タンザニア

2016年02月19日

29.8万円~ エチオピア航空就航1周年特別企画!

昨年4月に成田空港に就航したエチオピア航空が、間もなく就航1周年を迎えます。それを記念してエチオピア航空協賛のもと、4月と5月限定の特別価格のツアーを設定しました。

■エチオピア航空協賛特別企画① 北部エチオピアの旅
02D_ethiopia_000

エチオピア航空のおひざ元となる本国エチオピア。北部のラリベラ、アクスム、ゴンダールといった世界遺産が数多く残る歴史街道(ヒストリックルート)を巡る旅を2コース設定しました。エチオピア北部のシーズンと言えば日本の冬にあたる季節と言われます。しかし、4月~5月はまだ乾季の終わり。冬に比べると少し気温は上がるものの、雨はあまり降らず、なによりも観光客の数が圧倒的に少ないという魅力があります。ラリベラの岩窟教会群など、ベストシーズンには世界中の観光客で賑わうため、狭い教会内ではどうしても落ち着いて見学することができません。穴場となる4~5月は観光客が非常に少ないので、そういった教会などでもじっくり見学できるというメリットがあります。

①HISTORIC ROUTE エチオピア歴史街道 8日間 特別価格 29.8万円
青ナイル川の源となるタナ湖のほとりに広がるバハールダル、中世に建設された重厚な城が残るゴンダール、エチオピア最古の都アクスム王国が栄え、モーセがシナイ山で授かった十戒を納めた契約の箱が安置されているとされるアクスム、そして数多くの岩窟教会が残るラリベラと、エチオピアの歴史を知る上で重要な4都市を効率よく巡ります。また、旅の最後には首都アディスアベバの国立博物館を訪れ、ツアー中にご覧いただいた歴史の数々をおさらいし、より深く知っていただくことができます。

②ナイルの源エチオピア アビシニア高原周遊 10日間
8日間で訪れる歴史街道に加えて、世界遺産に登録されるシミエン山地や、東部に残るイスラム都市ハラールも訪れる充実の10日間の旅。北部エチオピアの自然と歴史両方に触れることができます。10日間コースは4月29日からのゴールデンウィークにも設定しましたので、お仕事されている方にもお勧めです。

■DSC6439
聖地ラリベラを代表する聖ギオルギス教会

■DSC_600
アクスムはエチオピア最初の王国の都として栄えた町。現在でも当時の繁栄を物語る巨大なオベリスクが聳える。

■DSC5900
ゴンダールに残るデブレ・ブラハン・セラシエ教会の天井に残る天使の壁画。エチオピアで最も有名な壁画とも言われます。

■エチオピア航空協賛特別企画② 緑のタンザニア 8日間
02D_tanzania_000

もうひとつは昨年も好評いただきました「緑のタンザニア」です。5月のタンザニアは雨季の終わりにあたり、6月からの繁忙期を前に快適なロッジもお得な値段でお泊りいただけます。また、雨季の間に降った雨が、サバンナ一面を緑豊かな草原に変え、花々も咲く美しい季節。丁度この頃は、ヌーやシマウマの群れがセレンゲッティのセロネラ地区からウエスタンコリドーへと移動する季節。セロネラ地区のロッジに宿泊し、お弁当を持ってサファリへと出かけます。

当コースはお一人部屋を特価の9,800円でご提供!快適なロッジに格安のお値段でお泊りいただけるのもこの時期ならではの特典です!

ンゴロンゴロ自然保護区にて
プライドと呼ばれるライオンの家族

どちらもお値段がお得なだけでなく、内容もしっかりとたツアーです。
是非、就航1周年を迎えるエチオピア航空にて、アフリカへ行ってみましょう!



yonetani_saiyu at 10:00|Permalink