サネティ

2016年08月02日

天空の大自然 バレマウンテン国立公園でオオカミを追う!

アフリカ大地溝帯が貫くエチオピアは、ダナキル砂漠のような海抜-120mにもなる低地から、標高4,000mを超える高原地帯まで、変化に富んだ大地が広がります。

今回紹介させていただくバレマウンテン国立公園は首都アディスアベバから420kmほど南に位置し、車で8時間ほどの距離にあります。この国立公園は東京都の面積とほぼ同じ2,165平方㎞2

森林から草原、高原地帯と変化に富む地形で、特筆すべきはアフリカ最大のアフロアルパイン(高山植物相)を持ちます。この珍しい景観を高原に暮らす動物を捉えた写真とともにご覧ください。

map
【バレマウンテン国立公園の概略図】

c1
【サネッティ高原と群生するロベリア】森林限界を超えた4,000mの大地ではジャイアント・ロベリアの大木のみ見られます。 

c13
【ハレナの森を眼下に望む】山地南の急な崖を下った山麓には豊かな森林が広がります。

c14
【苔むしたハレナの森】針葉樹ではなくサルオガセが糸状の枝をたらす、高山性熱帯雲霧林となっています。

c4
【エチオピアオオカミ】絶滅危惧種であり、バレマウンテンには250頭ほどが生息しています。

c3
【マウンテンニアラ】エチオピアの固有種で高地のみに生息する大型のアンテロープ。褐色の肌に4本ほどの白い縦じまが神秘的で優美。

c7
【ゲレザ】別名アビシニアコロブス。白と黒の体毛のコントラストがはっきりしていて美しい。樹上生活が一般的。

c9 (2)
【エチオピアコウチノウサギ】エチオピアの固有種でオオカミの食糧となります。

c6
【オオタケネズミ】バレマウンテンの固有種。地中に張り巡らされたトンネルと植物の根を食べては掘り返す行動が、サネッティ高原の豊かさの元になっています。

c5
【ネズミを探すエチオピアオオカミ】巣穴に隠れるネズミを掻き出したり、垂直にジャンプしたりして脅かし、出てきた所を捕食します。多彩な技を使った、貴重な狩りの瞬間に出会えるといいですね。

関連ツアーはこちらから。
バレマウンテン国立公園とリフトバレー湖沼群
固有種の宝庫 エチオピア自然紀行

otomo_saiyu at 09:00|Permalink