at 20:40│南アフリカ | ケープタウン

2011年04月27日

虹の国・南アフリカ

大阪支社の中島です。中南米を担当してブログを書いていますが、ちょっと越境しました。南アフリカのケープタウンを訪ねた時のエピソードをお話ししてみたくて。

広い荒野をひた走って駐車場でバスを降りると、悪戯者のヒヒが乗用車のボンネットに乗っかって、どこかから拝借してきたパンを袋ごとかじっていました。そんなのを見ながら、今度はフニクラーというケーブルカーに乗ってやっとそこにたどり着きました。しかし、立つのも困難なほどの強風が、まだそこへ向かわせることを拒んできました。京風ならまだしも、狂風なのです。そんなふうにして、そこは、左にインド洋、右に大西洋の境界線。アフリカ大陸の最南西端。ずっと先には南極大陸があるだけ。この風景を言い表そうにも、単純明解で使い古された言葉しか出てきませんが、つまらない悩みなんか一瞬にして忘れさせてくれるような雄大さでした。
P10708824人の日本人少年使節は、喜望峰を通ってヨーロッパを目指しました。ペリー提督の黒船も、メリケンから喜望峰を通って浦賀へ向かいました。そして、ザビエルも。みんな、海の向こうを想像しました。みんな、世界が見たかったのです。いつの時代も。地図を広げて、その上に羅針盤を置いてみて。日本人が見たガイコク。外国人が見たニッポン。ヴァスコ・ダ・ガマがインド航路を開拓したのは、喜望峰が発見されて十年後のことでした。彼らが見た景色を眺めました。この岬から、彼らが乗っていた船を思い浮かべてみました。僕はコロンブスと誕生日が同じなので、勝手に運命を感じています。彼らは船からこの岬を見て何を思ったのでしょうか? インド洋の航海中、船酔いしなかったのでしょうか?

ケープタウンの沖合に浮かぶロベン島の港湾で、アザラシがゆらゆら泳いでいました。ボンティボックがのろのろと、アスファルトの道路を歩いていました。墓地には、この島に隔離されていたハンセン病のたくさんの患者が眠っています。
ロベン島は、アパルトヘイト(人種隔離政策)に抵抗した人たちの強制収容所だった島で、世界遺産にも登録されています。無意味な強制労働を強いられた採石場を見た後、旧刑務所を訪ねました。そこでは、元囚人が所内を案内してくれるのです。ルウェリンさんは14年間、ここに収監されていました。両手、両足に手錠をかけられて島へ連れてこられ、強制労働と拷問の日々だったそうです。
狭い雑居房に、100人以上も押し込められていました。囚人一人に対して毛布を3枚支給されていましたが、それも蚤だらけだったそうです。汚れの落ちない石鹸。水回りは海水なので、シャワーを浴びる時、看守から受けた拷問のせいで体の傷が沁みました。寝返りを打つことも困難でした。毎日、午前4時に起こされました。政治的な話は一切禁止され、囚人たちの会話は盗聴されていました。人種、つまり肌の色によって食事の量が違い、牢獄も分けられていました。そうやって、人種間で争いが起きるように仕向けられていたそうですが、リーダー的存在の囚人がそれをいつも抑えていました。こんな所でも人種の分離は徹底していたのです。白人の看守は激しい音を響かせて、乱暴にドアを閉めていきました。
希望の光は消え、不幸の波は引きません。行き場を失った脆弱な心情を、誰が慰めてあげることができるのでしょう? 彼らの心は、闇夜の中を漂流し続け、やっと見つけた灯台の灯りのように、たどり着くべき場所を見つけました。そこで生を選び、死を選んだのです。そこには最大公約数も最少公倍数もありません。奇跡の積み重ねが人間を創りました。しかし、人間は生き方が判らず迷走しました。ただでさえ、生きることは大変なのです。その権利を奪ったり、制御することは、誰もしてはいけないことなのです。
「18年間も収監されていたマンデラさんも、たまにここにやって来てガイドをしていたんだが、彼は10分ぐらいで終わらせてしまっていたよ」
高級政治犯たちが収監されていたブロックB棟のネルソン・マンデラの独房を覗きました。こんな所に18年も……。愕然としました。
「彼は何度も脱獄を考えていた。島の周りの海には、サメもうようよしているのに。泳ぐのは到底無理なのに」
2011年4月現在、ネルソン・マンデラ氏は90歳を過ぎた今も健在で、静かに余生を過ごされています。

南アフリカ、ジンバブエ、ザンビア、ボツワナ、ナミビアを大周遊
関連ツアー:「西遊旅行で行く 南部アフリカ5ヶ国周遊

at 11:07│チュニジア 

2011年04月25日

チュニジアの自然 ショット・エル・ジェリド

ラバース!?、皆さん!

この「ラバース!?」という挨拶、これは「元気!?」という意味なのですが、さてどこの国の挨拶でしょうか。
これは実はチュニジア特有の挨拶です。

チュニジアの公用語はアラビア語とフランス語。
「ラバース!?」と言うのは基本的にはアラビア語なのですが、チュニジアで特によく使われる挨拶、要はチュニジア方言です。

以前、エジプトにてガイドさんにラバース?と挨拶したら「日本人がチュニジア方言を話している!!」と笑われたことがあります。
相当珍しかったのでしょう。「ラバース!?」という挨拶はまずエジプトでは聞きません。
それに、エジプトから見たら、チュニジアはやはり田舎なのでしょうか。
そんなチュニジア方言を日本人が話しているので、なおさら面白かったのだと思います。
逆にチュニジアで「ラバース!?」と話しかければ相手に喜ばれること間違いありません。
お買い物をするにも有利になります。

チュニジア、と言えば今年の1月に起こった『ジャスミン革命』。
今でも広がりを見せている中近東の民主化運動の発端となった革命の地です。

そんなチュニジアですが、現在は観光地も通常通りオープンし始め、また多くの旅人を迎える状況が整いつつあります。
今まで日本からも沢山の方々がチュニジアを訪れましたが、一番の人気はやはり「シディ・ブ・ザイド」の様に思います。
青と白のコントラストの美しい町並み…。鮮やかな赤いブーゲンビリアが咲いていると、その美しさは何倍にもなります。
チュニジア、と言われてまず思い浮かぶ光景です。

画像 020
DSCN0950

DSCN0943



ちなみに私のお気に入りの場所は南部に位置する『ショット・エル・ジェリド』。
チュニジアで一番大きな塩湖です。
湖と空


私は今まで3回訪問しましたが、毎回違う姿を見ることが出来ました。
一番美しかったのが一昨年の末に訪れた際に見たピンク色の湖面。
湖畔に近づいて足元をよーく見れば薄くピンク色をした塩の結晶がきらきらと輝いて見えました。
ショットエルジェリドの湖面


ふと顔を上げて遠くを見ると歩いている人々の姿が鏡の様に映り込んで見えます。
ウユニ塩湖とまではいきませんが、チュニジアの狭い国土の中にあって、多様な自然の姿に驚きます。
湖面をあるく



ただ、4年前に同じく12月の中旬に訪問した際は、雨量が少なかったのか、からっからに水は干上がり、どこが塩湖だか判らないまま、通過してしまったこともありました。

私が最後にチュニジアを訪問したのは一昨年のこと。
革命後、生まれ変わったチュニジアは是非、今行って見たい場所のひとつです。
今度はどんなショット・エル・ジェリドが見られるでしょうか。

東京本社 渡辺

関連ツアー:チュニジアの魅力を巡る旅 チュニジア周遊

at 20:10│ケニア | アフリカの野生動物

2011年04月21日

百獣の王・ライオン

こんにちは。大阪支社の米谷です。

これからアフリカのサファリで観察できる野生動物について、時々紹介をしていきたいと思います。
今日は百獣の王・ライオンの生態について、少しお話します。

ンゴロンゴロ自然保護区にて
≪ンゴロンゴロ自然保護区にて≫

ライオンはネコ科ではトラに次いで2番目に大きな動物。現在は主にアフリカのサバンナ地域やアジアに生息しています。もともとはアフリカ全土はおろか、ヨーロッパ、中近東、アジアにまで広く生息していましたが、現在はアフリカとインドのギル保護区以外は姿を消してしまったようです。
アフリカではケニア、タンザニア、ウガンダ、ボツワナ、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエなどの国々に生息しており、サファリツアーに参加された方なら誰しもがライオンの姿を、できれば雄のライオンを見てみたいと思うはずです。

ンゴロンゴロ自然保護区のプライドオカバンゴデルタの雄ライオン

≪写真左:ンゴロンゴロ自然保護区にて・ライオンのプライド≫ 
≪写真右:オカバンゴ・デルタのライオン≫

ライオンは雌と子供、少数の雄が「プライド」と呼ばれる群れを形成することで有名です。全体で20頭位のグループを形成することもあるそうです。プライドの中では狩りはメスの仕事です。しかし、ライオンの狩りの成功率は決して高いとは言えません。ヌーやシマウマ、ガゼルなどを狙いますが、ライオンは最高時速で50~60kmでしか走ることができない上、300m位しか全速力で走ることができません。成功率は20%程度しかないのです。ヌーやシマウマはその事を良くしっているので、安全な距離を保っていれば、ライオンの存在に気づいていても逃げないのです。また、プライドの中で、母親ライオンが死んでしまった場合、その子供ライオンは他の雌ライオンが面倒をみて、育ててくれるのです。

マサイマラ ライオンの食事
≪ライオンの食事 マサイマラ国立保護区にて≫

マサイマラ ライオンの親子オカバンゴデルタにて
≪写真左:ライオンの親子 マサイマラ国立保護区にて≫
≪写真右:サファリドライブの様子 オカバンゴ・デルタにて≫

プライド以外に複数の雄で形成される放浪ライオンのグループもいます。プライドをつくることができなかった雄ライオンの集まりで、ここでは雄ライオンも狩りをしなくてはいけません。また、プライドの雄と戦い、勝利するとプライドをのっとることができます。プライドをのっとった雄ライオンは、プライドの中の幼児ライオンを殺します。これは雌が授乳をしなくなると、新しい子供を受胎できるようになるためなのです。
ライオンの寿命は10年ほどです。野生の場合、縄張り争いなどで傷つくことも多く、とても短い一生なのです。この20年間で30パーセントから50パーセントまで頭数が減っていて、この数字は回復しないだろうと言われています。

ケニアのマサイ・マラ国立保護区やタンザニアのンゴロンゴロ自然保護区、セレンゲッティ国立公園はライオンを観察できる可能性が高い場所です。ケニア・タンザニアは本当に野生動物の楽園。是非、野生のライオンの姿をその目で見に行ってみてはいかがでしょうか?

関連ツアー:西遊旅行でゆく ケニア・タンザニア 2011        
野生の王国ケニア・タンザニアサファリとキリマンジャロ大展望       
ケニア・タンザニアのWeb写真集はこちらへ
添乗員レポートはこちらへ

at 18:41│エチオピア | 少数民族

2011年04月15日

ドンガ:男達の戦い(エチオピア)

エチオピア最深部の伝統儀式ドンガをご紹介いたします。
オモ川の西に暮らす少数民族、スルマの人々が行うこの儀式は、雨季の終わりに年1回だけ行われる正真正銘の真剣勝負です。
スルマの男達にとって、ドンガは村の女性達に自分をアピールする格好の機会で、杖一本で戦う迫力の儀式です。

ドンガは、いつ、どこで行われるかは直前にならないと分かりません。テント泊をしながら情報を仕入れ、ドンガが行われる場所に行ってみるしかありません。
教えられた草原に行ってみると、子供が数人遊んでいます。1時間近く待っても、誰も来ません。「本当にドンガやるのかな?」と不安になった頃、遠くから、勇ましい掛け声や歌とともに、旗を持った戦士たちの集団が近づいてきます。皆、屈強な体をした裸の男達です。
KOJI1616

【会場に向かう戦士一団】

が、歌声とともに草の陰に行ってしまいました。戦いは村対抗なので、別の村の対戦相手が現れるのを待たなければなりません。
さらに待つこと1時間、反対方向の山の上から、別の村の集団が現れます。

そして、いよいよドンガが始まります。選手宣誓も、試合開始の合図も、何もありません。一対一になり、2メートル以上ある細い木の杖一本を振りかざして、戦い始めます。
KOJI1674

【戦士は体にペイントを施しています】


写真だけですと、音がお伝えできないのが残念です。「カーン、カーンッ」杖と杖がぶつかる音、「ビシッ、ビシッ」杖が肉を打つ鈍い音、「うぉおお」掛け声、それぞれが草原に響き渡ります。

KOJI1930

【迫真の戦いです】
戦いは10分ほど続き、勝者は旗を持ち、自分を誇張するように勇ましく群集の中に戻っていきます。そして、何本もの杖を組み合わせて造った神輿に乗り、勝利の雄たけびを上げながら担がれていきます。

KOJI1911

【雄叫びをあげる勝者】

夢中でシャッターを切るのもあっと言う間に、2時間近くが過ぎてゆきます。
この迫力に圧倒され、興奮冷めやらぬまま4WDに乗り、我々はテント場に戻ります。

次回は、ドンガ会場の裏側と、スルマの人々の暮らしをご紹介します。

この迫力に儀式を見る関連ツアーはこちら
エチオピア最深部 スルマの人々を訪ねて

at 12:50│ケニア | キリマンジャロ

2011年04月11日

マサイ族、野生動物とキリマンジャロの大展望(ケニア)

大阪支社の米谷です。
今日はアフリカ最高峰キリマンジャロの展望が素晴らしい、ケニアのアンボセリ国立公園をご紹介します。

アンボセリ国立公園は、ケニアのリフトバレー州にある国立公園でアフリカ最高峰キリマンジャロ(5,895m)の裾野にひろがっています。また、ここは作家アーネスト・ヘミングウェイが『キリマンジャロの雪』を執筆した場所としても世界的に知られています。

アンボセリへ向かう道中
≪アンボセリ国立公園のロッジへ向かう道中に見たキリマンジャロ≫

キリマンジャロ自体はケニアではなく、タンザニア北部に聳えています。キリマンジャロに登頂するにはタンザニア側のモシという場所が登山の玄関口となっおり、5泊6日程の行程で頂上を目指し、再び下山する結構ハードな山業となります。しかし、展望という観点からいうと、ケニアのアンボセリ国立公園からも間近に迫る、迫力のキリマンジャロがご覧いただくことができます。

実はもともとアンボセリはキリマンジャロの噴火で出来た湖の大部分が干上がってできあがった場所なのです。
今では国立公園に指定され、ゾウやライオン、マサイキリン、カバなどの大型動物、ヌーやガゼルなどの草食動物まで様々な野生動物が生息しています。特にアンボセリではキリマンジャロを背景に伸び伸びと生きる野生動物を観察することができるのがポイントです。
ゾウの群れとキリマンジャロ
≪ゾウの群れとキリマンジャロ≫
ハイエナ展望台から望むキリマンジャロ
≪写真左:サファリドライブで観察したハイエナ≫
≪写真右:展望台から望むキリマンジャロの雄姿≫

公園内にはキリマンジャロの展望ポイントとされる、小高い丘もあり、そこ登るとより一層キリマンジャロの迫力が増して感じられます。周囲は緑豊かな湿原になっておりカバがいたり、草食動物が水を飲みに来たりする様子も眺められるかもしれません。

また、西遊旅行のツアーではアンボセリ滞在中、キリマンジャロの展望が素晴らしい「オルトカイ・ロッジ」に宿泊します。アフリカらしい雰囲気を楽しむことができるサファリ・ロッジですが、山向きの部屋からは部屋の中からキリマンジャロの姿を眺められる部屋もあります。部屋から眺められない場合でもすぐ外にでると目の前に雄大な景色が広がります。また、ロッジの周辺でもゾウが歩いていたりと非日常の世界をお楽しみいただけるのがこのロッジの特徴です。

オルトカイロッジオルトカイロッジ からの展望DSC_1653

≪写真左:アフリカらしい雰囲気のオルトカイ・ロッジ≫
≪写真右:オルトカイ・ロッジのテラスから望むキリマンジャロ≫

公園内には勇敢でプライドが高く、草原の貴族と呼ばれるマサイ族が暮らしています。彼らはケニア南部からタンザニア北部一帯の先住民で、ナイル系のマー語(マサイ語)を話します。マサイ「マー語を話す人」という意味で、未だ伝統的な生活を守り、サバンナに暮らしています。マサイ族の宗教は自然崇拝となり、キリマンジャロ山の頂上に座するエン=カイという神を信奉しています。アンボセリ国立公園内の村を訪れると歓迎のダンスで出迎えてくれました。背後には彼らが信仰する神様が住むキリマンジャロが聳え立っていました。
村を訪れると住居を見せてくれたり、昔ながらの火のおこし方を実演してくれたりと、彼らの生活の一部に触れることができます。

アンボセリ マサイ族の女性達
≪写真:マサイ族の女性達とキリマンジャロ≫
アンボセリ マサイ族の男性達DSC_1769
≪写真:マサイ族の男達による踊り≫

野生動物の観察とキリマンジャロの大展望、サバンナの戦士マサイ族と3つの楽しみが味わえるアンボセリは、ケニアの数ある国立公園の中でも私のお気に入りの場所となっています。これから7~9月にかけてはマサイ・マラ自然保護区でヌーやシマウマの移動の季節にあたり、一年でもとても賑わいを見せる季節を迎えます。

関連ツアー:西遊旅行でいくケニア・タンザニア こだわりのロッジに滞在、マサイマラ ヌーの大移動の季節
野生の王国ケニア・タンザニアサファリとキリマンジャロ大展望

at 20:41│ルワンダ | マウンテンゴリラ

2011年03月01日

マウンテン・ゴリラ

こんにちは。大阪支社の米谷です。
今日は近年世界的にも注目を集めていますマウンテン・ゴリラトレッキングについてご紹介いたします。
食事をするゴリラ
≪写真上:野生のマウンテンゴリラ≫

マウンテン・ゴリラはウガンダ、ルワンダ、コンゴの3ヶ国の国境付近にまたがる山岳地帯にのみ生息しており、一時は密猟によって絶滅の危機にまで瀕しました。研究者達の努力のお陰で保護活動が行なわれる様になり、徐々に個体数も増えてきています。

西遊旅行のツアーで訪れるヴォルカン国立公園はルワンダ北部に位置します。この国立公園には現在13のゴリラのグループが確認されていて、そのうち観光客が訪れる事ができるのは7つのグループです。他のグループは研究者しか許可されていません。

また、ゴリラにストレスを与えない様にひとつのグループにつき8名までしか許可されていないので、ツアーでは7名様までの限定コースとしています。近年世界的に人気を集めているためゴリラトレッキングの許可書をとるのが非常に難しくなってきています。半年前に売り切れという事も珍しくありません。ツアーでは事前に許可を購入しているので、安心してご参加いただけます。


DSC01905トレッキングの始まりは朝、ゴリラトレッキングの事務所からスタートします。トレッキングに参加する観光客が集まり、どのゴリラのグループに行くか割り当てられます。残念ながらグループを観光客が指定することはできなくなっています。
≪写真左:ゴリラトレッキング事務所≫




DSC01903どのゴリラを見に行くか決まったらレンジャーによるトレッキングに際する諸注意を受けます。風邪をひいたりしているとトレッキングに参加させてもらえないかもしれないので体調管理には気をつけて下さい。
≪写真右:ゴリラトレッキングの事務所にて≫




DSC02163その後、各グループに分かれて車でトレッキングのスタート地点へ向かい、山の麓からトレッキングスタートです。私はこれまで2度訪れましたが、偶然ながらどちらも「アマホロ」と呼ばれるグループを訪れました。ゴリラがどこにいるかで歩く距離は大きく変わってきます。1時間位で出会えるグループもあれば、3時間位歩くこともあります。しかし、あまりすぐに会えるより、ちょっと苦労した方がゴリラと出遭った時の感動は大きいかもしれませんね。
≪写真左:ゴリラトレッキングの様子≫

現在は密猟から守るためレンジャー達が朝から晩までゴリラを観察しています。そのため、ゴリラ観察率は95%以上と言われています。
また、西遊旅行のツアーではこれまで2005年から10本のツアーを催行してきましたが、ゴリラ観察率は今の所100%です。

ゴリラの群れに辿りついたら1時間の観察が許可されます。ルールでは7m以内に近づく事はできません。逆に7mまで近づいて大丈夫なんですか?という感じさえします。実際、ゴリラは草食動物でアザミやセロリ、タケノコなどを好みます。こちらがルールを守れば危害を加えるといった事はないのです。

シルバーバックグループのリーダーはシルバーバック。マウンテンゴリラ雄は大人になると背中が灰色になるので、その様に呼ばれます。群れの中で一際威厳を感じさせてくれます。
≪写真左:シルバーバック≫



'06ルワンダゴリラの森 040
また、子供のゴリラ達は愛らしく、いたずら好き。木に登ったり、じゃれあったりしてとても楽しそうです。
≪写真右:マウテンゴリラの赤ちゃん≫




ルワンダでは昔から赤ちゃんに名前を付けることをとても大切にしてきました。2005年からはじまったのが「ゴリラ・ネーミング・セレモニー」。毎年6月、世界中から研究者や観光客が集まって、地元の人々と一緒に盛大なイベントが行なわれています。様々な団体からも寄付金が集まり、ゴリラの保護や、近郊の村、道路や学校の建設などに役立てられています。

今後はゴリラ達が安全に暮らせる自然を残し、もともと彼らが暮らしていた環境を取り戻してあげることが人間のすべき事なのだろうと考えさせられました。


関連ツアー:ウガンダ・ルワンダ



at 20:29│ニジェール | サハラ砂漠

2011年02月14日

ニジェールの塩のキャラバン Azalai アザライ 2011

caravan04

サハラ砂漠でトゥアレグによって営まれる塩のキャラバンを「アザライ」といいます。20世紀初頭には2つのアザライが存在しました。
①トンブクトゥ~タウデニ(マリ)
②アガデス~ファシ~ビルマ(カワル山地)
この2つは現在も残る唯一のサハラのキャラバンであり、雨期があけ気温が下がる11月~1月に最も多く組まれますが、トラックの輸送が発達してきたため、ニジェールでのキャラバンは衰退にあります。

2011年1月、ニジェールのファシ付近で、幸運にも”塩のキャラバン”に出会うことができました。


caravan06ファシのオアシス手前でキャラバンの足跡発見! 
車でキャラバンの足跡を追跡、幅から大きなキャラバンであることを推測 







caravan01荷済みをしている出発直前のキャラバンと遭遇。150Kg~200Kgほどの荷物を積むとのこと。ビルマやファシで作られているヤシの木の幹でかたどった塩Kanutuを積んでいます。






caravan05塩とラクダの食料の干草をつんで出発する。後ろのラクダは前のラクダの干草を食べないように口にロープが巻かれています。また、キャラバンには修行中の子供ラクダの姿も。






caravan02今回であったキャラバンは、ナイジェリア国境マラディの近くのマダワから出発したキャラバン。
マダワ→アガデス→トラヤ→テネレの木→ファシ→ビルマ→ファシ→テネレの木→トラヤ→アガデス→マダワと歩いている、ファシを出発して1日目のところでした。「何日間のキャラバンですか」と聞くと、「家を出てから今日で50日目」と。


マラディの近くのマダワで黒人トゥアレグによるキャラバンでした。「昨日は朝9時半にファシを出て夜中まで歩いてここにきた」と。ファシからちょうど50Km地点でした。400匹のラクダを連れた隊で、今年2回目になる11歳の見習いの子供も参加していると、35年キャラバンをしているリーダーが説明をしてくれました。

キャラバンに出会えた、という幸せ。この伝統が受け継がれていきますように。

caravan03


文・写真 Mariko SAWADA  澤田真理子


テネレ砂漠の塩のキャラバンと出会うチャンスのある西遊旅行のニジェールの旅
「ニジェール・アイール山地とテネレ砂漠塩のキャラバンルートを行く」