サファリ

2016年10月19日

ナミビアと言えば…

東京本社 寺阪です。

さて、ナミビアと言ったら何を思い浮かべるでしょうか?
おそらくナミブ砂漠という方が多いのではないかと思います。

かくいう自分も以前、個人的にナミビアを訪れた際はナミブ砂漠を目的に行ってきました。
オレンジ色の砂丘、そして立ち枯れたアカシアの木が並ぶまるで絵画のようなデッドフレイ。
どちらも魅力ですが、個人的には白とオレンジと青のコントラストが美しいデッドフレイが一番のオススメです。

※下記写真は全て3月に同行させていただいた時に撮影したものです。

IMGP2076

絵画のようなデッドフレイのアカシア


もちろん、有名な砂丘、デューン45や他の砂丘も美しいです。
こちらは通常、早朝に訪れるため、美しい陰影との対比がご覧いただけます。

IMGP2016

名前のついていない砂丘


IMGP2039

デューン45の上からの眺め


そしてツアーでは、小型機に乗り、デューン45やデッドフレイの上空を通過し、大西洋まで行ってくるデザートフライトを体験、地上からだけでなく、空からもナミブ砂漠を堪能いただきます。
地上からとはまた違った美しさを存分に味わえます。


IMGP2097

このような小型機に搭乗


IMGP2125

デューン45(中央やや左下の砂丘)の上空を通過


IMGP2128

デッドフレイの上空を通過


IMGP2152

大西洋まで迫る砂丘


IMGP2199

上空から見るナミブ砂漠



ツアーではナミブ砂漠だけではなく、不思議な植物ウェルウィッチア、巨大なオットセイのコロニー、珪化木がゴロゴロと転がる化石の森、世界遺産にも登録されているトゥバイフルフォンテインの岩画など、他にも見どころが満載となっております。
http://blog.livedoor.jp/saiyutravel-africa/archives/4991782.html

さらにヒンバ族の村を訪れたりエトーシャ国立公園でのサファリもあったり、毎日違う景色がご覧いただけ、飽きることはございません。

砂漠に興味のある方、サファリにも興味ある方、動物や民族に興味のある方、いろんな方にオススメのツアーとなっております。
是非、一度ナミビアを訪れてください。

現在発表中の日程は、
12/24発→募集中
12/29発→催行決定
2/17発→まもなく催行
3/11発→まもなく催行
となっております。

ツアーの詳細や最新の催行状況はこちらをご覧ください。


terasaka_saiyu at 10:01|Permalink

2016年07月08日

エトーシャ国立公園 ナミビアでのサファリはここ!

東京本社の廣野です。

たくさんの魅力をもつナミビアについて書きます。
ナミブ砂漠、ヒンバ族など、このブログでもナミビアの魅力について何度もみなさんに紹介させていただいていると思いますが、ナミビアではサファリも楽しめます。

エトーシャ国立公園
エトーシャ国立公園

エトーシャ・パンと呼ばれる約4,700平方kmの広大な塩原が、ナミビア北部に広がっています。
この塩原とその周辺がエトーシャ国立公園として保護されており、ナミビアの中でも最も大きな野生動物保護区のひとつとなっています。

エトーシャ・パンは、1年のうちほとんどは乾いた状態ですが、たまに大雨が降ったあとには薄く水が張ります。地表に蓄えられたミネラル分が溶け出すため、その水は非常に塩分濃度の濃いものとなります。

基本的にはとても乾いた土地ですが、いくつかの水場を中心に集まる動物たちを見ることができます。

ツアーでもよく見る動物たちの例としては下記の通りです。

キリン
シマウマ
オグロヌー
オリックス
エランド
スプリングボック
クードゥー
アフリカゾウ
ダチョウ

目の前の道路を横切るシマウマ
シマウマ


オグロヌー
オグロヌー


水を飲むオリックス
オリックス



スプリングボック(手前)とクードゥー(奥)
スプリングボックとクードゥー



アフリカオオノガン
アフリカオオノガン



また、運が良ければ下記のような動物に出会えることも!

クロサイ
チーター
アフリカライオン

くつろぐライオン
アフリカライオン




こちらは、実際に私が添乗で行かせていただいた際に撮った写真です。
アフリカゾウ

視界の中にこんなにたくさんのゾウがいることは、滅多にないのではないでしょうか?!
この時は、ゾウたちが水浴び(泥あび)をしているのを見ることができ、大迫力でした!


限られた水場に、色々な種類の動物たちが集まるのも面白いです。
エトーシャ国立公園


エトーシャのサファリは、四輪駆動車ではなくツアーの大型バスでそのまま行います。
決まった道から外れることはできないですし、動物の種類もそこまで多くはないかもしれません。
アフリカでサファリと言えば!のケニア・タンザニアなどと比べると若干劣ってしまうかもしれませんが、ナミビアの魅力のひとつとして、ぜひ体験していただきたいサファリです。

ほぼ1年を通して設定し、ご好評いただいているナミビアのコース、現在発表済みのコースは下記の通りです。

■8/5発  ナミビア →催行決定!残席はお問い合わせください。お申し込みはお急ぎください。
■9/9発  ナミビア →催行決定!残席はお問い合わせください。
■9/23発  ナミビア →まもなく催行予定です。
※詳細は こちら をクリックしてください。

お気軽にお問い合わせください!

ふさふさまつ毛のキリン
キリン




hirono_saiyu at 09:30|Permalink

2014年02月04日

ウガンダ・ルワンダ 白ナイル源流の自然を楽しむ旅

こんにちは。大阪支社の中田です。

今回は、「ウガンダ・ルワンダ」でのゴリラトレッキングについてご紹介します。

ゴリラは約800万年前に進化の枝分かれをした、人間に最も近い霊長類最大の動物で、
生物学的に確認されたのは19世紀半ば。
それまでは、私たちにとっては未知の生き物でした。
しかし、DNAの約97パーセントを人間と共有していると言われています。
現在、世界中の動物園に、マウンテン・ゴリラは1頭もいません。
乱獲などにより、一時は大幅に数を減らしました。
このヴィルンガ山地に住むマウンテン・ゴリラは、現在、約480頭が確認され、
ウガンダやコンゴと合わせても約780頭。
これが世界にいるマウンテン・ゴリラの数で、つまり、絶滅危惧種です。

映画「愛は霧のかなたに」(1988年)のモデルになった動物学者のダイアン・フォッシー女史が、
この地にゴリラの研究所を設立してから約50年間の懸命な活動によって、少しずつ
マウンテン・ゴリラの数は増えています。
ルワンダ側のマウンテン・ゴリラは、ヴォルケイノス国立公園に指定されているヴィルンガ火山群の
6つの死火山だけに棲息しています。

トレッキングの朝、ロッジを出発して国立公園事務所へと向かいます。
手続きをしている間、事務所の前では「選ばれし者たち」という意味のイントーレと呼ばれる
ダンスショーが行われていて、とても賑やかです。

IMG_5383


どのゴリラの群れを目指すのかは、その日の抽選で決まります。
目指す群れによってトレッキングの距離は変わりますが、ゴリラに会えないという心配はいりません。
密猟から守るためレンジャー達が朝から晩までゴリラを観察しています。
闇雲に探すのではなく、レンジャーの指示によってゴリラのいる場所へと向かって歩いて
いくことになります。
ゴリラ観察率は95%以上と言われており、また、西遊旅行のツアーではこれまでゴリラの
観察率は100%です。

森をかき分け進んでいくと、レンジャー達に緊張が走ります。
マウンテン・ゴリラがすぐそばに。

IMG_5385


実際に出会えた時は、その大きさに驚きながらも、なんとも言えない感動に包まれます。

IMG_5390 IMG_5410


こちらが危害を加えなければ、優しく、大人しい動物です。
子どものマウンテン・ゴリラは、遊んでほしいのかどんどん近づいてきたりもします。

IMG_5493 IMG_5508


1時間という限られた時間ですが、そこはまさに夢にまで見た時間です。

IMG_5528


案内してくれたレンジャー達にお別れを告げ、ロッジへと戻ります。

IMG_5529 IMG_5537



ゴリラトレッキングだけではなく、ウガンダでのチンパンジートレッキングや、クイーンエリザベス国立公園でのサファリなど、数々の野生動物に出会えるコースとなっております。

IMG_5008
チンパンジートレッキング

IMG_5296 IMG_5359
クイーンエリザベス国立公園でのサファリの様子

今年も6月から9月まで、毎月1本ずつ設定させていただきました。
7名様と少人数限定で、早速多くのお申し込みやお問い合わせをいただいております。
この機会に、皆様もルワンダのマウンテン・ゴリラに会いに行きませんか?

関連ツアー:「ウガンダ・ルワンダ

nakata_saiyu at 09:30|Permalink