アフリカゾウ

2015年05月12日

ザンビア 2つの国立公園で過ごす優雅な滞在

 皆様、初夏の過ごしやすい季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。今日は、今年も発表しました「ザンビア 2つの国立公園で過ごす優雅な滞在」のツアーのご紹介をさせていただきます。

 このツアーのハイライトは何と言っても、宿泊するロッジの中をのっしのっしと象が闊歩する様子を間近に見られること。ロッジの対岸にあるマンゴーの木に茂る実を、一年に一回だけ11月に食べにくるのです。
■BCC09_009

                 【マンゴーの実を求めてロッジ内を闊歩する象】

 さて、このツアーではロッジの中を歩く象だけでなく、「ローワーザンベジ国立公園」と「南ルアングア国立公園」でのサファリが魅力です。それぞれの国立公園で見れた動物、鳥等をご紹介いたします。

 まず、ザンビアのルサカからセスナ機で飛ぶこと約30分、ザンベジ河に面したローワーザンベジ国立公園に到着します。飛行場にはロッジの車が迎えに来てくれ、そのままロッジへと向かいます。

KOJI0304_yamadaKOJI0326_yamada

   




         
  【国立公園へと直行するセスナ】                    【雄大なザンベジ河に沈む夕日】


  雄大なザンベジ河でのクルーズでは、水を飲みに来る象や、河で泳ぐカバ、巨大なワニ等を見ることができ、ザンベジ河に沈む夕日も美しい光景でした。朝のサファリでは、巨大な象を目の当たりにします。
KOJI0356_yamada



KOJI0409_yamada
【水辺の象と、サファリ中に出会った象】

KOJI0428_yamada

                 【夜にはカバが闊歩する自然の中にあるロッジ】
                                           

KOJI0424_yamada

                   【こじんまりとして落ち着いたロッジの食堂】


KOJI0429_yamada

                 【快適なお部屋の内部。もちろんトイレ、シャワー付です】


  ツアーではローワーザンベジ国立公園の後、セスナでルサカ乗り換えにて南ルアングア国立へと向かいます。到着後のサファリでは、食後にゆったりとするライオンの一家、ナイトサファリでは、ヒョウの姿を見ることができました。
KOJI0486_yamada

                       【夕陽を浴びたライオン】

KOJI0499_yamada

                      【食後にくつろぐライオンの一家】



  また、翌日の朝のサファリでは、ミネラルを含んだ地層に集まる無数のハチクイの群れや、木の上で眠るヒョウ、生まれたばかりのインパラの赤ちゃんなどを見ることができました。

KOJI0519_yamada

                    【ナイトサファリで、ライトを浴びたヒョウ】


KOJI0621_yamada

                      【こちらは翌日、木の上で眠るヒョウ】

KOJI0539_yamada

                  【ミネラルを含む地層に集まったハチクイの群れ】


KOJI0540_yamada

                  【ものすごい数です。ハチクイが乱舞します】

KOJI0585_yamada

      【生まれたばかりのインパラの赤ちゃん。しっかりと自分で立つまで見届けていました】

KOJI0630_yamada

                 【バファローは、水を求めて大行進していました】


KOJI0641_yamada

                    【木陰で一頭で休んでいたオスのライオン】



KOJI0610_yamada

                           【象があるくロッジのフロント】

KOJI0608_yamada

                 【ロッジ内のバー。夕方には、ピザ等の軽食が出ます】

KOJI0611_yamada

            【ロッジ内にも沢山の動物がいます。かわいいイボイノシシ】


 快適なロッジに連泊しながら、沢山の野生動物をみることができるこのツアー、年に一回だけの特別企画です。間もなく催行になる今年のザンビアのツアーで、是非皆様も沢山の動物達に出会ってみて下さい。

関連ツアー
ザンビア 2つの国立公園で過ごす優雅な滞在

yamada_saiyu at 08:00|Permalink

2013年07月24日

ゾウがやってくるムフウェロッジ(ザンビア)

こんにちは。大阪支社の米谷です。
今日はアフリカ南部・ザンビアのご紹介です。

近年、南アフリカ、ボツワナ、ナミビアなど南部アフリカの各国への観光客は非常に増えてきています。ザンビアに関してもヴィクトリアフォールズを見に、ジンバブエから国境を越えて訪れた方も多いかと思います。しかし、ザンビアにはオカバンゴデルタやチョベ国立公園などに引けをとらない、野生動物が暮らす国立公園が数多く残っています。

その中で、近年注目されているのが南ルアングア国立公園のムフウェロッジです。このロッジは10月中旬から11月中旬にかけて、ロッジに象がやってくることで一躍有名になりました。この土地にあるマンゴの木に実がなるこの季節、象たちは果実を求めてこの地域にやってきていました。その場所にロッジを建てた所、ロビーを通って中庭にあるマンゴの木を求めて今でも毎年象の群れがやってくるのです。

象はいつくるか分からないので、レセプション付近で根気よく待つことも必要ですが、写真のような想像できない風景に出会えるかもしれません。

elemf2_1

BCC09_009_DSC00221_1

ゾウがロッジのロビーを通っていく様子 写真提供:BUSHCAMP COMPANY

ムフウェロッジのホームページでは象がホテルにやってくる動画もご覧いただけます。
是非、覗いてみて下さい。
http://www.bushcampcompany.com/videos.php?popup=1281256744

ロッジ自体もアフリカらしい雰囲気を存分に楽しめる豪華なロッジで、2009年にはザンビアのベストロッジにも選出されています。滞在中は毎日無料のランドリーサービスもご利用いただけ、着替えもたくさん持ってくる必要はありません。


MfuweLodge023
ムフウェロッジの客室の一例

MfuweLodge049
アフリカらしい調度品であるれるロッジのロビー

このロッジに泊まるツアーが10月29日発「ゾウがやってくるロッジに泊まる!ザンビア 2つの国立公園で過ごす優雅な滞在」です。既に催行決定しており、残席もあと僅かとなっています。

ゾウがやってくるホテルに泊まるという、貴重な体験を是非、お楽しみいただければと思います。

ツアーの詳細はこちら↓
10月29日発「ゾウがやってくるロッジに泊まる!ザンビア 2つの国立公園で過ごす優雅な滞在」

yonetani_saiyu at 20:11|Permalink

2011年07月05日

チョベ国立公園とアフリカゾウ(ボツワナ)

みなさんこんにちは。大阪支社の米谷です。
今日はアフリカを代表するビッグ5のひとつアフリカゾウについてご紹介します。

アフリカゾウとインパラ

       ≪水場に集まるアフリカゾウ≫

アフリカゾウはアフリカのサバンナや森林に生息し、食べ物を求めて毎日移動します。
通常10頭位の群れを成し、多い時には百頭にも達する大規模な群れに発展することもあるそうです。
雄は生後15年位で群れを離れて、単独もしくは若いオスのみの群れを形成して生活します。
子供のいる群れに危険が迫ると、親のゾウ達が周囲を囲うようにして守るのです。
ただし、子供のゾウは実の親ゾウが育てるため、親が死んでしまうと子供は群れの移動についていく
ことができず、他の肉食獣に捕食されたり、食べ物を見つけられず死んでしまうのです。
ライオンは親が死んでも、グループの他の親が育ててくれますが、ゾウはそうではないのです。

アフリカゾウの親子アフリカゾウの群れ

≪写真左:アフリカゾウの親子、右:アフリカゾウの群れ(それぞれチョベ国立公園にて)≫


アフリカゾウの生息地で有名なのがボツワナのチョベ国立公園です。現在でも50000頭が生息し、これはアフリカ大陸でも最も生息密度が高く、地球上で最も多くのゾウが生息する地域として有名です。1970年代から1980年代にかけての大量の密猟が横行し、1990年代には数千頭まで減少したが、現在は徐々にその数を増えてきています。

チョベ国立公園はジンバブエのビクトリアフォールズから車で約2時間ほどと交通の便も良く、快適なアフリカらしいいロッジもたくさんあります。滞在中はサファリドライブとボートクルーズで野生動物の観察をお楽しみいただき、アフリカゾウ以外にもキリンやライオン、ヒョウにワニ、バッファローなどの大型動物の観察も期待できます。
ビッグファイブのうちサイをのぞく4つが生息しており、観光客にも人気がある場所のひとつです。

チョベマリーナロッジ夕暮れのチョベ川

≪写真左:快適なチョベマリーナロッジ、右:チョベ川に沈む夕日≫

西遊旅行のツアーでは「南部アフリカ5カ国周遊」コースで世界遺産・ビクトリアの滝やナミビア、ケープタウンなどの南部アフリカの見所を巡るコースを設定しています。9月29日発コースでは旅の最後にジャカラナダの咲くプレトリアの滞在もお楽しみいただける充実の内容となっています。

画像 433















≪ジャカランダの咲くプレトリア≫

乾季のベストシーズンにあたる8月~10月は南部アフリカの旅行にお勧めの季節です。
是非、足を運んでみて下さい。

関連ツアー:西遊旅行でゆく南部アフリカ
        南部アフリカ5カ国周遊




yonetani_saiyu at 20:52|Permalink