ogihara_saiyu

2017年08月07日

ラムセス2世に最も愛された王妃・ネフェルタリ

東京本社の荻原です。
今年も11月~3月発「エジプト古代文明への旅」を発表させていただきました。
ツアーでは、追加費用なしで「ネフェルタリの墓」の内部を見学します。

407px-Maler_der_Grabkammer_der_Nefertari_004
▲墓室の内壁に描かれたネフェルタリの肖像

ラムセス2世の第一王妃ネフェルタリは、ラムセス2世に最も深く愛されていたと言われています。
その証拠に、エジプトの各神殿には至る所にラムセス2世とネフェルタリの像が残っています。

DSC_0590_ogihara
▲アブシンベル小神殿のラムセス2世像とネフェルタリ像

DSC_0019_ogihara
▲カルナック神殿のラムセス2世像とネフェルタリ像

ネフェルタリが常にラムセスの付き添いとして描かれていることから、彼女の王妃としての地位は揺るぎないものであったことが分かります。
ネフェルタリは、ラムセスと同じ大きさで描かれていることも多く、通常ファラオの妃たちは王の像や絵の膝ぐらいまでの大きさに描かれる中、こういった構図は極めて稀なものです。
ラムセスと同じ大きさで描かれたネフェルタリの姿は、ラムセスにとって彼女がいかに重要であったかを示しています。

DSC_0078_ogihara
▲ルクソール神殿のラムセス2世像とネフェルタリ像

ルクソールには王家の谷の南西にある王妃の谷にネフェルタリの岩窟墓があります。内部の壁画の美しさはエジプト随一と言われており、古代エジプトの神々や当時の人々の生活の様子が色彩豊かに再現されています。

現在見学者を限定して公開されおり、壁画の保存のため見学時間はわずか10分に制限され、また内部での写真撮影も禁止されておりますが、それだけの価値がある素晴らしい岩窟墓です。

その他、ツアーではルクソールには3連泊、ギザには2連泊しエジプト美術の傑作の数々をじっくりと見学します。また、なかなか訪れることのないデンデラ、アビドスの遺跡もコースに含まれております。
この機会にぜひ、ご検討下さい。

エジプトが誇る至宝 厳選の文化遺産とアラブのエネルギーを感じる旅
エジプト古代文明への旅


ogihara_saiyu at 10:00|Permalink

2016年07月22日

シミエン国立公園 「アフリカの屋根」をハイキング

東京本社の荻原です。
今回はエチオピア北部の「シミエン国立公園」をご紹介いたします。

「エチオピア」と聞いてイメージする場所と言えば、ダナキル砂漠やエルタ・アレ火山、ラリベラの岩窟教会群などが有名ですが、実はここシミエン国立公園は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

DSC_0383


エチオピア最高峰ラスダシャン山(標高4,620m)をはじめとする高山が連なり、「アフリカの屋根」とも呼ばれるシミエン国立公園。およそ2500万年前の隆起と火山活動によって形成され、1,000mもの高さの断崖絶壁がいたるところでそそり立っています。

ツアーでは、標高3,300mの場所から切り立った山々が連なる景観を見ながら軽いハイキング。

DSC_0335


DSC_0377


特殊な環境の中で独自の生態系が作り出され、ゲダラヒヒ、ワリアアイベックスといった固有の動植物を見ることができます。

DSC_0354

▲胸部が赤いゲダラヒヒ


DSC_0359

▲親の背中に乗った子どもの姿に出会えることも


DSC_0342

▲ナス科の「ソラヌム・エチオピクム」


高原の澄んだ空気を肌に受けながら、大自然を感じることのできるハイキングは本当に気持ちが良いです。

DSC_0389


シミエン国立公園のあるエチオピア北部・アビシニア高原は11月~3月頃までの間雨の少ない乾季のベストシーズンを迎えます。

今年は以前からご要望が多かった、シミエン国立公園を含む北部エチオピアとダナキル砂漠・エルタアレ火山を一度に周る充実内容のツアーを新設定致しました。

直行便が就航し、ぐっと距離が近く感じられるようになったエチオピア。
この機会にぜひ西遊旅行でエチオピアの旅をお楽しみください。


シミエン国立公園、イスラム都市ハラールを含むエチオピア5大世界遺産を10日間で巡る
ナイルの源・エチオピア アビシニア高原周遊の旅

<新企画>大地溝帯が造り出した奇跡の景観ダナキル砂漠と、世界遺産のシミエン国立公園を含むアビシニア高原を1度に訪問!
ダナキル砂漠とアビシニア高原周遊の旅

<新企画>シミエン山地とバレ山地、エチオピアを代表する2つの国立公園をじっくりと巡り、豊かな自然を楽しむ
固有種の宝庫 エチオピア自然紀行

ogihara_saiyu at 09:30|Permalink