ogihara_saiyu

2018年02月28日

4つの国立公園・保護区を巡る:野生の王国ケニア・タンザニアサファリ

西遊旅行の荻原です。
今回は7月~9月のケニア・タンザニアサファリのツアーで訪れる4つの国立公園・保護区をご紹介いたします。

■ンゴロンゴロ自然保護区【世界遺産】
(Ngorongoro Conservation Area):1泊


DSC_0027_ogihara

タンザニア北部、セレンゲティ国立公園の南東に位置。南北16km、東西19kmのクレーターがあります。総面積は8,300㎢で兵庫県と同じ広さだが、そのうちクレーターの内部はわずか3%の264㎢(山手線内部3つ分の広さ)。
このクレーターの火口縁は標高2,300~2,400m、クレーターの底は標高1,800m。地形で物理的に遮断されているため、一生をここで過ごす動物がほとんどです。

DSC_0112_ogihara
▲草原と外輪山

DSC_0074_ogihara
▲ライオンと水牛


■アンボセリ国立公園
(Abmoseli National Park):2連泊


DSC_0244_ogihara

ケニア南部、アフリカの最高峰・キリマンジャロ山麓の北側に広がる原野を国立公園としたもので、広さは392㎢。キリマンジャロの噴火時に噴出した土砂が造った古アンボセリ湖が干上がってできた平地で、火山灰に覆われているので土は白茶の色をしています。
典型的な乾燥サバンナで、年々乾燥しており砂漠化が進んでいます。アンボセリとはマサイ語で「ほこりまみれの場所」を意味します。

DSC_0203_ogihara
▲湿原で水を飲む象

DSC_0294_ogihara
▲マサイ族の村を訪問


■ナクル湖国立公園【世界遺産】
(Lake Nakuru National Park):1泊


DSC_0475_ogihara 

ケニア西部に位置する標高1,750~2,070mの国立公園。ナクル湖はアルカリ性の湖で、かつてはフラミンゴが大量に生息していることで有名でしたが、近年街から流れる排水で湖水が汚染されていること、多量の水が流入しアルカリ性が薄れてしまったことなどから、フラミンゴのエサとなる藻が育たなくなってしまい、今ではほとんどフラミンゴは居ません。
アフリカ南部から移入し繁殖に成功したシロサイの生息地として有名で、自然景観に富み、188㎢と狭いながらもさまざまな動物を見ることができます。

DSC_0503_ogihara
▲ヒザから下が白いウガンダキリン

DSC_0427_ogihara
▲シマウマの親子


■マサイマラ国立保護区
(Masai Mara National Reserve):3連泊


DSC_0286_ogihara

首都ナイロビから250km、ケニア南西部のビクトリア湖とグレートリフトバレーの間に位置する国立保護区。南のセレンゲティ国立公園(タンザニア)と国境線で隣接し、野生動物の種類・数の多さではケニア第一。面積は1,840㎢で大阪府とほぼ同じ大きさです。
ケニア最大のライオンの生息地であり、公園を流れるマラ川を毎年7月~9月にヌーが渡ることでも有名。「マラ」とはサバンナが点在する、という意味。国立保護区の趣旨は国立公園と同じだが、住民の居住、放牧などがある程度許されています。

DSC_0051_ogihara
▲車の前を横切るライオン

DSC_0258_ogihara
▲サバンナの夕焼け

それぞれに特徴がある4つの国立保護区・国立公園を巡りたっぷりサファリを楽しむツアー。ヌーやシマウマが最も多い7月~9月限定の出発です。ぜひこの機会にご検討下さい。

マサイマラ国立保護区で3連泊 ヌーやシマウマの大移動の季節限定!
野生の王国ケニア・タンザニアサファリ

ヌーの大移動の季節限定特別企画
マサイマラでヌーの川渡りを狙う

タンザニアが誇る3つの国立公園(保護区)でサファリを満喫!
緑のタンザニア

ogihara_saiyu at 08:13|Permalink

2017年08月07日

ラムセス2世に最も愛された王妃・ネフェルタリ

東京本社の荻原です。
今年も11月~3月発「エジプト古代文明への旅」を発表させていただきました。
ツアーでは、追加費用なしで「ネフェルタリの墓」の内部を見学します。

407px-Maler_der_Grabkammer_der_Nefertari_004
▲墓室の内壁に描かれたネフェルタリの肖像

ラムセス2世の第一王妃ネフェルタリは、ラムセス2世に最も深く愛されていたと言われています。
その証拠に、エジプトの各神殿には至る所にラムセス2世とネフェルタリの像が残っています。

DSC_0590_ogihara
▲アブシンベル小神殿のラムセス2世像とネフェルタリ像

DSC_0019_ogihara
▲カルナック神殿のラムセス2世像とネフェルタリ像

ネフェルタリが常にラムセスの付き添いとして描かれていることから、彼女の王妃としての地位は揺るぎないものであったことが分かります。
ネフェルタリは、ラムセスと同じ大きさで描かれていることも多く、通常ファラオの妃たちは王の像や絵の膝ぐらいまでの大きさに描かれる中、こういった構図は極めて稀なものです。
ラムセスと同じ大きさで描かれたネフェルタリの姿は、ラムセスにとって彼女がいかに重要であったかを示しています。

DSC_0078_ogihara
▲ルクソール神殿のラムセス2世像とネフェルタリ像

ルクソールには王家の谷の南西にある王妃の谷にネフェルタリの岩窟墓があります。内部の壁画の美しさはエジプト随一と言われており、古代エジプトの神々や当時の人々の生活の様子が色彩豊かに再現されています。

現在見学者を限定して公開されおり、壁画の保存のため見学時間はわずか10分に制限され、また内部での写真撮影も禁止されておりますが、それだけの価値がある素晴らしい岩窟墓です。

その他、ツアーではルクソールには3連泊、ギザには2連泊しエジプト美術の傑作の数々をじっくりと見学します。また、なかなか訪れることのないデンデラ、アビドスの遺跡もコースに含まれております。
この機会にぜひ、ご検討下さい。

エジプトが誇る至宝 厳選の文化遺産とアラブのエネルギーを感じる旅
エジプト古代文明への旅


ogihara_saiyu at 10:00|Permalink

2016年07月22日

シミエン国立公園 「アフリカの屋根」をハイキング

東京本社の荻原です。
今回はエチオピア北部の「シミエン国立公園」をご紹介いたします。

「エチオピア」と聞いてイメージする場所と言えば、ダナキル砂漠やエルタ・アレ火山、ラリベラの岩窟教会群などが有名ですが、実はここシミエン国立公園は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

DSC_0383


エチオピア最高峰ラスダシャン山(標高4,620m)をはじめとする高山が連なり、「アフリカの屋根」とも呼ばれるシミエン国立公園。およそ2500万年前の隆起と火山活動によって形成され、1,000mもの高さの断崖絶壁がいたるところでそそり立っています。

ツアーでは、標高3,300mの場所から切り立った山々が連なる景観を見ながら軽いハイキング。

DSC_0335


DSC_0377


特殊な環境の中で独自の生態系が作り出され、ゲダラヒヒ、ワリアアイベックスといった固有の動植物を見ることができます。

DSC_0354

▲胸部が赤いゲダラヒヒ


DSC_0359

▲親の背中に乗った子どもの姿に出会えることも


DSC_0342

▲ナス科の「ソラヌム・エチオピクム」


高原の澄んだ空気を肌に受けながら、大自然を感じることのできるハイキングは本当に気持ちが良いです。

DSC_0389


シミエン国立公園のあるエチオピア北部・アビシニア高原は11月~3月頃までの間雨の少ない乾季のベストシーズンを迎えます。

今年は以前からご要望が多かった、シミエン国立公園を含む北部エチオピアとダナキル砂漠・エルタアレ火山を一度に周る充実内容のツアーを新設定致しました。

直行便が就航し、ぐっと距離が近く感じられるようになったエチオピア。
この機会にぜひ西遊旅行でエチオピアの旅をお楽しみください。


シミエン国立公園、イスラム都市ハラールを含むエチオピア5大世界遺産を10日間で巡る
ナイルの源・エチオピア アビシニア高原周遊の旅

<新企画>大地溝帯が造り出した奇跡の景観ダナキル砂漠と、世界遺産のシミエン国立公園を含むアビシニア高原を1度に訪問!
ダナキル砂漠とアビシニア高原周遊の旅

<新企画>シミエン山地とバレ山地、エチオピアを代表する2つの国立公園をじっくりと巡り、豊かな自然を楽しむ
固有種の宝庫 エチオピア自然紀行

ogihara_saiyu at 09:30|Permalink