アルベール・カミュが愛したティパサ(アルジェリア)旅の楽しみは「お土産」 マダガスカル編

2018年02月28日

4つの国立公園・保護区を巡る:野生の王国ケニア・タンザニアサファリ

西遊旅行の荻原です。
今回は7月~9月のケニア・タンザニアサファリのツアーで訪れる4つの国立公園・保護区をご紹介いたします。

■ンゴロンゴロ自然保護区【世界遺産】
(Ngorongoro Conservation Area):1泊


DSC_0027_ogihara

タンザニア北部、セレンゲティ国立公園の南東に位置。南北16km、東西19kmのクレーターがあります。総面積は8,300㎢で兵庫県と同じ広さだが、そのうちクレーターの内部はわずか3%の264㎢(山手線内部3つ分の広さ)。
このクレーターの火口縁は標高2,300~2,400m、クレーターの底は標高1,800m。地形で物理的に遮断されているため、一生をここで過ごす動物がほとんどです。

DSC_0112_ogihara
▲草原と外輪山

DSC_0074_ogihara
▲ライオンと水牛


■アンボセリ国立公園
(Abmoseli National Park):2連泊


DSC_0244_ogihara

ケニア南部、アフリカの最高峰・キリマンジャロ山麓の北側に広がる原野を国立公園としたもので、広さは392㎢。キリマンジャロの噴火時に噴出した土砂が造った古アンボセリ湖が干上がってできた平地で、火山灰に覆われているので土は白茶の色をしています。
典型的な乾燥サバンナで、年々乾燥しており砂漠化が進んでいます。アンボセリとはマサイ語で「ほこりまみれの場所」を意味します。

DSC_0203_ogihara
▲湿原で水を飲む象

DSC_0294_ogihara
▲マサイ族の村を訪問


■ナクル湖国立公園【世界遺産】
(Lake Nakuru National Park):1泊


DSC_0475_ogihara 

ケニア西部に位置する標高1,750~2,070mの国立公園。ナクル湖はアルカリ性の湖で、かつてはフラミンゴが大量に生息していることで有名でしたが、近年街から流れる排水で湖水が汚染されていること、多量の水が流入しアルカリ性が薄れてしまったことなどから、フラミンゴのエサとなる藻が育たなくなってしまい、今ではほとんどフラミンゴは居ません。
アフリカ南部から移入し繁殖に成功したシロサイの生息地として有名で、自然景観に富み、188㎢と狭いながらもさまざまな動物を見ることができます。

DSC_0503_ogihara
▲ヒザから下が白いウガンダキリン

DSC_0427_ogihara
▲シマウマの親子


■マサイマラ国立保護区
(Masai Mara National Reserve):3連泊


DSC_0286_ogihara

首都ナイロビから250km、ケニア南西部のビクトリア湖とグレートリフトバレーの間に位置する国立保護区。南のセレンゲティ国立公園(タンザニア)と国境線で隣接し、野生動物の種類・数の多さではケニア第一。面積は1,840㎢で大阪府とほぼ同じ大きさです。
ケニア最大のライオンの生息地であり、公園を流れるマラ川を毎年7月~9月にヌーが渡ることでも有名。「マラ」とはサバンナが点在する、という意味。国立保護区の趣旨は国立公園と同じだが、住民の居住、放牧などがある程度許されています。

DSC_0051_ogihara
▲車の前を横切るライオン

DSC_0258_ogihara
▲サバンナの夕焼け

それぞれに特徴がある4つの国立保護区・国立公園を巡りたっぷりサファリを楽しむツアー。ヌーやシマウマが最も多い7月~9月限定の出発です。ぜひこの機会にご検討下さい。

マサイマラ国立保護区で3連泊 ヌーやシマウマの大移動の季節限定!
野生の王国ケニア・タンザニアサファリ

ヌーの大移動の季節限定特別企画
マサイマラでヌーの川渡りを狙う

タンザニアが誇る3つの国立公園(保護区)でサファリを満喫!
緑のタンザニア

ogihara_saiyu at 08:13│ アフリカの野生動物 | ケニア
アルベール・カミュが愛したティパサ(アルジェリア)旅の楽しみは「お土産」 マダガスカル編