幸町コラム

幸町IVFクリニックの培養士と院長の、役に立つような、立たないようなブログです。

体外受精のセミナーをやってます。

こんにちは 幸町IVFクリニックの培養士の雀部です。

 

今日は土曜日。当院では体外受精セミナーの日です。
体外受精の進め方や、当院独自の特徴などを紹介しています。

セミナーは、もともと毎週土曜日に、胚培養士が担当していたんですが、人手不足が深刻になってきたこともあり、現在では隔週(第2,第4土曜日)で行っています。

小さいクリニックなので、予約が埋まってしまったり、予定が合わないためにずいぶん先になったりして、参加希望の皆さんにはご迷惑をお掛けしております。申し訳ありません。

 

とはいえ、人手不足が早々に解消する見込みは低く(要は技術者が育たないとダメ)、今後のことも考えると、セミナーまで担当するのはかなり厳しい・・・。

うーん・・・。どうしようかなぁー・・・。なんて思ってたところ、

 

・・・・・・。いるじゃない、適任者が!

 

というわけで、

やっぱりねー、セミナーは自分で説明する方が、患者さんには伝わりやすいんじゃないの?

とか、

セミナー後に質問される内容で、比較的多いのは「先生ってどんな人ですか?」だから、患者さんは、医師の雰囲気とか自分との相性とかが気になるんじゃないの?

とか。

いろいろあの手この手で説得し、院長 を適当に持ち上げてダマした のやる気を引き出した結果、現在は院長が担当しています。

 

私が見るに、終盤、しゃべり疲れて、お疲れモードが出てる気もしますが、まあ、おじさんが1時間もしゃべるとキツいよねーと、温かい目で見守ってやって下さい。

 

院長は、医師のタイプとしては、どちらかというと慎重派。石橋は叩いて叩いて、最後は壊れるんじゃないかって周りが心配になるタイプ。不確定な事は言わないタイプです。(言い換えると、めんどくさいタイプ)

患者さんに、大丈夫でしょうか?って聞かれて、「絶対に大丈夫」って保証がなければ、大丈夫って言わない、っていうとわかりやすいでしょうか?

「概ね大丈夫ですが、絶対じゃありません。」って正直に言っちゃうタイプです。

一方で、極力、「絶対に大丈夫」って考えられる状況を堅持しながら治療を進めるので、安全性が高い治療を選択する傾向があります。

 

検査などの結果が良くても悪くても、わりと冷静に結果を受け止められるタイプの人には、正確に説明するのでいい医師かもしれませんが、結果の善し悪しはともかく、大丈夫って言って安心させて欲しいっていう人にはシビアな医師に感じるかもしれません。

 

当院の「体外受精の同意書の説明書」を読むと、体外受精ってもの凄くリスキーな治療なの?!って感じませんでしたか?

本人としては脅してるつもりは全然ないらしいですが、なんせ「大丈夫」閾値が高いモンでねぇ・・・。

私でも、そのくらいは、大丈夫です。って言ってあげればいいのにねぇ・・・。って思うこともあります。まあ根拠もないのに、大丈夫、ダイジョーブ!って言いまくるよりはいいかなぁ・・・。

 

セミナーっていうのは、患者さんにとっては治療の入り口になることもあります。

実際の体外受精の進め方はもちろん、病院の考え方や方針、医師やスタッフの雰囲気など、実際に来てみないと得られない情報もあります。治療を始める前に、ちょっと雰囲気を見てみたいと言う方はお気軽にご参加下さい。(石橋を叩き割りそうな院長が見たい方も、ぜひどうぞ。)

 

ただ、ウチは小さなクリニックなので、一人一人に丁寧な治療をしたいというのが基本方針です。卵巣のクセとか身体の状態とか、精子や卵子の個々の状態を把握して治療に生かすというのは得意なんですが、どうしても一度に多くの患者さんには対応できないので、予約が埋まってしまうこともあります。セミナーの参加や、初診の予約をご希望の場合は、お早めにご連絡下さい。

ちなみに、7月は第2週(8日)が予約が埋まってしまったので、急遽、第1週(7月1日)にも行うことになりました。ご興味のある方は、ぜひどうぞ。

 

ではでは。

梅雨はダルダル

こんにちは 培養室の雀部です。

 

今日は、いかにも梅雨って感じの天気ですね~。

じめーっとして、雨が降りそうな、降らなそうな・・・。

何となくダルーくて、眠ーい。空と同じでパッとしない。

やる気出ないなぁーなんて思いませんか?


ま、これだけ日本上空にがっつり低気圧が居座ったら、そうなりますわな。

 

天気がぐずついている日に、何となくだるい、やる気がでないっていうのは、

実は気のせいではないのですよ。

 

低気圧、つまり地上の大気圧が低いということは、

自分の身体に対する周囲の空気の圧力が低い状態ということ。

何となく浮腫みやすいのもそのせいです。

(リンパ液が組織中に出て行った後、リンパ管に回収される力が弱くなってるってことです。)

 

普段から血行がいい人はあまり感じないけど、血行が良くない人は
普段以上に夕方の足のむくみがきつかったりってことが起きやすいです。

足首を回すマッサージ(足先を持ってぐるぐる回すだけ!)とか、弾性ソックスを履くとか。

足の筋力をつけるために、ちょっと早歩きするとか。

その程度でも、効果がある人が割といます。

妊活に限らず、血流をいつも元気に維持するって言うのは、

意外に大変だけど、とっても大事なことです。

 

ただでさえ、空がどんよりしてて、気分がすっきりしない。

その割には気温があがると、ムシムシするし。

洗濯物は乾きにくいし、電車に乗れば臭いし。(←ほぼ私見。)


挙げ句、眠いし、やる気まで出ないなんてね・・・。

 

真面目な人ほど、悩みのタネになってるかもしれませんが、

まあ自分のせいじゃないから、しょうがない(´∀`*)!くらいのつもりで上手く乗り切りましょう。

梅雨が終われば、それはそれで過酷な夏がやってくる(今年は超暑いらしい・・・)と思うと、
今の方が過ごしやすいと思えるかもしれませんよ。

 

あ、寝不足で眠い人は、早く寝るべしヾ(=^▽^=)ノ!

ホームページが新しくなりました

こんにちは 培養室の雀部です。

今回から、私がブログを担当します。

院長が、「俺も書こうかなー・・・」なんて、

当てにならんことを言ってたので、たまに登場するかもしれません。

エラく堅苦しい文章の時はたぶん院長の記事でしょう・・・。


どうぞよろしくお願いします(o^∇^o)ノ。

 

じめじめの梅雨に突入しましたね~。

お気づきの方もいるかもしれませんが、今月から当院のホームページが新しくなりました。

内容は大きく変わりませんが、一部加筆したら、適当な画像やら、イラストが手元になかったので、
文字だらけでずいぶん堅苦しい雰囲気になってしまいました・・・。


興味のある方は、頭が元気でお時間のあるときに読んでみて下さいね。


ではでは。取り急ぎ
ブログのネタを探さなきゃ・・・ φ(.. )。