埼玉合唱団 (blog)

~ハートフルハーモニー~

埼玉合唱団はデュークエイセスコンサートを開きます。
「デュークとうたう市民合唱団」大募集中です。
合唱経験がなくても大丈夫。
是非ご一緒に歌いましょう。
2017年10月13日(金)15:30開演





埼玉合唱団はこの秋デュークエイセスコンサートを開催します。
青タキ03blog


結成62年。
日本を代表する男性コーラスグループ デュークエイセス。
100人以上の市民合唱団を募集して、一緒のステージをつくります。

本番は10月13日(金)15:30開演
S指定席 5,000円/ペア席 9,000円/A指定席 4,000円/B自由席3,000円/小・中・高・学生・障がい者 1,000円 
デューク表blog


デュークとうたう市民合唱団
演奏曲/「生きるものの歌」「遠くへ行きたい」(永六輔 作詞/中村八大 作曲) 混声4部合唱
指揮/金井誠  ピアノ・合唱編曲/吉田桂子
練習日程/7月9日(日)平和台会館/7月23日(日)東大宮コミュニティセンター/8月27日(日)/9月18日(月・祝)/10月1日(日)/10月9日(月・祝)
いずれも13:30受付開始(8月以降の会場は追ってお知らせいたします)

合唱団費用 10,000円(自由席券、楽譜代含む) 
たくさんのご参加お待ちしています。
デューク裏blog

埼玉合唱団、埼玉のうたごえ協議会、埼玉のうたごえ9条の会などのこれからの活動予定をお知らせします。

4月8日(土) 13:30開会 埼玉のうたごえ9条の会 学習会、総会、練習会
さいたま市立常盤公民館 講座室(会場が変更になりました)
おはなし 近藤里沙さん(弁護士)
練習会 「Human Rights」「No Pasaran」「一人から一人へ」 
  5月4日憲法フォークジャンボリー 6月4日オール埼玉総行動などで演奏予定
kfjsaitama2017_ページ_1kfjsaitama2017_ページ_2

17388915_1800834570238486_5887021391255081791_o


5月3日(水・祝) 5.3憲法集会
20170503-2A
20170503-2B
 
「HEIWAの鐘」をうたいます。
16730100_1233597166717589_5970447543637951318_n
練習会 4月2日(日) 午後2時~4時 雑司ヶ谷地域文化創造館 多目的ホール
      5月2日(火) 詳細未定

5月1日(月) 埼玉県中央メーデー 北浦和公園

5月7日(日) 埼玉県母親大会 サンシティ越谷 
         10時 オープニング「青い空は合唱団」として「青い空は(ちょうちょう版)演奏
             記念講演 小森香子(詩人・青い空は作詞)
         ミニコンサート 川口真由美
         午後 うたごえ分科会 
             

27ヒバクシャ署名
ヒバクシャ国際署名駅宣うたごえ集合写真DSCN1031
3月27日 浦和駅伊勢丹前でおこなわれた原水爆禁止埼玉県協議会(埼玉原水協)の「ヒバクシャ国際署名」の行動に歌って参加しました。
埼玉合唱団、合唱団ききゅう、アコーディオンサークルウィンドバスカーズ、うたごえメイトからの参加。
寒風の中頑張った伴奏陣に感謝。
署名50筆集まる。

福島の小高から浦和に避難されている青田さんも署名しました。

DSCN6601 演奏後、97歳の肥田俊太郎先生と 


320日、肥田舜太郎先生が、亡くなられた。広島で生まれ、原子爆弾投下で自身も被爆しながら、
医師として原爆投下直後から、被爆者の救援や、治療にあたった。以来、被爆者の診察を続け、被
爆の実相を語り、核兵器廃絶を訴え続けてきた。埼玉合唱団としては、毎年夏に行われる原爆死没
者慰霊式への参加や、平和の取り組みなどで、ご一緒させて頂いた。

気さくな先生で、原爆死没者慰霊式で私たちが歌い終わると、にこにこしながら「みなさんのうたごえ
があって、慰霊式も明るい気持ちになれるよ」などと、声をかけて頂いた事もあった。

今年129日のしらさぎ会(埼玉県原爆被害者協議会)の肥田先生の100歳を祝う「新春のつどい」で
も、元気な姿でいらっしゃっていて、みなさんから贈られたピンクの帽子とちゃんちゃんこを着て、肥
田先生が大好きな牧村三枝子の「みちづれ」を、しっかりした声で歌われていた。「
100歳まで生きた
んだから、あと
5年、10年、また皆さんと会いたいですね。皆さんも健康に気をつけて、頑張って下さ
いね。」と、こちらが激励されるやら。

そして、「70年の長い間、被爆者はよくやったと思う。被爆者が戦後ずっと、原爆を呪い、我が身の不
幸を嘆くばかりで生きてきたとしたら、核廃絶の声はこれほど高まらなかったはず。皆さんも、自分の
中にある勇気を信じて下さい」と。


 肥田先生、もうお会いできないのは、とっても寂しいですが、みんなで一日も早く、核兵器のない平
和な世界を作るために、頑張っていきたいと思います。

長い間、ありがとうございました。


埼玉合唱団 林 和恵




3月11日 コラボ21で埼玉合唱団次世代プロジェクトが主催する「JUN&AKIRA TALK LIVE」が開催されました。

14:00~20:30 語って、うたって、食べて飲んで・・・充実した時間を過ごしました。

JUN=李俊煕(リジュンヒ28歳) シカゴ大学大学院で日本のうたごえ運動を研究中

AKIRA=大熊啓(36歳) 東京のうたごえ事務局長

まずは二人の”うたごえ運動”トーク。
JUN&AKIRA  TALK LIVEphot1
JUN&AKIRA  TALK LIVEphot2

ピアニカ&ピアノ 加集希世子

「うた」ができる背景を語りあいながら歌います。

3月11日14:46分は「心つなごう」(山上茂典作詞・作曲)をうたいながら。


おやつは団員のてづくりシュークリーム
JUN&AKIRA  TALK LIVEphot3jpg

LIVEでは李さんは「道」を日本語とロシア語で、大熊さんは河島英五の「人間の祖先」
JUN&AKIRA  TALK LIVEphot5
JUN&AKIRA  TALK LIVEphot6

後半はこれも団員手作りの料理とおにぎりを食べながら飲みながらのうたう会。
音楽センター発行のうたごえ喫茶データ・ディスクが大活躍。
JUN&AKIRA  TALK LIVEphot4
JUN&AKIRA  TALK LIVEphot8


平和委員会の中村勇太さんは「それぞれの曲に込められた思いを改めて知ることができてとても新鮮だった。本当に楽しかった。またやりたいです。」とかたってくれました。

音資料、映像資料がほしい方はご連絡ください。

↑このページのトップヘ