アルジェリアで白のモスクを歩く

2018年03月19日

青の迷宮都市 ‶シャウエン”

今日ご紹介するのは近年注目を集めるモロッコのシャウエンです。町全体に青色を基調とした建物が立ち並び、その美しさは訪れる観光客を魅了してやみません。世界には同じ様な青い町として知られる所がいくつかありますが、インドのジョドプール、スペインのフスカルと並び、シャウエンはモロッコでも有数の観光地となっています。
■7192_yonetani
青の迷宮都市シャウエンの旧市街

1471年 、モロッコ北部からのポルトガルの侵略と戦うために要塞として造られた町で、リーフ山脈の麓の斜面を利用して造られています。スペインによるレコンキスタの後、多くのイスラム教徒やユダヤ教徒がここに定住するようになりました。そのため、スペインのアンダルシア地方の影響が色濃く残っています。また、建物が青く塗られたのは、ユダヤ教で青が天や神を示す神聖な色であることに由来するとの説や、夏場の暑さを視覚的に紛らわせるという説、青は虫を寄せ付けない色であるなど色々な説がありますが、本当の所は良く分かっていません。

DSC_7075_yonetani
シャウエンの町を遠望。

町の中は迷路の様に入り組み、一人で歩いているとすぐに迷ってしまいそうになります。それでも何気なく入った細い路地が、なんとも表現できない美しさを持っていたりするのがこの町の魅力です。
DSC_7232_yonetani
家庭やホテル、レストランなどのドアも青色。

■7405_yonetani
まさに青の迷宮都市という名前がぴたりです。

DSC_7188_yonetani
青色で造られたモスク。

DSC_7180_yonetani
広場の水場も青色を基調に造られています。

DSC_7123_yonetani
お土産店やカフェなどもたくさんあり、見ているだけでも楽しくなります。

DSC_7129_yonetani


西遊旅行の団体ツアーでお泊り頂くホテルはこの旧市街の入り口に位置する「パラドール」。ホテルから徒歩でこの青い迷宮都市を散策できる好ロケーション。この町の楽しみ方はやはり時間の許す限り、迷路の様な旧市街を練り歩き、青の世界を存分に楽しむ事に限ります。モロッコに行く際には是非、シャウエンも訪れてみて下さい。

青の迷宮都市シャウエンへ行くツアーは下記をクリック↓
青の迷宮都市シャウエンからサハラへ  モロッコ周遊の旅

モロッコへの個人旅行はこちらをクリック














yonetani_saiyu at 10:08│ モロッコ 
アルジェリアで白のモスクを歩く