エチオピア

2017年07月10日

エルタ・アレ火山の南の火口が再び!

エチオピア北東部・ダナキル砂漠に聳える活火山エルタ・アレ。
間近で迫力ある溶岩湖の姿を観察できる場所として非常に注目を集めてきました。2016年の11月から17年の1月にかけて、非常に活発な活動を続け、1月には大きな火山活動により火山の様子も大きく変化しました。

10月末~11月上旬にかけて、南の溶岩湖から溶岩が溢れ出し、また溶岩湖の表面のレベルが地表のすぐ近くまで上がっていました。あまりに活動が活発な事から、火口の淵からの見学は危険となり、近くの岩山の上からの観察をお楽しみいただいておりました。
●007A6195
2016年11月観察のエルタ・アレ南の火口
(夕方)
●007A6237
同様に2016年11月観察のエルタ・アレ南の火口。夜になるにつれて徐々に溶岩の赤色が浮かび上がってきます。

1月末にはさらに大きな火山活動が起こり、南の火口から1km程離れた場所に新しい火口が出現。まさに生きている火山を印象づけられる出来事と言えます。
新しい火口が出現した翌日にエルタ・アレ火山のベースキャンプに宿泊していたのですが、麓からでも溶岩によって夜空が煌々と照らされる様子がはっきりと観察できました。
この新しい火口の出現により、特にこれまで最も迫力ある溶岩湖の見学ができていた南の火口が大きく変わり、溶岩湖の表面のレベルが大きく沈下し、間近で観察することができなくなっていました。南の火口の下にあった溶岩だまりの溶岩が新しい火口へと流れて行ってしまったと考えられていました。新しい火口へは、宿営地となる山上のシェルターから1時間程度歩き、火山の展望ポイントまでご案内しておりましたが、これまでの様に間近まで近づく事が困難な状況でした。
DSC_2658(南の火口見学) (6)_yonetani
2017年1月下旬の南の火口 新しく流れ出た溶岩の模様が非常に美しい。

一方、これまで沈黙を続けていた北の火口も徐々に活発な活動を初め、12月の初旬には北の火口でも溶岩が流れ出る姿が観察できています。夜中、火山ガスが噴き出す音がシューシューと鳴り続けていました。1月末の火山活動では、これまで北の火口を覆っていた冷えた溶岩の塊が崩落し、巨大な火口が姿を現しました。もくもくと噴煙を上げる姿はこれまでほとんど見られなかった新しい北の火口を印象づける出来事でした。
DSC_1934山頂 (94)_yonetani
2017年12月撮影 エルタ・アレ北の火口

DSC_2679(北の火口見学) (1)_yonetani
2017年1月下旬撮影 エルタ・アレ北の火口

先日、現地エチオピアより入った最新情報によりますと、山上付近の火山活動にまた大きな変化が起こり、南の火口で再び溶岩が観察できるようになったということです。世界広しといえども、ここまで間近に迫力ある火山の様子を見学できる場所はそれほど多くはありません。南の火口で再び溶岩湖が観察できるようになったという情報は多くの観光客にも朗報であるに違いありません。

2017年6月 再び溶岩湖を望む事ができる様になった南の火口
エルタアレ


エルタアレ2


もちろん、これから冬までの間、どのような活動が起こるのかは神のみぞ知るという状況。南の火口が以前の様な迫力ある姿を我々に見せてくれるかどうか、現時点ではっきりとした事は言えませんが、大きな期待を持たせてくれる事に違いはありません。

11月~2月にかけて、ベストシーズンを迎えるエチオピア・ダナキル砂漠は、地球の活動を肌で
感じる事ができる特別な場所として、存在し続けているのです。

■2017年11月~2018年2月 ダナキル砂漠への旅はこちら
ダナキル砂漠・塩のキャラバンとエルタ・アレ火山 8日間・10日間
アフリカ大地溝帯最深部 アファールトライアングルを行く 13日間
ダナキル砂漠とアビシニア高原周遊の旅 15日間

西遊旅行 米谷健吾




yonetani_saiyu at 13:54|Permalink

2016年08月12日

ダナキル砂漠 快適キャンプ泊

こんにちは、大阪支社の中田です。

「エチオピアと大地溝帯」のパンフレットを発表させていただき、昨年に引き続き、大好評のダナキル砂漠ツアー。追加設定も4本発表いたしました。是非、ご予定を合わせてご参加ください。
IMG_2320

よくお問い合わせもいただくダナキルツアーでのキャンプ泊についてご案内したいと思います。
ダナキルツアーではお一人様に一張りずつテントを準備し、設営は現地スタッフが行います。テントを立てたご経験が無い方でも安心していただけます。
また、テント内は十分な広さがあります。テントを設営する場所は小石などが多いため、快適にお休みいただける様、簡易ベッドをテントの中に入れて、その上で寝袋をご利用いただきます。ベッドとお荷物を置いても十分なスペースがあります。寝袋は、弊社での貸し出しをご希望の方は、キャンプ地でお渡しして、朝には回収させていただくので、お荷物の心配もいりません。

■アフデラ湖畔を目の前に、キャンプ泊
283_furuta

■エルタアレ山麓、頂上では点はありませんが、簡易ベッドの上に寝袋を敷いてお休みいただきます。
DSCN0751_kawata


また、専属コックが同行し、毎日バラエティに富んだ美味しい食事をお召し上がりいただきます。朝はおかゆも準備します。食事はテーブル、イスを準備し、そこでお召し上がりいただきます。
IMG_3092


■昼食の一例
アハメッド・エラではかまどを利用したラザニアやピザがでることもあります。
P1130566_fujita

■夕食の一例
夕食は、サラダやスープ、ピラフなど、メニューも豊富です。
IMG_2301

発電機を持って行くので、カメラの充電や、冷蔵庫に入れた冷たいお飲物もお楽しみいただけます。
猛暑の中、冷たいビールで乾杯できるのは西遊旅行ならでは。
DSC_6819DSC_6810

DSC_4231


キャンプ生活も、ダナキルツアーの楽しい思い出のひとつになること間違いなしす。
是非、この機会にご参加ください。
IMG_3726



■ダナキルツアー
・追加設定も発表!ダナキルツアーの決定版
 「ダナキル砂漠・塩のキャラバンとエルタ・アレ火山
・“アフリカの角”ジブチからダナキル砂漠へ。
 「アフリカ大地溝帯最深部アファール・トライアングルを行く
・<新企画>ダナキル砂漠からアビシニア高原へ
 「ダナキル砂漠とアビシニア高原周遊の旅

nakata_saiyu at 09:00|Permalink

2016年08月02日

天空の大自然 バレマウンテン国立公園でオオカミを追う!

アフリカ大地溝帯が貫くエチオピアは、ダナキル砂漠のような海抜-120mにもなる低地から、標高4,000mを超える高原地帯まで、変化に富んだ大地が広がります。

今回紹介させていただくバレマウンテン国立公園は首都アディスアベバから420kmほど南に位置し、車で8時間ほどの距離にあります。この国立公園は東京都の面積とほぼ同じ2,165平方㎞2

森林から草原、高原地帯と変化に富む地形で、特筆すべきはアフリカ最大のアフロアルパイン(高山植物相)を持ちます。この珍しい景観を高原に暮らす動物を捉えた写真とともにご覧ください。

map
【バレマウンテン国立公園の概略図】

c1
【サネッティ高原と群生するロベリア】森林限界を超えた4,000mの大地ではジャイアント・ロベリアの大木のみ見られます。 

c13
【ハレナの森を眼下に望む】山地南の急な崖を下った山麓には豊かな森林が広がります。

c14
【苔むしたハレナの森】針葉樹ではなくサルオガセが糸状の枝をたらす、高山性熱帯雲霧林となっています。

c4
【エチオピアオオカミ】絶滅危惧種であり、バレマウンテンには250頭ほどが生息しています。

c3
【マウンテンニアラ】エチオピアの固有種で高地のみに生息する大型のアンテロープ。褐色の肌に4本ほどの白い縦じまが神秘的で優美。

c7
【ゲレザ】別名アビシニアコロブス。白と黒の体毛のコントラストがはっきりしていて美しい。樹上生活が一般的。

c9 (2)
【エチオピアコウチノウサギ】エチオピアの固有種でオオカミの食糧となります。

c6
【オオタケネズミ】バレマウンテンの固有種。地中に張り巡らされたトンネルと植物の根を食べては掘り返す行動が、サネッティ高原の豊かさの元になっています。

c5
【ネズミを探すエチオピアオオカミ】巣穴に隠れるネズミを掻き出したり、垂直にジャンプしたりして脅かし、出てきた所を捕食します。多彩な技を使った、貴重な狩りの瞬間に出会えるといいですね。

関連ツアーはこちらから。
バレマウンテン国立公園とリフトバレー湖沼群
固有種の宝庫 エチオピア自然紀行

otomo_saiyu at 09:00|Permalink

2016年07月15日

極彩色のダロール火山 ~塩水が造り出した奇観

 大阪支社 高橋です。

 本格的な夏を迎え、毎日暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 弊社でも、先日「エチオピアと大地溝帯」のパンフレットを発表させていただきましたが、おかげさまで毎日たくさんのお問い合わせをいただいております。誠にありがとうございます。

 本日は、弊社でも2008年の視察実施から、長年ツアーを実施し、これまで数多くのお客様をご案内させていただきました「ダナキル砂漠・塩のキャラバンとエルタ・アレ火山」のツアーの中での
見どころの1つ「極彩色のダロール火山」をご紹介いたします。

 地熱によって噴出した塩水が造りだした「極彩色の奇観ダロール火山」

 「ダロール火山」とは、エチオピアのエトラエール山脈の北東、アファール州ダナキル砂漠に位置する、高さ約50m程度の溶岩台地の小さな山で、玄武岩質のマグマが地中に侵入したことによって形成されたと考えられています。
 現在も活動は続いており、1926年にはダロール火山にて水蒸気爆発が起こり、直径約30mのクレーターが形成される現象が起き、ここ近年ではこの水蒸気爆発が最後の大きな現象です。 
 雨水などが地中にしみ込む過程で地層にある塩や硫黄を含みます。それらの水が地熱によって熱せられ、水蒸気となって噴出し、地上で冷やされると再び液体化します。
 この中に含まれる塩、硫黄、カリウム等の鉱物が人口的には作り出すことのできない、絶妙な色彩を作り出しているのです。
 また、塩水が噴出する場所は毎年変わるのが特徴で、訪れるたびにその姿を変えているのも不思議なところです。

 ここからは、ダロール火山を楽しむ1日の流れをご紹介いたします。

 早朝、キャンプ地であるアハメッド・エラ近くにある枯れ川のほとりへ出向き「塩のキャラバン」の見学に向かいます。
 旅の道中で出会うラクダのキャラバン隊は、アサレ湖の塩の採掘場へ向かう前に、アハメッド・エラ近くで一晩を過ごし、日の出前から塩の採掘場を目指して出発します。

 そんな絶好の撮影機会を逃す西遊旅行ではありません。

 もちろんキャラバン隊が出発する前から、撮影ポイントでスタンバイし、朝焼けに染まる空の下、キャラバン隊の行進の見学・撮影を楽しんでいただきます。

IMGM4293
【早朝、アサレ湖を目指して出発するキャラバン隊】

IMGM4326
【アハメッド・エラに朝日が昇る】

IMGM4316
【アハメッド・エラで出会ったアファール族の少女】


 キャンプ地に戻り、朝食を済ませた後に「ダロール地区」への見学に向かいます。
 ダロール火山の麓に到着後、山頂台地を目指し、ダロール火山の約30~40分のミニ登山を開始します。

 山頂台地に昇る道中、一度は後方を振り返ってみてください。
 延々と続いているのではないかと錯覚してしまうほどの広さのダナキル砂漠の景観、また遠望ながら、塩の採掘場のあるアサレ湖を見渡すことができます。
 また、ラッキーだと紅海方面から吹く風が、酷暑に悩まされる私たちに「ひとときの涼み」を与えてくれます。

IMGM4377
【振り返るとダナキル砂漠とアサレ湖の景観が広がる】

 山頂台地へ登り切ると、雨、風の浸食により形作られた「塩のテーブル」が台地に広がる風景をご覧いただけます。
 注目すべき点は、台地に広がる塩のテーブルが「全て同じ高さ」である点です。
 1つの層が浸食された結果が、あのような不思議な景観を作り上げているというのがよく理解できる場所であります。

IMGM4382

【山頂台地に広がる塩のテーブル】

 その後、いよいよ「硫黄フィールド」へと足を運びます。
 塩のテーブルの先にある小高い丘を登り切ったところに立つと正面に黄色(硫黄成分)白色(塩化カリウム分)赤色(鉄化合物)と極彩色の景観が広がります。
 この光景をご覧いただいた瞬間、お客様の歓声が硫黄フィールド全体に響き渡ります。
 一面に広がる極彩色の硫黄フィールドも印象的ですが、その1つ1つを細かく見学すると、人工的に造り出す事の出来ない大自然の作品の素晴しさを感じ、地下から湧き出た水蒸気、液体化したものがこういった素晴しい造形美を作りだす大自然の驚異を感じるに十分なポイントです。

【極彩色の絶景が広がるダロール火山】

IMGM4393

IMGM4397


【大自然の驚異を感じる造形美もご覧いただけます】

IMGM4387

IMGM4399

IMGM4407

IMGM4409

IMGM4401


 極彩色の硫黄フィールドを一周し、下山ルートに差し掛かる道中、「イタリア軍キャンプ跡地」も見学します。
 1941年までエチオピアを植民地としていたイタリアが軍ならびに科学研究のキャンプを設置していた場所なのですが、なぜか撤退する際に全ての機材などを燃やし置いて行ってしまったそうです。
 こんな素晴しい大自然の景観の一部に、このような残骸を残して帰るという行為は本当に残念で仕方ありません。

IMGM4418


 3つのエリアを見学後、同じルートを辿り下山します。

IMGM4421


 ダロール火山の見学後、「アサレ湖の塩の奇岩群」や「塩を積み込み帰路につくキャラバン隊」の見学などをお楽しみいただきます。
 
 その見どころについては、追々ご紹介していきたいと思います。

 エチオピア・ダナキル砂漠の旅と言えば、エルタ・アレ火山の「漆黒の闇夜に浮かび上がる溶岩湖」をイメージされる方が大半です。
 今シーズンの弊社パンフレット「エチオピアと大地溝帯」でも表紙として使わしていただきましたが、「極彩色の絶景が広がるダロール火山」も、たくさんの魅力が詰まった素晴らしい場所であります。
 エルタ・アレ火山だけでなく、大地溝帯ならではの絶景が展開するダロール地区も是非お楽しみいただきたい、私個人として、また弊社としてもお勧めの場所であります。

■ダロール火山の見学に際して 
 硫黄ガスが噴出する場所での見学となりますが、弊社ではガスマスクを準備し、皆様へお配りしておりますので、ご安心ください。
 念のため、口元を覆うマスクやハンカチは必ずご準備ください。

■ここがツアーのポイント
 弊社ではアハメッド・エラでのキャンプ泊(テント泊)では2連泊とさせていただいております。
 ダロール地区に展開する絶景の数々を、余すところなく、ゆっくりと見学していただくため、猛暑の中でのテント泊ではありますが、2連泊の設定としております。
 過酷な環境下でも快適にお過ごしいただくため、発電機と冷蔵庫を準備し、冷たいお飲み物もご提供。専属コックも同行。毎日の飲用ミネラルウォーターも十分にご用意いたしますので、ご安心ください。


■「極彩色の絶景・ダロール火山」へ訪れるツアーのご紹介
  ダナキル砂漠・塩のキャラバンとエルタ・アレ火山 10日間

  アフリカ大地溝帯最深部 アファール・トライアングルを行く13日間

  <新企画>ダナキル砂漠とアビシニア高原周遊の旅

■特集「ダナキル砂漠をゆく」
 ※「ダナキル砂漠について」「みどころの紹介」「よくある質問」など、弊社HPで特集しております。

※「エチオピアの旅」については、おかげさまで非常にお問い合わせが殺到しております。
 ご興味あるコースがございましたら、お早目にお問い合わせください。


takahashi_saiyu at 09:30|Permalink