カーボヴェルデ

2016年11月02日

知られざる島国 カーボヴェエルデ ~世界遺産シダーデ・ヴェーリャ

 大阪支社 高橋です。

 ようやく秋らしい気候となり、東北地方では紅葉の風景が見られるというニュースを目にしました。私の住む関西地方では、紅葉はまだまだといった様子ですが、今シーズンはどこで紅葉を楽しもうか、現在検討中です。今日との嵐山あたりをのんびり散策しながら、紅葉を楽しむのも良いかもしれません。

 今回は、アフリカのセネガル沖約600kmの海上に浮かぶ島国カーボヴェルデについてご紹介します。
 
 大小15の火山群島で構成されている、アフリカ最西端の島国・カーボヴェルデ。
 島それぞれに特徴があり、いまだ火山活動を続けるフォゴ島、緑豊かな山岳風景の広がるサント・アンタン島、文化の中心サン・ヴィセンテ島など、島ごとに異なる風土を体感いただけます。

 アフリカ最西端の島国・カーボヴェルデを構成する島々の中に、「サンチャゴ島」があります。

 ここサンチャゴ島において、観光のメインとなるのが、サンチャゴ島の盛衰を今に伝える歴史地区として、世界遺産に登録されている「シダーデ・ヴェーリャ」です。

 シダーデ・ヴェーリャは、首都プライアから15kmのところに位置しており、都市名は「古い都市」を意味します。カーボヴェルデ・クレオール語では単に「シダディ」(Sidadi)とも呼ばれています。

 アフリカ北西岸の沖合にあり、市の中心部は「熱帯地方で最初のヨーロッパ人の入植地」であります。
 サンチャゴ島が発見されたのち、1462年にアントニオ・ダ・ノリ(António da Noli)によってこの町は「リベイラ・グランデ」(ポルトガル語で「大河」の意味)と名付けられました。
 その後、1466年にシダーデ・ヴェーリャは、ギニアビサウやシエラレオネからブラジルやカリブ海地域へ奴隷を輸出する重要な貿易港となり、その結果、シダーデ・ヴェーリャはポルトガル入植地のなかで2番目に豊かな都市になったのです。

IMGM1320
【大西洋とシダーデ・ヴェーリャの街並みを一望】


 1572年までに、リベイラ・グランデの街には約1500人の人々が生活するまでになりましたが、その多くは谷の上までプランテーションを広げるための奴隷たちだったと言われています。谷の上方までオレンジ、レモン、ザクロ、イチジク、ヤシの木などで生い茂っていたそうです。

IMGM1325
【バナナ・プランテーションが広がる渓谷の展望】


 市内を一望できる「サン・フィリペ要塞」は1590年に建造されました。
 その目的は、(ポルトガルの)植民地をイギリスやフランスの手から、また度重なる海賊の侵入・破壊からリベイラ・グランデの街を守ることにありました。
 海賊たちの度重なる侵入、破壊、略奪により、要塞内で現存するのは「貯水タンク」のみでした。
 この貯水タンクは、雨水が水路を通り、小窓から地下のタンクに貯められる構造であり、また、動物の皮で作った袋を利用し、渓谷から水を運んでいたという話もあります。
 これらの作業は、想像するだけでも大変な仕事、奴隷貿易の重要な拠点として栄えた都市であったことを考えると、それらの仕事は奴隷がおこなっていたのであろうことが想像できます。

IMGM1326
【現存する貯水タンク】

 要塞内には、当時は武器庫、兵舎、礼拝堂さらには監獄までが建ち並んでいたとの事ですが、破壊され地中に埋もれてしまったとの事でした。

IMGM1322
【サン・フェリペ要塞】


 海岸線側の方へ足を延ばすと、いくつかの大砲も残されています。
 これらの大砲は、海より侵入・攻撃してくる海賊から、イギリスやフランスから、ポルトガル人入植地を守るために設置されていたというのは安易に想像がつくかと思います。

IMGM1328
【「海側」に向いた大砲】


 これらの「大砲の向き」について、現地ガイドさんから興味深い話をしていただきました。

 1585年、イギリスの海賊サー・フランシス・ドレイクは25隻の船、2300人の船員たちという大海賊団を組んでサンティアゴ島に到着し、リベイラ・グランデ(現在のシダーデ・ヴェーリャ)を略奪したという歴史があります。
 ドレイクの船団はこのリベイラ・グランデに2度上陸し、攻略した後にサン・フェリペ要塞までの山路を登って到達、攻め落としたとされており、その後に要塞の大砲は海側に向けられました。

 その後、1712年にジャック・カサール(Jacques Cassard)率いるフランス軍の船団が侵入してきた際、フランス軍はプライアの港に船を隠し、陸路でシダーデ・ヴェーリャに進軍し、背後(山側)から要塞を襲撃しました。
 その後、村へと下り略奪を行ったとされ、その後に要塞の大砲が山側に向けられたということでした。

 このような興味深いシターデ・ヴェーリャのサン・フェリペ要塞の見学を終えた後、海沿いに広がる「シダーデ・ヴェーリャの街の散策」もお楽しみいただきます。
 街の見どころは、また後日お伝えいたします。

 熱帯地域に初めて建設されたヨーロッパ入植地の姿を伝えるだけでなく、奴隷貿易の重要な拠点として複数の大陸の歴史にとって重要な役割も果たしたシターデ・ヴェーリャに興味を持たれた方、また、その他の島々の異なる風土を体感されたい方は、是非西遊旅行へご一報ください。

 次回は「シダーデ・ヴェーリャの街の散策」のみどころをご紹介いたします。

 つづく・・・。

■「世界遺産シダーデ・ヴェーリャ」へ訪れるツアー
 アフリカ最西端の島国 カーボヴェルデ
 ~知られざる島国・カーボヴェルデの自然と歴史を知る旅
 ①01月21日(土) ~ 01月30日(月) 10日間 ※まもなく催行
 ②02月18日(土) ~ 02月27日(月) 10日間 ※ご集中























 
 

takahashi_saiyu at 17:00|Permalink

2015年12月24日

知られざる島国 マカロネシアの火山諸島 カーボヴェエルデ

 大阪支社 高橋です。

 早いもので、もう師走の12月。2015年も残すところ、あとわずかです。
 今年の秋は、幸いにも紅葉の時期に日本にいたので、京都での紅葉を、さらには秋の味覚も堪能させていただきました。
 今年の冬こそは、カニ鍋を思う存分堪能したい、ここ最近寒くなるたびにそう思う毎日です。

 今回は「マカロネシアの火山諸島 カーボヴェルデ」カーボヴェルデの中でも最も火山活動が活発な島「フォゴ島」についてご紹介したいと思います。

 「カーボヴェルデ」という国名を聞いて、いったいどこなのか・・・そう思われた方が多いのではないでしょうか。

 まずは、カーボヴェルデという国についてご紹介します。

 国の正式名称は「カーボヴェルデ共和国」と言い、大西洋の中央、セネガルの首都ダカールがある「カップ・ヴェール岬」より約500km、北アフリカの西沖合のマカロネシアに位置するバルラヴェント諸島(風上諸島)とソタヴェント諸島(風下諸島)からなる共和制の国家であります。

カーボヴェルデmap


 15世紀~1975年までポルトガル領であった時代もあり、独立に際してアフリカ大陸部のギニアビサウと統合する計画がありましたが、1980年のギニアビサウでのクーデターによって連合構想は破綻し現在に至ります。
 史跡としてはイギリスのフランシス・ドレークをはじめ多くの海賊や外国の脅威にさらされ、破壊された町シダーデ・ヴェーリャが残っています。

 カーボヴェルデは、10の島(内9は人が居住。サンタ・ルシア島には定住者がいない)と8の小島で構成され、地質学的にはプレートの運動により大西洋が拡大中に、ホットスポットでマントルの部分融解融で発生したマグマが噴出した玄武岩類が諸島を形成したとされています。
 現在の島を構成するのは2千万年前から8百万年前の火山岩であると言われています。

 大小15の火山群島からなるカーボヴェルデ。その中でも最も火山活動が活発な島が「フォゴ島」であり、そのフォゴ島での最大の見所と言えば「フォゴ国立公園」であります。

 フォゴ島は、ホットスポットによって形成されたカーボヴェルデ諸島において最も若い火山島で、諸島の西端部に位置しています。ホットスポットで順次作られた活火山がアフリカプレートに乗ってホットスポットの上を東に向かって移動し多島海を形成しています。
 フォゴ島は1つの火山から成り、島は直径約25キロメートルのほぼ円形というかたちをしています。

 1995年に起きた噴火活動で、ピコ・レケノという新たなクレーターが出現しました。
 カルデラは最大9kmの幅があり、外縁は1kmの高さを誇ります。
 巨大な山頂部はカルデラの中央部にあり、カノ火山(フォゴ山)と呼ばれて、活発な成層火山であり、カーボヴェルデ共和国最高峰の標高2829メートルの山であります。山頂はカルデラの外縁より100mほど高く、火口からの溶岩は、島東海岸に達しました。

IMGM1241
【国立公園エリアに入るとすぐ、目の前に聳えるカノ火山を一望】


IMGM1268
【カルデラの外縁、その麓は2014年の溶岩流】


 ここ最近では、2014年11月、中央火口丘側面でふたたび噴火しました。
 当時のニュースでは、周辺住民数百人に「コミュニティの人々はチャダスカルディラスを放棄するよう」と、ホセ・マリア・ネベス首相の指示に従うよう避難を呼びかけていました。
 データによると、噴火は1995年(1995年の噴火は、4月2日から3日にかけての晩に始まり、島は火山灰の噴煙に覆われました)のそれに匹敵するか、それより強大で、物事がさらに悪化する可能性がある、とネベス首相は述べています。

IMGM1258
※中央が「カノ火山(2829m)」
 右麓の丘が1995年の溶岩滴丘、その麓が当時の溶岩流跡
 左麓、雲の下に小高く広がる丘が2014年の噴火口


 カルデラ内へ車を走らせ、2014年の噴火の影響で道路が寸断されているポイントまで向かいます。
 道路上には冷え固まった溶岩流が覆いかぶさっており、黒光りしている溶岩石などをガイドさんが採取してくれました。

IMGM1264
【溶岩石を採取するフォゴ島のガイドさん】


 その後、青空の下、山裾がキレイに広がるカノ山の山容を堪能するため、山麓の散策を楽しみます。

IMGM1265
【カノ山の麓の散策を楽しむみなさん】


 散策を楽しんでいると、と左右に大小の窪みのあるポイントがいくつも見られました。
 不思議な窪みのためガイドさんに聞いてみると、これらは以前木が植わっていた跡だったそうです。
 一見溶岩石に覆われているため気付かないのですが、実はこのカルデラ内の土地は肥沃な土地であり、農業が営まれていた場所だったそうです。降水量が極端に少ないカーボヴェルデ、せっかく降った雨を余すことなく木々などのために利用するために考えられた方法で、木や作物をこうして窪みの真ん中に植え込むという方法が取られていたそうです。

IMGM1267

IMGM1282
【不思議な窪み:窪みの真ん中に植え込むという方法】


 カノ火山の麓の散策では、のんびり景色を楽しまれる方々、せっかくのなので小さな溶岩滴丘へと登られる方など、思い思いに楽しまれていました。
 私も溶岩滴丘に登るグループに同行し、わずか10分ほどで登り切った丘の上からは、カルデラ内部に広がる雄大な景観、また過去の噴火の影響でできた溶岩流跡などを展望することができました。

IMGM1272
【1995年の溶岩流跡】


IMGM1275(2014年噴火口)
【2014年11月の噴火口】


 以前は寸断された道路の先にポルテラ村などいくつか村があったそうですが、2014年11月の噴火で村は全壊してしまい、溶岩流はポルテラの村の斜面を下り主要道路のひとつを覆い尽くし、200の家屋やスポーツセンターが溶岩流によって破壊されたとのことでした。
 噴火当時、カーボヴェルデのホセ・マリア・ネベス首相は数百人の周辺住民に避難をするよう呼びかけたそうで、幸いにも死者はでなかったそうです。

 散策をしていると、数名の男性が廃屋のようになった場所で作業を行っていたり、別の場所では窪みに小さな苗木が植わっていたりもしておりました。いつの日か、この地で農業が、人々の生活が再開される日がくるまもしれない。そう感じさせてくれる場面でもありました。

IMGM1280


 その他、フォゴ島では「フォゴ・ワイン」「フォゴ・コーヒー」が有名です。

 フォゴ島の北部に位置するレルヴァ(Relva)という小さな村で「フォゴ産のワイン」の工場見学をさせていただきました。
 まだ日本では馴染みのない「フォゴ産のワイン」ですが、赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン、何とアイスワインまで生産しており、ご希望のワインをそれぞれ試飲させていただきました。
 年間で100,000リットルも生産されているとの情報もあり、日本でたまたま訪れたレストランでカーボヴェルデ産のワインに出会う日があるかも、そんな時レストランで「現地のワイン工房で試飲させてもらったことがありますよ」などと言える日がそう遠くないかもしれません
 ※私もフォゴ産の赤ワインを購入しました。

IMGM1293
【フォゴ産の赤ワイン、お勧めのワインです】


 さらに東海岸線を北上し、フォゴ島南部に位置するモステイロス(Mosteiros)地区のFeijoal村では、「コーヒー工場」へと訪れます。
 村周辺の斜面にはコーヒープランテーションが広がっており、コーヒーの木の苗木がたくさん並んでおり、収穫したコーヒーの豆を天日干ししている風景も見られます。
 ここの工場では、天日干しした実を焙煎前の豆にまで仕上げる作業を行うとの事で、焙煎そのものはカーボヴェルデの別の島であるサンチャゴ島のプライアで行われているとの事でした。
 フォゴ島のコーヒーは、フォゴ産のワインとともに、お勧めの一品です。
 ※もちろん、私も購入し、毎朝飲んでいました。

IMGM1308
【コーヒーの実を選別する女性】 


 活発な火山活動を続ける成層火山「カノ火山」をご覧いただけるフォゴ国立公園、さらには、日本でも馴染みの少ないフォゴ産のワインやコーヒーなど。
 その他さまざまな景観・文化を堪能いただけるカーボヴェルデのフォゴ島はお勧めの島の1つです。

 弊社では「マカロネシアの火山諸島 カーボヴェルデ」というツアーを発表させていただいております。今回のブログをご覧いただき、興味の湧いた方は、是非ご一報ください。
 マカロネシアに浮かぶ島々へ、是非訪れてみませんか。

■マカロネシアの火山諸島 カーボヴェルデ
■西遊旅行のアフリカ方面の旅



staff_saiyu at 09:30|Permalink

2015年09月02日

火山諸島カーボヴェルデ 緑の島サント・アントンを歩く

アフリカ大陸北西の沖合いにある島国、カーボヴェルデをご紹介します。

セネガルのベルデ岬の沖合い約600㎞の大西洋上に散在する大小15の島からなります。すべての島々は海底下にある熱いマグマ溜まりに起因する火山活動によって形成されてきました。時々これらのマグマ溜まりは海から上昇し、火山の噴火を引き起こし、その結果、新たな島を造りだしました。ソタベント(風下)諸島にあるフォゴ島がその中でも一番若く、10万年前に形成された最新作です。アフリカンプレートの上に位置する火山帯ですが地震は全くありません。

たくさんの見所がありますが、北部のバルラベント(風上)諸島にある、緑の島として知られるサントアンタン島をとりあげます。

二つの島はわずか15kmの海峡を挟んで向かい合っており、サン・ヴィセンテから先に浮かぶサント・アンタン島の1000m以上ある山容はさすがに群を抜いて海上に突き出ています。北西貿易風に乗って、大西洋を渡ってきた湿った雲はこの1000mの山にぶつかり西側の斜面に雨を降らすため、緑溢れる景観となりますが、東側の斜面、及びさらに東に位置するサン・ヴィセンテは乾燥した気候となるといいます。

弓状に湾曲したサン・ヴィセンテのミンデロ港ははるか昔の巨大なクレーターの跡です。

サント・アンタンの港町ポルト・ノボから山の頂上まで車で進んでいくと、直径500mのクレーターが見えてきます。その淵ではガスが発生しては風で飛ばされ晴れ間が覗くという、天候が目まぐるしく変わっていき、幻想的な世界が広がります。
DSC_2397



















霧が晴れてくるとクレーター内に集落が形成されているのがよくわかります。牛が放牧され、サトウキビやトウモロコシの畑の世話をしている人が見えます。村の入り口まで散策すると水汲みにクレーターの途中まで集落から上がっていたロバの群れも下りてきました。
DSC_2413




















クレーターから北側へと下り始めると、深く伸びるリベイラトーレ(タワー渓谷)と、崖に張り付くように斜面にある集落を見渡せます。この尾根上で、360度の渓谷美を見ることができ、この道を通るだけでこのサントアンタン島にきたかいがあると言いきってもよさそうな、素晴らしい景色です。
IMG_4383













DSC_2428


























グローグ(ラム酒)の製造元を見学。トイレもこちらで借りる。かつて牛馬に引かせていた木製の絞り機は効率の良い機械に取って代わられ、糖蜜を煮込んで蒸留するのも機械になっている。試飲もできる。5年寝かせたダークのものが700エスクード、糖蜜、また糖蜜とグローグを混ぜた少し甘みのあるお酒ポンチなども販売している。
DSC_2501



















緑溢れるサント・アンタンの北から東側にかけて、ハイキングを楽しみました。サトウキビやキャッサバ、コーヒーといったプランテーションの中や、集落の間を抜けて行きます。プランテーション畑と、マンゴーやパンノキなどの木々が谷を埋め尽くす緑の中を、対岸の岩肌に張り付くように建つ集落を見ながらのハイキング。そこそこ歩きがいもあり良いコースでした。
DSC_2527






























ジャネラ灯台の近くにあるミステリアスな岩には、十字架や、解読不可能な文字がたくさん彫られています。15世紀にポルトガル人が上陸した地や、彼らの進んだ道に名前や十字架を残すように、ここも1460年代のディエゴ・ゴメスの一団、もしくは1480年代のディエゴ・カオンの一団と見られていますが、その文字は現代ポルトガル語やアラビア語、ヘブライ語、ベルベル語とはまったく違い、アラム語やフェニキア語、ポルトガル古語などではないかと言われています。また一説によるとポルトガル人達よりもさらに先に到達した中国人によるものではないかとも言われているそうです。
DSC_2588




















石段を10分弱登ると灯台までたどりつけます。現在は太陽光発電で動いているこの灯台から、島の北東部海岸線が見渡せ、サン・ヴィセンテ、またバルラベント諸島のほかの島々までも天気が良ければ見えそうです。
IMG_4422














渓谷の中の村で手作りのジャムを売っていた少女。カーボヴェルデにはアフリカ系とヨーロッパ系の混血であるクレオールと呼ばれるこうした人々が多く暮らします。
IMG_4390






























西遊旅行で知られざる西アフリカの島国・カーボヴェルデへ!ツアーの詳細はこちらから。
西遊旅行 4つの島々を訪問、カーボヴェルデのツアーページへ

otomo_saiyu at 09:19|Permalink