春一番が吹き、道端の草花がかすかにつぼみをつけ始めています。つくしが頭をのぞかせるのも、もうすぐ。そう、寒さの中にも少しずつ春の柔らかな気配が感じられるころとなりました。

 

3月3日は桃の節句。平安時代から伝わる「五節句」のひとつで、季節の節目に身のけがれを祓い、健康長寿や厄除けを願う行事です。「ひな祭り」ともいわれ、女の子の健やかな成長と幸せを願う行事ですが、大人になっても、大切にしたい日ですね。

 この日ばかりは、がんばっている自分をねぎらい、いたわってみませんか。ひな人形を飾り、桃の花を飾ると、子どものころのひな祭りの楽しい思い出がよみがえり、自然とやさしい気持ちになることでしょう。友だちと女子会を開くもよし、家族でちらし寿司をいただくもよし。女性であることを喜び、いつくしみながらゆったりと過ごしてください。

1

 

 一方で3月は、卒業、異動、転職などさまざまな節目の時期でもあります。これまでの暮らしにひと区切りつけ、心機一転、がんばろうと思う反面、ちょっぴり怖いような……。新生活への不安と期待が入り混じり、メンタルが不安定になりがちです。

やることがたくさんあるのに、なんとなくやる気がでない。楽しいはずなのに、だるくて出かけたくない。頭がぼんやりして眠気がとれないなど、春先は不調を感じがちです。昇進や結婚などいいことであっても、環境の変化はストレスになります。疲れを感じたら、早めに気分転換をはかり、休息をとりましょう。

 

メンタルだけではなく、この時期に体調を崩すことも多いもの。冬の間は、体温を逃さないようにあまり体を動かさず、体内に栄養を蓄えようとする生物としての本能的なはたらきがあります。そのため、冬の間は脂肪が増えやすく、体重が増加する傾向に。それが、暖かくなるにつれて新陳代謝が活発になり、肝臓などの内臓のはたらきも活発化。体内にたまった脂肪や老廃物を排出する春の体に変わっていきます。この変化がうまくいかないと、体に不調が現れるのです。

 

 暖かな日が増えるものの、「花冷え」や「菜種梅雨」という言葉があるように、寒さが振り返したり、冷たい雨が続くこともある3月。寒暖差や湿度差に体がついていけず、自律神経が狂いやすい時期なので、がんばりすぎに気をつけて。頭痛や眠気、だるさ、疲れを感じたら、早めに休みをとり、体を春モードにならしていきましょう。

 

 昔から「春には苦いものを食べよ」といわれています。春が旬の苦い食材には、デトックス効果があるからです。春野菜や山菜に特有の苦みのもととなるのは、植物性アルカロイドという成分。春野菜は、寒い時期に、地中から芽を出すために必要な栄養素をじっくりと蓄えるため、栄養価が高く、抗酸化作用や解毒作用にすぐれています。苦みは心身への刺激となり、体を活発にします。ふきのとうや菜の花、春キャベツなど、この時期にしか味わえない旬の味を積極的に摂取して、冬の体をリフレッシュ。苦みで春の体に目覚めさせましょう!

2

 

さらに山菜には、ミネラルやポリフェノールなど細胞を活性化する成分も含まれています。ポリフェノールというとチョコやワインを思い浮かべる方が多いと思いますが、ふきのとうやたらの芽など春の山菜にも。ポリフェノールは活性酸素を除去してくれるので、アンチエイジングにもつながります。

ミネラルは、必要不可欠な5大栄養素のひとつですが、体内でつくることはできません。とくに女性はミネラルのうちカルシウム、鉄、マグネシウムなどが不足しがちです。不足すると貧血など体に不調をきたすので、毎日の食事から意識してとりましょう。

 

ただし、春野菜や山菜はアクが強いので、十分にアク抜きをしてから調理するのをお忘れなく。アレルギーがでる場合もあるので、食べ過ぎにも要注意。旬の食材で、デトックス&細胞を活性化させて、授かりやすい体質に近づきたいですね。

 

 仕事をしているかたは、3月は年度末ということで残業が増えたり、休日出勤が増えたり、いつも以上に忙しいのではないでしょうか。仕事にこんを詰めすぎるのも、やはりストレスとなり心身に負担がかかります。短時間でも息抜きをして、無理をしすぎないよううまく乗りきりましょう!
 年度末は送別会やお疲れ様会など、飲み会のお誘いも多いシーズンです。飲みすぎは、活性酸素を増やし肝臓に負担をかけるので、くれぐれもご用心。ヘルシーな野菜中心のおつまみとともに、適量いただくのが◎! リフレッシュ効果が期待できます。

3

 

春のお彼岸、春分を迎えるころには、いよいよ本格的な春の到来。桜が咲き始める地方もあるでしょう。転勤・転居、年度末の仕事がひと段落するかたも、別れと新たな出会いに向けて、リスタートです。3月は弥生ともいわれ、草木がいよいよ生い茂るという意味があります。生命力あふれる自然の息吹を感じながら、新鮮な気持ちで妊活に取り組みましょう。春は、もう、そこまできています!

 

 

 


人気ブログランキングへ