2006年04月

2006年04月10日

おひさしぶりです

はるのあめは、なんてやさしくて静かなんでしょう。
はるのあめ。春雨。
そう考えると、春雨ヌードルさえ赴き深く、愛おしく感じる今日この頃
母親の手を離れて歩く、黄色い雨合羽の子供はなんだか嬉しそう。
明日から幼稚園が始まるんだって。

最近、人に伝える直接的な言葉よりも、なんだかなぞなぞみたいな言葉しかでてこなかったので、しばらくブログをお休みしていました。楽しみにして下さっていた方、心配してくださった方、ごめんね、どうもありがとう

おひさしぶりです!私はここにいます!さいとうまみです☆


春ですね、いつの間にか。
優しい雨のなかで、遠くに押しやった記憶を清算する季節がやって来ました。
新しく日々を迎えるために、きちんと過去は過去にしてあげなくてはいけない気がします。

振ればカラカラ音のする空っぽの頭が、たまに良く働いて色んなことに気づきたがるんです



人間は、産まれる時も死ぬときも独ぼっちで、
一生を貫く孤独を抱えている
一番大切なのは自分自身で

だからこそ
だからこそ、私は人とのつながりの中でしか生きられない
求めて、求められて
真摯につながり合えばあう程
人とのつながりの断絶に恐ろしい程の恐怖や悲劇を感じてしまう
それでも
誰かを求めていたい
名前を呼んで欲しいんです




先日ネットサーフィンをしていたら、(しょーもないページ)みたいな題名のページに
私の詩が無断で使用されていました。
ちゃんと、私の名前も乗っていたけれど、
一瞬「ああ、私の詩って他人から見たらしょうもないのかー」と納得してしまいました。笑
そんなしょうもない事ばかり考えている真実なのでした









saitomami at 15:31|PermalinkComments(3)