ogihara_saiyu

2016年07月22日

シミエン国立公園 「アフリカの屋根」をハイキング

東京本社の荻原です。
今回はエチオピア北部の「シミエン国立公園」をご紹介いたします。

「エチオピア」と聞いてイメージする場所と言えば、ダナキル砂漠やエルタ・アレ火山、ラリベラの岩窟教会群などが有名ですが、実はここシミエン国立公園は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

DSC_0383


エチオピア最高峰ラスダシャン山(標高4,620m)をはじめとする高山が連なり、「アフリカの屋根」とも呼ばれるシミエン国立公園。およそ2500万年前の隆起と火山活動によって形成され、1,000mもの高さの断崖絶壁がいたるところでそそり立っています。

ツアーでは、標高3,300mの場所から切り立った山々が連なる景観を見ながら軽いハイキング。

DSC_0335


DSC_0377


特殊な環境の中で独自の生態系が作り出され、ゲダラヒヒ、ワリアアイベックスといった固有の動植物を見ることができます。

DSC_0354

▲胸部が赤いゲダラヒヒ


DSC_0359

▲親の背中に乗った子どもの姿に出会えることも


DSC_0342

▲ナス科の「ソラヌム・エチオピクム」


高原の澄んだ空気を肌に受けながら、大自然を感じることのできるハイキングは本当に気持ちが良いです。

DSC_0389


シミエン国立公園のあるエチオピア北部・アビシニア高原は11月~3月頃までの間雨の少ない乾季のベストシーズンを迎えます。

今年は以前からご要望が多かった、シミエン国立公園を含む北部エチオピアとダナキル砂漠・エルタアレ火山を一度に周る充実内容のツアーを新設定致しました。

直行便が就航し、ぐっと距離が近く感じられるようになったエチオピア。
この機会にぜひ西遊旅行でエチオピアの旅をお楽しみください。


シミエン国立公園、イスラム都市ハラールを含むエチオピア5大世界遺産を10日間で巡る
ナイルの源・エチオピア アビシニア高原周遊の旅

<新企画>大地溝帯が造り出した奇跡の景観ダナキル砂漠と、世界遺産のシミエン国立公園を含むアビシニア高原を1度に訪問!
ダナキル砂漠とアビシニア高原周遊の旅

<新企画>シミエン山地とバレ山地、エチオピアを代表する2つの国立公園をじっくりと巡り、豊かな自然を楽しむ
固有種の宝庫 エチオピア自然紀行

ogihara_saiyu at 09:30|Permalink