、「Crooked Teeth」を紹介しました。こちらも昨年末に1位をキープしていた「Soul Meets Body」に続いてのヒットとなっています。

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 4/15

昨日は、全米ヒットチャート特集ということで、R&RトリプルA以外にBillboardチャート、R&Rからもポップ(CHR/POP)、ロック(ROCK)、オルタナティブ(Alternative)、ホット・アダルト・コンテンポラリー(Hot AC)、アダルト・コンテンポラリー(AC)チャートを紹介しました。

オンエアリストです。
1.ビルボードHOT100より
 Artist: Daniel Powter (ダニエル・パウター)
 Title: Bad Day (バッド・デイ)
2.ビルボードアルバムチャートより 
 Artist: Rascal Flatts (ラスカル・フラッツ)
 Title: What Hurts The Most (ホワット・ハート・ザ・モースト)
3.R&R CHR/POPチャートより
 Artist: Mary J. Blige (メリー・J・ブライジ)
 Title: Be Without You (ビー・ウイズアウト・ユー)
4.R&R ROCKチャートより
 Artist: Pearl Jam (パール・ジャム)
 Title: World Wide Suicide (ワールド・ワイド・スイサイド)
5.R&R Alternativeチャートより
 Artist: Red Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
 Title: Dani California (ダニー・カリフォルニア)
6.R&R Triple Aチャートより
 Artist: Mat Kearney (マット・カーニー)
 Title: Nothing Left To Lose (ナッシング・レフト・トゥ・ルーズ)
7.R&R Triple Aチャートより
 Artist: Death Cab For Cutie (デス・キャブ・フォー・キューティー)
 Title: Crooked Teeth (クロークド・ティース)
8.R&R Triple Aチャートより
 Artist: Jack Johnson (ジャック・ジョンソン)
 Title: Upside Down (アップサイド・ダウン)
9.R&R HOT ACチャートより
 Artist: Rob Thomas (ロブ・トーマス)
 Title: Ever The Same (エヴァー・ザ・セイム)
10.R&R HOT ACチャートより
 Artist: Bon Jovi w/Jennifer Nettles (ボン・ジョヴィ&ジェニファー・ネトルズ)
 Title: Who Says You Can't Go Home (フー・セイズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム)
11.R&R ACチャートより
 Artist: James Blunt (ジェームス・ブラント)
 Title: You're Beautiful (ユー・アー・ビューティフル)
12.R&R ACチャートより
 Artist: Lifehouse (ライフハウス)
 Title: You and Me (ユー・アンド・ミー)



通常通り、チャートのほうも紹介。

R&R Triple A Chart (2006/4/14)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
2 2 Train / Cab
3 7 Ben Harper / Better Way
4 3 Coldplay / Talk Talk
5 4 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
6 5 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
7 6 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
8 11 Mat Kearney / Nothing Left To Lose
9 8 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
10 9 Fray / Over My Head (Cable Car)
11 13 KT Tunstall / Suddenly I See KT Tunstall - Eye to the Telescope - Suddenly I See
12 10 David Gray / Tell Me Something (Hospital Food)
13 14 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
14 12 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People The Subdudes - Papa Dukie & The Mud People - Single - Papa Dukie and the Mud People (Edit)
15 16 David Gilmour / On An Island
16 - Red Hot Chili Peppers / Dani California
17 18 Augustana / Boston
18 27 Guster / One Man Wrecking Machine
19 15 U2 / Original Of The Species Original of the Species
20 17 O.A.R. / Love And Memories

今週は、集計ステーションの入れ替わりがあったために、ランクの動きが今までより多いですね。そんな中、今週もジャック・ジョンソンが1位をキープ。2位とのエアプレイ数の開きも広がっているようです。
 今週は8位にランクインしたMat Kearney (マット・カーニー)の「Nothing Left To Lose」を紹介。
 アメリカはオレゴン州出身。現在はテネシー州ナッシュビルで活動するマット・カーニー。今回、メジャー移籍後初のアルバムとなる「Nothing Left To Lose 」をアメリカで4月18日にリリースします。レーベルは、ジョン・メイヤーやカイル・リアブコと同じ Columbia/Aware レーベル。トリプルAと言えば、このレーベルが真っ先に思い浮かぶ人も多いかと思います。残念ながら現在のところ、国内盤の予定は無いようですが、今後のチャートアクション次第では発売の可能性もあるかもしれません。
 サウンドのほうは、アコースティックなPOPSとフォークなHipHop。「Nothing Left〜」はアコースティックでPOPな曲なのですが、アルバム中の別の曲では、HipHopのリズムに彼がラップをするなどと言った、ちょっと変わったアプローチで聞かせてくれます。歌詞のほうは、キリスト教のメッセージ色が強い、いわゆるクリスチャンミュージックで、R&R誌のクリスチャンチャート(Christian CHR National Airplay)のほうにもランクインしています。こんな感じでちょっと異色なアーティストがランクインするのも、トリプルAチャートならでは。といったとこでしょうか。

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 4/8

放送でのコーナーがお休みなので、今週はチャートのみの紹介です。

R&R Triple A Chart (2006/4/7)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
2 3 Train / Cab
3 2 Coldplay / Talk Talk
4 4 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
5 6 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
6 5 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
7 9 Ben Harper / Better Way
8 10 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
9 8 Fray / Over My Head (Cable Car)
10 12 David Gray / Tell Me Something (Hospital Food)
11 16 Mat Kearney / Nothing Left To Lose
12 11 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People The Subdudes - Papa Dukie & The Mud People - Single - Papa Dukie and the Mud People (Edit)
13 14 KT Tunstall / Suddenly I See KT Tunstall - Eye to the Telescope - Suddenly I See
14 13 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
15 7 U2 / Original Of The Species Original of the Species
16 17 David Gilmour / On An Island
17 19 O.A.R. / Love And Memories
18 18 Augustana / Boston
19 20 Brandi Carlile / What Can I Say
20 25 Little Willies / Roll On The Little Willies - The Little Willies - Roll On

ところで、先々週2枚組のディスクを間違えてオンエアしてしまった、Ben Harperの「Better Way」。実は現在 Appleの iTunes Music StoreのJapanストアでも、曲が間違えて売られています。いや〜、結構同じ間違いをするんですね〜。ハハハ・・・。

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 4/1

3/29に札幌ドームで行われたローリング・ストーンズのライブ。番組DJのちゃーりーさんとムンパ仲間達とで行ってきました!60歳を過ぎたメンバーの体力がタフなのに驚き。自分も鍛えなきゃ。。。
そして暦はもう4月。さっぽろにも本格的な春が早くくるといいですね。
では、今週のチャート。

R&R Triple A Chart (2006/3/31)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
2 2 Coldplay / Talk Talk
3 3 Train / Cab
4 6 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
5 5 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
6 8 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
7 4 U2 / Original Of The Species Original of the Species
8 9 Fray / Over My Head (Cable Car)
9 10 Ben Harper / Better Way
10 7 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
11 11 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People The Subdudes - Papa Dukie & The Mud People - Single - Papa Dukie and the Mud People (Edit)
12 13 David Gray / Tell Me Something (Hospital Food)
13 12 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
14 19 KT Tunstall / Suddenly I See KT Tunstall - Eye to the Telescope - Suddenly I See
15 14 Goo Goo Dolls / Better Days
16 18 Mat Kearney / Nothing Left To Lose
17 16 David Gilmour / On An Island
18 20 Augustana / Boston
19 15 O.A.R. / Love And Memories
20 22 Brandi Carlile / What Can I Say
 今週は4位にランクインしている Shawn Mullins(ショーン・マリンズ)のBeautiful Wreckを紹介。
 米国アトランタ出身、1968年生まれのショーン・マリンズ。1998年に発表したアルバム「ソウルズ・コア」からの「ララバイ」という曲が全米で大ヒット。99年のグラミー賞にもノミネートされました(BEST POP MALE VOCAL部門)。その後、2000年のアルバム「ビニース・ザ・ヴェルヴェット・サン」を経て、2003年に彼と同じくシンガーソングライターとして活躍するマシュー・スウィートとピート・ドロージと3人で、The Thorns(ザ・ソーンズ)を結成。トリプルAではおなじみのブレンダン・オブライエンをプロデュースに迎え、CS&Nを彷彿させるハーモニーがとても美しい作品をリリースしたのは記憶に新しい所です。
 今作は、今まで所属していたSony Musicから離れ、Vanguard Recordsに移籍後初の作品「9th Ward Pickin Parlor」からの1stシングルとなっています。
 アルバムは、アコースティックなシンガーソングライター的作品となっており、今までの作品よりもフォークやカントリーなテイストが濃くなっています。

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 3/25

今週はひさびさに番組のほうにお邪魔します。放送では、AAAチャートにこだわらず、最近オススメの「大人のロック」を紹介する予定。
それでは、今週のチャートを紹介。

R&R Triple A Chart (2006/3/24)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
2 2 Coldplay / Talk Talk
3 3 Train / Cab
4 5 U2 / Original Of The Species Original of the Species
5 6 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
6 7 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
7 5 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
8 9 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
9 8 Fray / Over My Head (Cable Car)
10 10 Ben Harper / Better Way
11 11 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People The Subdudes - Papa Dukie & The Mud People - Single - Papa Dukie and the Mud People (Edit)
12 12 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
13 14 David Gray / Tell Me Something (Hospital Food)
14 13 Goo Goo Dolls / Better Days
15 15 O.A.R. / Love And Memories
16 18 David Gilmour / On An Island
17 16 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
18 19 Mat Kearney / Nothing Left To Lose
19 21 KT Tunstall / Suddenly I See KT Tunstall - Eye to the Telescope - Suddenly I See
20 20 Augustana / Boston

 今週は10位にランクインしている Ben Harper(ベン・ハーパー)のBetter Wayを紹介。
 LAカウンティ出身、1969年生まれのベン・ハーパーは、94年にデビューしてから今作で6枚目のアルバムとなる「Both Side of a Gun」をこの3月にリリースしました。
 今作は2枚組のアルバムになっており、曲風によって白盤・黒盤の2枚に分けられた楽曲たちは、それぞれアコースティックなものとソウルフルなものに仕上がっています。今回ランクインしているのは黒盤のほうの1曲目に収録されている「Better Way」。彼の「どんなに暗い時でもポジティブな側に立つというのが、常に変わらない僕のテーマだ」という信条を歌っています。
 また、ベンはジャック・ジョンソンと交流が深いことでも知られ、例のキュリアス・ジョージのサントラにも「フレンズ」の一人として参加しています。
 

続きを読む

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 3/18

今週は、コーナーがお休みでしたので、チャートのみの紹介です。

R&R Triple A Chart (2006/3/17)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
2 2 Coldplay / Talk Talk
3 3 Train / Cab
4 5 U2 / Original Of The Species Original of the Species
5 4 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
6 6 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
7 15 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
8 7 Fray / Over My Head (Cable Car)
9 12 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
10 11 Ben Harper / Better Way
11 13 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People The Subdudes - Papa Dukie & The Mud People - Single - Papa Dukie and the Mud People (Edit)
12 9 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
13 8 Goo Goo Dolls / Better Days
14 16 David Gray / Tell Me Something (Hospital Food)
15 14 O.A.R. / Love And Memories
16 10 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
17 17 Feist / Mushaboom Mushaboom
18 20 David Gilmour / On An Island
19 19 Mat Kearney / Nothing Left To Lose
20 23 Augustana / Boston

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 3/11

本日、人気のnintendo DS liteの販売がありましたね。各地で深夜からの行列ができたそうですが、このblogを見てる人で欲しいと思っている方は無事に入手できたでしょうか?一日も早く品薄が解消して、皆さんの手に渡るといいですね。というわけで、今週のチャートを紹介。

R&R Triple A Chart (2006/3/10)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
2 2 Coldplay / Talk Talk
3 4 Train / Cab
4 3 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
5 5 U2 / Original Of The Species Original of the Species
6 9 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
7 6 Fray / Over My Head (Cable Car)
8 7 Goo Goo Dolls / Better Days
9 10 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
10 8 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
11 15 Ben Harper / Better Way
12 18 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
13 14 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People The Subdudes - Papa Dukie & The Mud People - Single - Papa Dukie and the Mud People (Edit)
14 17 O.A.R. / Love And Memories
15 12 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
16 16 David Gray / Tell Me Something (Hospital Food)
17 11 Feist / Mushaboom Mushaboom
18 19 Neil Young / Far From Home
19 20 Mat Kearney / Nothing Left To Lose
20 22 David Gilmour / On An Island

 今週は20位の、David Gilmour(デヴィッド・ギルモア)の 「On an Island」 を紹介。
 デヴィッド・ギルモアは、60年代から活躍するバンド、ピンク・フロイドのギタリストで、1984年に発表された前作より、実に22年ぶりのソロ名義のアルバムをリリースしました。
ピンク・フロイドは昨年行われたライブ8で、25年前にバンドを去ったメンバーのロジャー・ウォーターズと長年に渡る確執から和解し、素晴らしいステージを見せてくれたのも記憶に新しいのですが、今回のリリースはピンクフロイドでは無く、デヴィッドのソロ作品。
 アルバムと同タイトルの先行シングル「On an Island」は、ジャケット写真の青く暗い夜の海の風景が思い浮かぶようなアコースティックな曲に仕上がっています。残念ながら、まだアルバムを通して聞けていないので、他の曲がどんな感じなのかわかりませんが、往年のファンにも新しいファンにも評価してもらえる作品になっているのでは無いかと思われます。ちなみに、このアルバムは米盤・ヨーロッパ盤ともに今週発売されており、国内盤は3月24日発売予定となっています。

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 3/4

 もう3月になっちゃいました。毎日忙しい人にも、ぼんやり過ごしてるにも、もうすぐ春がやってきますよ!ということで、3/3のチャートを紹介。

R&R Triple A Chart (2006/3/3)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
2 2 Coldplay / Talk Talk
3 3 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
4 4 Train / Cab
5 5 U2 / Original Of The Species Original of the Species
6 6 Fray / Over My Head (Cable Car)
7 7 Goo Goo Dolls / Better Days
8 9 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
9 10 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
10 8 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
11 12 Feist / Mushaboom Mushaboom
12 11 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
13 13 James Blunt / You're Beautiful
14 18 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People The Subdudes - Papa Dukie & The Mud People - Single - Papa Dukie and the Mud People (Edit)
15 21 Ben Harper / Better Way
16 17 David Gray / Tell Me Something (Hospital Food)
17 14 O.A.R. / Love And Memories
18 20 Death Cab For Cutie / Crooked Teeth
19 15 Neil Young / Far From Home
20 19 Mat Kearney Nothing Left To Lose

 Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)の Upside Downが2週目の1位。今週は、トップ10の顔ぶれが先週と全く同じで、上位7位に至っては先週と順位までもが同じ…と、ラジオチャートならではの安定したチャートになっています。来週以降も大きな動きは無いように予想できますが、どうなることでしょうか。

 今回紹介するのは今週9位にランクインしている、英国出身の女性ボーカリスト Beth Orton(ベス・オートン)のConceived(コンシーヴド)。2月に発売された彼女のニューアルバム Comfort Of Strangers(コンフォート・オブ・ストレンジャーズ)からの1stシングルです。3年半ぶりに発表された今作は、日本通でおなじみのジム・オルークがプロデュースで参加しており、サウンドはいたってシンプルでアコースティックなものに仕上がっています。美しいメロディーと繊細なボーカルを聞かせてくれる良作は、優しい気分になれる1枚です。

公式HP:http://bethorton.astralwerks.com/

 「今夜は満席」オンエア曲は、放送をお楽しみに。

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 2/24

 荒川選手がやりました!金メダルおめでとうございます。時差の関係で、日本時間の早朝から始まったトリノ冬季五輪フィギュアスケート女子。いつもより早く起きた人や、出勤時間ギリギリまで応援してた人などさまざまかもしれませんが、週末は少し朝寝坊できる…といいですね。というわけで、2/24のチャートを紹介。

R&R Triple A Chart (2006/2/24)
TW LW ARTIST / TITLE
1 2 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
2 1 Coldplay / Talk Talk
3 3 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
4 5 Train / Cab
5 4 U2 / Original Of The Species Original of the Species
6 6 Fray / Over My Head (Cable Car)
7 8 Goo Goo Dolls / Better Days
8 7 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
9 10 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
10 14 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
11 12 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
12 13 Feist / Mushaboom Mushaboom
13 9 James Blunt / You're Beautiful
14 18 O.A.R. / Love And Memories
15 16 Neil Young / Far From Home
16 11 Trey Anastasio / Shine
17 15 David Gray / Tell Me Something (Hospital Food)
18 19 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People
19 21 Mat Kearney Nothing Left To Lose
20 20 Death Cab For Cutie Crooked Teeth

 今週は、Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)の Upside Downが1位。もう、チャートの1位も、「今夜は満席」の放送内でも常連ですね。この曲は、2/10のチャートで紹介しているので、そちらをどうぞ。

 今回紹介するのは、じわじわとチャートを上ってきている今週4位のバンド、Train(トレイン)の「Cab」という曲。トレインは、1998年にデビューしたアメリカ西海岸出身のバンドで、今月発売された4thアルバム「For Me,It's You」よりの1stシングルがランクインです。プロデュースはおなじみ、ブレンダン・オブライエン。
 全米では、2002年にグラミー賞のRecord of the Year(最優秀レコード)にノミネートされるほどの人気を誇るバンドなのですが、残念なことに日本国内での盛り上がりは今ひとつ。サウンドは、日本でも大人気のMaroon 5(マルーン5)のようなとても馴染みやすいポップ・ロックに仕上がっています。過去のアルバム含めて全てのアルバムが国内盤でリリースされていますので、一度聞いてみて下さい。レンタルCD屋さんにもあると思います。

 「今夜は満席」オンエア曲は、放送をお楽しみに。

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 2/17

 オリンピックも中盤に入りました。残念ながら今のところメダルは獲得できてませんが、後半戦に期待です。深夜の観戦で眠たい人も多いかとは思いますが、週末は、さっぽろ村ラジオの「今夜も満席」で、AAAな音楽と共に過ごしてみてはいかがでしょうか。
 今回からは、オンエア前にblogをアップしたいと思います。ここで紹介した曲と、DJのちゃーりーさんの選曲から当日はオンエア。というわけで、2/17のチャートを紹介。

R&R Triple A Chart (2006/2/17)
TW LW ARTIST / TITLE
1 2 Coldplay / Talk Talk
2 3 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
3 1 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
4 4 U2 / Original Of The Species Original of the Species
5 6 Train / Cab
6 7 Fray / Over My Head (Cable Car)
7 5 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
8 9 Goo Goo Dolls / Better Days
9 8 James Blunt / You're Beautiful
10 11 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
11 10 Trey Anastasio / Shine
12 15 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
13 12 Feist / Mushaboom Mushaboom
14 14 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
15 18 David Gray / Tell Me Something
16 16 Neil Young / Far From Home
17 17 Rolling Stones / Rain Fall Down Rain Fall Down
18 19 O.A.R. / Love And Memories
19 21 Subdudes / Papa Dukie & The Mud People
20 26 Death Cab For Cutie Crooked Teeth

トーク(CCCD) [Maxi] 今週は、先週までのKT Tunstall(KT・タンストール)に代わり、Coldplay(コールドプレイ)の「Talk(トーク)」が見事1位に。アルバム「X&Y」からの3枚目のシングルで、このアルバムからの2曲目のナンバー1ソングです。前作の「Fix You(フィックス・ユー)」は最高位が4位だったのですが、今作で見事1位に返り咲くことができました。
 先週行われたグラミー賞。主要4部門中、最優秀レコードにグリーン・デイ。最優秀アルバムと最優秀ソングにU2と、トリプルA系のアーティストが3部門を獲得しましたが、残念ながらコールドプレイは無冠に終わりました。しかし、本国イギリスで2/15に行われたブリット・アワーズでは、見事最優秀アルバムと最優秀シングルを獲得。その授賞式の場ではVoのクリス・マーティンが解散を匂わす発言をし、翌日の英EMIの株価にまで影響したらしいです。レコード会社は否定しているようですが、真意のところは不明です。ツアーの最終公演として7月に初の単独来日公演を行うことが発表されたばかりですが、キャンセルにならないことを願います。で、来日公演東京は武道館2days!札幌は…残念ながら予定無しです。ん〜生でステージを見てみたい!!

 最後に、米英の音楽賞においてトリプルA系のアーティストの受賞者を紹介します。
グラミー賞2006
・年間最優秀レコード…グリーン・デイ「Boulevard Of Broken Dreams」
・年間最優秀アルバム…U2「How To Dismantle An Atomic Bomb」
・年間最優秀ソング…U2「Sometimes You Can't Make It On Your Own」
・ベスト・ポップ・パフォーマンス(デュオ/グループ)…マルーン5
・ベスト・ロック・パフォーマンス(ソロ)…ブルース・スプリングスティーン
・ベスト・ロック・パフォーマンス(デュオ/グループ)…U2
・ベスト・ロック・ソング…U2
・ベスト・ロック・アルバム…U2
・ベスト・オルタナティブ・アルバム…ホワイト・ストライプス

ブリット・アワーズ2006
・最優秀アルバム…コールドプレイ「X&Y」
・最優秀シングル…コールドプレイ「Speed of Sound」
・最優秀男性ソロ・アーティスト…ジェームス・ブラント
・最優秀女性ソロ・アーティスト…KT・タンストール
・最優秀ポップ・アクト…ジェームス・ブラント
・最優秀インターナショナル・グループ…グリーン・デイ
・最優秀インターナショナル・アルバム…グリーン・デイ「American Idiot」
・最優秀インターナショナル・新人…ジャック・ジョンソン

 
 「今夜は満席」オンエア曲は、放送をお楽しみに(放送後に追加します)。

続きを読む

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 2/10

今回も更新が遅れてしまいました・・・。
次回からは、無謀にもオンエア前に更新する予定です。おそらく金曜の夜から土曜の昼間にかけて更新する形になると思います。
というわけで、雪祭り期間中2/11オンエア分。

R&R Triple A Chart (2006/2/10)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
2 2 Coldplay / Talk Talk
3 5 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
4 4 U2 / Original Of The Species Original of the Species
5 3 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
6 9 Train / Cab
7 6 Fray / Over My Head (Cable Car)
8 4 James Blunt / You're Beautiful
8 5 Trey Anastasio / Shine
9 10 Goo Goo Dolls / Better Days
11 11 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
12 13 Fiest / Mushaboom Mushaboom
13 12 Aqualung / Brighter Than Sunshine
14 19 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
15 16 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
16 14 Neil Young / Far From Home
17 15 Rolling Stones / Rain Fall Down Rain Fall Down
18 20 David Gray / Tell Me Something
19 22 O.A.R. / Love And Memories
20 17 Dave Matthews Band / Everybody Wake Up

シング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージ 今週は、先週の5位から3位へと着実にランクアップした Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)の Upside Down(アップサイド・ダウン)をオンエア。以前の記事でも取り上げたとおり、映画「おさるのジョージ/キュリアス・ジョージ」のサウンドトラックからの曲です。この曲は以前に何度か歌詞のない状態でレコーディングしたものの、ジャック本人がしっくりいかなかったとの理由でお蔵入りになっていたものを、今回のサントラ用で無事に納得のいく作品に仕上げることができたそうです。おさるのジョージと、ジャックが登場するプロモーションビデオも楽しい作りになっていて、この絵本が大好きというジャックの息子さんのように、お子さんと一緒に楽しめる作品だと思います。

 その他オンエア曲
KT Tunstall / Silent Sea (アルバム Eye to the Telescopeから)



今夜も満席 〜 トリプルAチャート 2/3

先週のiBookの故障で、iTunes Music Storeで購入した音源の入ったHDDが吹っ飛んでしまいました。
バックアップを取ってなかったので、壊れた瞬間とても青ざめましたが、どうにか音楽データを救出できました。皆さんもバックアップはきちんと取りましょう。
ということで、吹雪の中の2/4オンエア分です。

R&R Triple A Chart (2006/2/3)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
2 3 Coldplay / Talk Talk
3 2 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
4 7 U2 / Original Of The Species Original of the Species
5 10 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
6 6 Fray / Over My Head (Cable Car)
7 4 James Blunt / You're Beautiful
8 5 Trey Anastasio / Shine
9 9 Train / Cab
10 11 Goo Goo Dolls / Better Days
11 12 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
12 8 Aqualung / Brighter Than Sunshine
13 14 Fiest / Mushaboom Mushaboom
14 18 Neil Young / Far From Home
15 15 Rolling Stones / Rain Fall Down Rain Fall Down
16 20 Shawn Mullins / Beautiful Wreck
17 17 Dave Matthews Band / Everybody Wake Up
18 13 Jack Johnson / Breakdown In Between Dreams
19 25 Beth Orton / Conceived Conceived (Michael Brauer Radio Mix)
20 - David Gray / Tell Me Something

Shine [DualDisc] [from US] [Import] 今週は、8位のTrey Anastasio(トレイ・アナスタシオ)と、9位のTrain(トレイン)を手がけているプロデューサーのBrendan O'Brien(ブレンダン・オブライエン)を紹介。
 ブレンダンは、1980年代末期からプロデューサー、エンジニアなどとして活動しており、90年代にはPearl Jam(パール・ジャム)や、Rage Against the Machine(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)、Stone Temple Pilots(ストーン・テンプル・パイロッツ)などといった、オルタナ系ロックを中心とした作品を手がけています。2000年以降は、それらのオルタナ系ミュージシャンに加え、Bruce Springsteen(ブルース・スプリングスティーン)のような巨匠や、Train(トレイン)やGraham Colton Band(グラハム・コルトン・バンド)といった若いバンドで、どちらかというとポップな作品も手がけています。どの作品にも共通するのは「アメリカンロック」。アトランタ発の彼のサウンドは、ある時は革命的で、そしてある時は王道のアメリカンロックな作品を提供してくれます。英国の人気バンドThe Music(ミュージック)がアメリカ進出を考え、ブレンダンをプロデューサーに迎えたのも納得です。
 オンエアは、以下の3曲
Train / Calling All Angel (2003年のアルバムMy Private Nationから)
Trey Anastasio / Shine(今週8位)
Wallflowers / God Says Nothing Back(今週25位)




今夜も満席 〜 トリプルAチャート 1/27

自宅のマシン(iBook)が使えなくなってしまって更新遅れてました。
1/27のオンエア分(10〜1位)と11位以降のチャートです。

R&R Triple A Chart (2006/1/27)
TW LW ARTIST / TITLE
1 1 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
2 2 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
3 3 Coldplay / Talk Talk
4 5 James Blunt / You're Beautiful
5 8 Trey Anastasio / Shine
6 5 Fray / Over My Head (Cable Car)
7 7 U2 / Original Of The Species Original of the Species
8 9 Aqualung / Brighter Than Sunshine
9 13 Train / Cab
10 22 Jack Johnson / Upside Down Upside Down
11 10 Goo Goo Dolls / Better Days
12 14 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
13 4 Jack Johnson / Breakdown In Between Dreams
14 11 Fiest / Mushaboom Mushaboom
15 15 Rolling Stones / Rain Fall Down Rain Fall Down
16 12 Herbie Hancock feat.John Mayer / Stitched Up
17 16 Dave Matthews Band / Everybody Wake Up
18 20 Neil Young / Far From Home
19 18 Jamie Cullum / Get Your Way Get Your Way - Single
20 20 Shawn Mullins / Beautiful Wreck

 今週も1位は、KT Tunstall(KT・タンストール)の「Black Horse And The Cherry Tree」でした。

 そして10位には、おなじみ Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)の新曲 Upside Downがランクイン。これは日本でも夏に公開予定の映画「おさるのジョージ/キュリアス・ジョージ」のサウンドトラックにもなっている彼のニューアルバム「シング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム: キュリアス・ジョージ」からの曲です。アルバムは、ジャック・ジョンソン and フレンズ名義でのリリースとなっており、昨年2月にリリースされた「イン・ビトウィーン・ドリームス」に続く新作が早くも届いた形になっています。このアルバムからは何曲のヒットが生まれるでしょうか。

 次週からは通常通り更新します。


今夜も満席 〜 トリプルAチャート 1/20

今週は放送が収録だったため、番組中での紹介はありませんでした。

R&R Triple A Chart (2006/1/20)
TW LW ARTIST / TITLE
1 2 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
2 1 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
3 6 Coldplay / Talk Talk
4 3 Jack Johnson / Breakdown In Between Dreams
5 4 Fray / Over My Head (Cable Car)
6 5 James Blunt / You're Beautiful
7 8 U2 / Original Of The Species Original of the Species
8 7 Trey Anastasio / Shine
9 10 Aqualung / Brighter Than Sunshine
10 11 Goo Goo Dolls / Better Days
11 16 Fiest / Mushaboom Mushaboom
12 9 Herbie Hancock feat.John Mayer / Stitched Up
13 14 Train / Cab
14 17 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
15 12 Rolling Stones / Rain Fall Down Rain Fall Down
16 15 Dave Matthews Band / Everybody Wake Up
17 13 Depeche Mode / Precious Precious - Single
18 18 Jamie Cullum / Get Your Way Get Your Way - Single
19 20 Susan Tedeschi / Tired Of My Tears
20 21 Neil Young / Far From Home

 今週の1位は、KT Tunstall(KT・タンストール)の「Black Horse And The Cherry Tree」。彼女は1975年スコットランド生まれのシンガーソングライターで、「KT」とは、彼女のニックネームであるKatieを略したものだそうです。2004年にUKにてリリースされた1stアルバム「Eye to the Telescope」から、既に本国では4枚のシングルがヒットしていますが、昨年末からアメリカおよびカナダにおいてもプロモーション活動を開始。見事今回のヒットに繋がっています。残念ながら、今の時点では日本盤のリリースは未定。アメリカ盤のアルバムも2月発売とのことで、現在アルバムが入手困難な状態になっていますが、iTunes Music StoreBlack Horse and the Cherry Tree (Radio Version)のほうでダウンロード購入が可能です。
 2006年度のブリット・アワーズにおいて、最優秀ブリティッシュ女性アーティスト、ライヴ・アクト、同新人賞にノミネートされており、今後のワールドワイドな活躍が期待できます。


今夜も満席 〜 トリプルAチャート 1/13

2006年1週目のチャートが更新されたので紹介します。

R&R Triple A Chart (2006/1/13)
TW LW ARTIST / TITLE
1 - Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
2 - KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
3 - Jack Johnson / Breakdown In Between Dreams
4 - Fray / Over My Head (Cable Car)
5 - James Blunt / You're Beautiful
6 - Coldplay / Talk Talk
7 - Trey Anastasio / Shine
8 - U2 / Original Of The Species Original of the Species
9 - Herbie Hancock feat.John Mayer / Stitched Up
10 - Aqualung / Brighter Than Sunshine
11 - Goo Goo Dolls / Better Days
12 - Rolling Stones / Rain Fall Down Rain Fall Down
13 - Depeche Mode / Precious Precious - Single
14 - Train / Cab
15 - Dave Matthews Band / Everybody Wake Up
16 - Fiest / Mushaboom Mushaboom
17 - Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
18 - Jamie Cullum / Get Your Way Get Your Way - Single
19 - Bob Marley feat.Eric Clapton / Slogans
20 - Susan Tedeschi / Tired Of My Tears

The Fray / How to Save a Life 今週は、Frayを紹介。彼らは、コロラド州デンバー出身で、ピアノ&Voのアイザック・スレイドを中心とする4人組です。昨年公開された映画「ステルス」のサントラに収録された、この"Over My Head (Cable Car)"が全米ラジオ局でヘビーローテーションされています。また、2005年9月にファーストアルバム「How To Save A Life」が米epicよりリリースされ、レーベルメイトのベン・フォールズとの全米ツアーも好評でした。
 残念ながら、現在(2006/1)のところ国内盤の発売予定が無いのですが、輸入盤店やネットなどで購入可能です。ColdplayやBen Foldsなどのピアノをメインとしたロックが好きなかたは是非!


今夜も満席 〜 トリプルAチャート 12/24 (放送無し)

今週は放送が特別編成だった為、チャートのみ紹介します。

R&R Triple A Chart (2005/12/23)
TW LW ARTIST / TITLE
1  1 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
2○ 2 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version)
3○ 3 Jack Johnson / Breakdown In Between Dreams
4○ 6 James Blunt / You're Beautiful
5  4 Aqualung / Brighter Than Sunshine
6  5 Fray / Over My Head (Cable Car)
7○ 8 Trey Anastasio / Shine
8○ 7 Herbie Hancock feat.John Mayer / Stitched Up
9○11 Coldplay / Talk Talk
10○10 U2 / Original Of The Species Original of the Species
11○12 Goo Goo Dolls / Better Days
12○13 Depeche Mode / Precious Precious - Single
13  9 Bonnie Raitt / I Will Not Be Broken I Will Not Be Broken - Single
14○16 Dave Matthews Band / Everybody Wake Up
15○17 Bob Marley feat.Eric Clapton / Slogans
16○15 Susan Tedeschi / Tired Of My Tears
17○24 Santana feat.Los Lonely Boys / I Don't Wanna Lose Your Love
18○19 Rolling Stones / Rain Fall Down Rain Fall Down
19○18 Fiest / Mushaboom Mushaboom
20○26 Jamie Cullum / Get Your Way Get Your Way - Single
「○」は赤丸上昇曲。

曲目の後ろに iTunesマークが付きました。iTunesがインストールされていると、試聴および購入が可能です。
全てJapanストアへのリンクになっているのですが、案外購入可能な曲が多いですね。

今夜も満席 〜 トリプルAチャート 12/17放送分

 札幌市東区を中心に活動しているコミュニティFMさっぽろ村ラジオ(FM81.3MHz)にて、毎週土曜夜19:00から放送中の「今夜も満席!」。番組内にて紹介中のトリプルAのコーナーのblog版です。

 さっそく今週のチャートから。

R&R Triple A Chart (2005/12/16)
TW LW ARTIST / TITLE
1○ 1 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
2○ 4 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree
3○ 2 Jack Johnson / Breakdown
4  3 Aqualung / Brighter Than Sunshine
5○ 5 Fray / Over My Head (Cable Car)
6○ 8 James Blunt / You're Beautiful
7  6 Trey Anastasio / Shine
8○10 Herbie Hancock feat.John Mayer / Stitched Up
9  7 Bonnie Raitt / I Will Not Be Broken
10○12 U2 / Original Of The Species
11○24 Coldplay / Talk
12 11 Goo Goo Dolls / Better Days
13○14 Depeche Mode / Precious
14 15 Tracy Chapman / Change
15○13 Susan Tedeschi / Tired Of My Tears
16○16 Dave Matthews Band / Everybody Wake Up
17○18 Bob Marley feat.Eric Clapton / Slogans
18 21 Fiest / Mushaboom
19○23 Rolling Stones / Rain Fall Down
20 17 Sheryl Crow / Good Is Good
「○」は赤丸上昇曲。

Coldplay / X&Y 今週の紹介曲。まず1曲目はColdplayのTalk。1996年にロンドンで結成されたColdplay(コールドプレイ)。2000年にリリースされた1stアルバム「Parachutes(パラシューツ)」および、2002年にリリースされた2ndアルバム「A Rush of Blood to the Head(静寂の世界)」に続いて、2005年にリリースされた3rdアルバム「X&Y」からの3枚目のシングルが、先週の24位から今週11位に急上昇した「Talk(トーク)」。アルバムから既にカットされている「Speed of Sound(スピード・オブ・サウンド)」や「Fix You(フィックス・ユー)」 とは違ったタイプの、ロック色の濃い楽曲になっています。この曲では、ドイツのテクノバンド、クラフトワークの「Computer Love」という曲が引用されているのですが、それにあたりVoのクリス・マーティンが、クラフトワークのメンバーに直接メールを書いてOKをもらったとか。原曲のシンセサイザーがギターリフに代わり、全然印象が違うものに仕上がっています。聞き比べてみるのも面白いかと。



Prairie Wind / Neil Young 続いて紹介されたのは、ランクイン前の新曲をピックアップした"New & Active"の中から、Neil Young(ニール・ヤング)の「Far From Home(ファー・フロム・ホーム)」を。この曲が収録されている、ニューアルバム「Prairie Wind(プレーリー・ウィンド)」は、72年の「Harvest(ハーヴェスト)」、92年の「Harvest Moon」に続く、3部作の完結編としてリリースされています。

今夜も満席 〜 トリプルAチャートコーナー

 まずは、トリプルAとは何ぞや。というお話から。

 トリプルA=(Triple A)は、Adult Alternative Album の3つのキーワードから成る全米のラジオ局用語で、AAAやアダルト・オルタナティブ(Adult Alternative)などとも呼ばれています。

 例えば、オルタナティブロック、オルタナティブカントリー、ジャズ、フォークミュージック、ワールドミュージック、ブルースなどのジャンルを中心にエアプレイしているラジオ局のオンエア回数を集計したチャート。これがトリプルAチャートと呼ばれ、全米ラジオ誌Radio&Recordsが毎週発表しています。

 このように、ラップやハードロックなど、どちらかというとティーンエイジャーが好むような音楽では無く、大人(Adult)が好む音楽フォーマットとして認知されています。

 そしてこの11月から、札幌市東区を中心に活動しているコミュニティFMさっぽろ村ラジオ(FM81.3MHz)にて、毎週土曜夜19:00から放送中の「今夜も満席!」という番組の中で、トリプルAのコーナーが設けられました。

 このコーナーに、わたくし斉右衛門もアドバイザー的な役目で参加させていただいています。オンエア中のコーナーではDJのちゃーりーさんがチャートと音源を紹介してくれていて、たまに私も放送にお邪魔させていただくことになりました。

 これからは、番組内で紹介されたチャートと音源をこのblogで紹介したいと思っています。ではさっそく今週のチャートから。

R&R Triple A Chart (2005/12/9)
TW LW ARTIST / TITLE
1○ 1 Death Cab For Cutie / Soul Meets Body
2○ 5 Jack Johnson / Breakdown
3  2 Aqualung / Brighter Than Sunshine
4○ 8 KT Tunstall / Black Horse & The Cherry Tree
5○ 4 Fray / Over My Head (Cable Car)
6  6 Trey Anastasio / Shine
7  3 Bonnie Raitt / I Will Not Be Broken
8○ 9 James Blunt / You're Beautiful
9  7 David Gray / The One I Love
10○10 Herbie Hancock feat.John Mayer / Stitched Up
11○16 Goo Goo Dolls / Better Days
12○19 U2 / Original Of The Species
13○14 Susan Tedeschi / Tired Of My Tears
14○18 Depeche Mode / Precious
15 13 Tracy Chapman / Change
16○20 Dave Matthews Band / Everybody Wake Up
17 17 Sheryl Crow / Good Is Good
18○22 Bob Marley feat.Eric Clapton / Slogans
19 19 Nickel Creek / When In Rome
20 20 Neil Young / The Painter

「○」は赤丸上昇曲。

Death Cab for Cutie 今週もDeath Cab for Cutieの「Soul Meets Body」が1位。これで4週連続の1位となりました。
 Death Cab for Cutieは、ワシントン出身のインディ/ポップバンド。今年(2005年)の8月にリリースされたアルバム"Plans"は初のメジャー移籍リリースになります。「可愛娘ちゃんの死のタクシー」という変わったバンド名は、ビートルズの映画「Magical Mystery Tour」でも使われた、Bonzo Dog Doo-Dah Bandというバンドの曲名が由来だそうです。「Soul Meets Body」は、このアルバムからのファーストシングルで、見事にトリプルAチャートで1位を獲得しました。
 彼らは、アメリカで人気のドラマ「The O.C.」の中で、登場人物のお気に入りのバンドとして番組内に登場したこともあります。知名度と共に旧譜の売り上げも上がっていた中での新作のリリースがヒットの要因だと思われます。
 また、Vo,GのGibbardは別ユニットのPostal Serviceのメンバーとしても活躍中です

  • ライブドアブログ