幸町IVFクリニック 院長と培養士のIVFこぼれ話

幸町IVFクリニックの院長と培養士の、役に立つような、立たないようなブログです。 (主に院長の文句?)

2018年07月

卵巣に内膜症がある方は早めの妊活を!

幸町IVFクリニック院長 雀部です。

今回は、卵巣内膜症性囊胞と卵巣予備能の関係についてです。

早速、7月に発表されたばかりの論文を紹介します。卵巣に内膜症性囊胞があると指摘されている女性とっては、かなり衝撃的な内容です。
Kasapoglu, I., et al. (2018). "Endometrioma-related reduction in ovarian reserve (ERROR): a prospective longitudinal study." Fertil Steril 110(1): 122-127.

卵巣に内膜症性囊胞がある女性40人とない女性40人(コントロール)のAMH(抗ミューラー管ホルモン)の変化を比較した前向き観察研究です。

内膜症性囊胞がある女性の平均年齢は32.7歳、ない女性32.1歳でした。

内膜症性囊胞がある女性40人のうち、31人は片側の卵巣、9人は両側の卵巣に内膜症性囊胞があり、平均径4.6cmでした。

研究へのエントリー時点のAMHの中央値(25-75パーセンタイル)は、内膜症性囊胞がある女性2.83(0.70-4.96)、ない女性4.42(2.26-5.57)でした。

エントリーから6ヶ月後のAMHの中央値(25-75パーセンタイル)は、内膜症性囊胞がある女性1.86(0.57-3.77)、ない女性3.2(2.45-5.59)でした。なんとAMHの低下率は、内膜症性囊胞がある女性26.4%、ない女性7.4%(有意差あり)でした。

内膜症性囊胞が両側にある女性(9人)と片側の女性(31人)を分けると、AMHの低下率は、両側34.62%、片側22.35%でした。

わずか半年で、ここまで大幅に低下するとは衝撃的な数字ですね!

卵巣に内膜症性囊胞があるだけで、妊娠に関しては不利になってきます。卵巣内膜症性囊胞を指摘されている方は、早めのステップアップ、早めの体外受精をお勧めします。








38歳未満の低反応卵巣

幸町IVFクリニック 院長 雀部です。

またまた低反応卵巣の話です。

同じ低反応卵巣でも、年齢が若い方と年齢が高い方では、卵子の質が異なってきます。低反応卵巣というのは、卵子の数(量)の問題で、卵子の質は別の問題です。卵子の質に関しては、実年齢が指標として優れています。

【過去の参考記事】

AMH=卵巣年齢って本当?

40代だけどAMHが高いからまだ大丈夫?


38歳未満の低反応卵巣の女性の卵子の質について検証した論文を紹介しましょう。7月に発表されたばかりです。

Morin, S. J., et al. (2018). "Diminished ovarian reserve and poor response to stimulation in patients <38 years old: a quantitative but not qualitative reduction in performance." Hum Reprod.

採卵時点で38歳未満の女性を対象とした研究です。体外受精前に測定した抗ミューラー管ホルモン(AMH)が0.5ng/ml以下の345人(124人)と1.1-4.5ng/mlの1758人(782人)、体外受精後に回収卵子数が5個以下だった535人(156人)と10-21個だった2675人(1100人)をそれぞれ比較しています。(括弧内は、着床前異数体検査(PGT-A)を受けた人数)

評価項目は、胞胚形成率、異数体率(PGT-Aを受けた方のみ)、正倍数体の胚を移植したときの生児獲得率(PGT-Aを受けた方のみ)です。

まず、体外受精前のAMH0.5ng/ml以下の345人(124人)と1.1-4.5ng/mlの1758人(782人)の比較では、胞胚形成率、異数体率、正倍数体の胚を移植したときの生児獲得率、すべての項目で有意差なしでした。

次に、体外受精後に回収卵子数が5個以下だった535人(156人)と10-21個だった2675人(1100人)の比較では、胞胚形成率は、回収卵子数5個以下の535人の方が、有意に高い結果でした。異数体率、正倍数体の胚を移植したときの生児獲得率に関しては、有意差無しでした。

回収卵子数5個以下の535人の方が、胞胚形成率が高かった理由については、採卵のタイミングを決める際に、卵胞の数が少ない方が、卵胞の成熟性の判断がより正確になるためではないかと考察しています。

体外受精前のAMH低値のため卵巣予備能低下と診断された方、体外受精後の回収卵子数が少なく低反応卵巣と診断された方、両者とも採卵時の回収卵子数は少ないですが、年齢が38歳未満であれば卵子の質に影響するものではないという結果でした。

ただし、AMHが低くても、38歳未満であれば大丈夫というわけではありません。38歳未満でも、AMH低値の方の中に早期閉経をきたす方がいらっしゃいます。AMH低値の方は、年齢に関わらず積極的な治療が望まれます。

【過去の参考記事】

AMHが低い方は閉経が早い?




低反応卵巣症例の生児獲得率

幸町IVFクリニック 院長 雀部です。

今回も低反応卵巣の話です。低反応卵巣の定義については、前回の記事を参照してください。

この低反応卵巣の定義に当てはまる方が最も気になるのが、妊娠の見込み、治療の見通しだと思います。少しシビアな内容の論文ですが、紹介しておきます。6月に発表されたばかりの論文です。

Xu, B., et al. (2018). "Cumulative live birth rates in more than 3,000 patients with poor ovarian response: a 15-year survey of final in vitro fertilization outcome." Fertil Steril 109(6): 1051-1059.

Bolognaクライテリアで低反応卵巣と診断された3391人の女性が対象で、観察期間は2002年から2016年までです。この観察期間における体外受精、顕微授精、凍結融解胚移植の成績を解析し、累積生児獲得率を推定することを目的とした研究です。

1回の採卵で、胚移植(新鮮胚移植、凍結融解胚移植を含む)を複数回施行していても1周期の治療とカウントします。

体外受精を6周期行った後の累積生児獲得率は、控えめな推定で14.9%、楽観的な推定で35.3%でした。

体外受精を6周期行った後の累積生児獲得率の控えめな推定は、年齢上昇とともに低下し、最初の周期開始時30歳以下22%、31-43歳18.3%、35-37歳17.2%、38-40歳13.5%、41-43歳10.5%、44歳以上4.4%でした。

卵巣刺激法ごとの検討では、自然周期は、諸条件を補正した後でも、他の卵巣刺激法と比較して最も低い累積生児獲得率でした。

どうでしょうか?採卵を6回やった後の累積生児獲得率なので、なかなかシビアな数字だと思います。

Bolognaクライテリアに当てはまる女性は、とにかく早く治療を開始し、早めのステップアップを心掛けてください。体外受精をやることになったら、ある程度の採卵回数は、覚悟しておいた方がいいかもしれません。

卵巣刺激法に関しては、自然周期は、あまりお勧めできません。ある程度薬剤を使用し、卵胞発育を援護した方が成績がいいようです。


記事検索