2016年07月08日

エトーシャ国立公園 ナミビアでのサファリはここ!

東京本社の廣野です。

たくさんの魅力をもつナミビアについて書きます。
ナミブ砂漠、ヒンバ族など、このブログでもナミビアの魅力について何度もみなさんに紹介させていただいていると思いますが、ナミビアではサファリも楽しめます。

エトーシャ国立公園
エトーシャ国立公園

エトーシャ・パンと呼ばれる約4,700平方kmの広大な塩原が、ナミビア北部に広がっています。
この塩原とその周辺がエトーシャ国立公園として保護されており、ナミビアの中でも最も大きな野生動物保護区のひとつとなっています。

エトーシャ・パンは、1年のうちほとんどは乾いた状態ですが、たまに大雨が降ったあとには薄く水が張ります。地表に蓄えられたミネラル分が溶け出すため、その水は非常に塩分濃度の濃いものとなります。

基本的にはとても乾いた土地ですが、いくつかの水場を中心に集まる動物たちを見ることができます。

ツアーでもよく見る動物たちの例としては下記の通りです。

キリン
シマウマ
オグロヌー
オリックス
エランド
スプリングボック
クードゥー
アフリカゾウ
ダチョウ

目の前の道路を横切るシマウマ
シマウマ


オグロヌー
オグロヌー


水を飲むオリックス
オリックス



スプリングボック(手前)とクードゥー(奥)
スプリングボックとクードゥー



アフリカオオノガン
アフリカオオノガン



また、運が良ければ下記のような動物に出会えることも!

クロサイ
チーター
アフリカライオン

くつろぐライオン
アフリカライオン




こちらは、実際に私が添乗で行かせていただいた際に撮った写真です。
アフリカゾウ

視界の中にこんなにたくさんのゾウがいることは、滅多にないのではないでしょうか?!
この時は、ゾウたちが水浴び(泥あび)をしているのを見ることができ、大迫力でした!


限られた水場に、色々な種類の動物たちが集まるのも面白いです。
エトーシャ国立公園


エトーシャのサファリは、四輪駆動車ではなくツアーの大型バスでそのまま行います。
決まった道から外れることはできないですし、動物の種類もそこまで多くはないかもしれません。
アフリカでサファリと言えば!のケニア・タンザニアなどと比べると若干劣ってしまうかもしれませんが、ナミビアの魅力のひとつとして、ぜひ体験していただきたいサファリです。

ほぼ1年を通して設定し、ご好評いただいているナミビアのコース、現在発表済みのコースは下記の通りです。

■8/5発  ナミビア →催行決定!残席はお問い合わせください。お申し込みはお急ぎください。
■9/9発  ナミビア →催行決定!残席はお問い合わせください。
■9/23発  ナミビア →まもなく催行予定です。
※詳細は こちら をクリックしてください。

お気軽にお問い合わせください!

ふさふさまつ毛のキリン
キリン




hirono_saiyu at 09:30│ ナミビア | 野生動物サファリ