セネガル

2016年10月11日

カサブランカ~ダカールを走る 【モロッコ編】

こんにちは。大阪支社の前川です。

広い国土のアフリカ大陸にある数々の国は訪れる国によって全く違った雰囲気を感じることが出来ます。

今回ご紹介する、大西洋岸を走るルートは1979年から始まった、フランス・パリをスタートし、スペインのバルセロナからアフリカ大陸に渡り、セネガルの首都・ダカールまでのおよそ12000kmを走る「パリ・ダカール・ラリー」のルートの一部としても知られています。

また大航海時代には、魔物が住む海域と呼ばれ船乗りたちから恐れられていました。
当時、エンリケ航海王子の「岬を越えて南進せよ」との命令に誰もが背き、なかなか航路は開けませんでしたが、ついに1人の門下が立ち上がり岬を越えました。
それがきっかけとなり、後続者が続き「喜望峰」に到達、1498年にはヴァスコ・ダ・ガマがインドへの航路を発見、1522年にはマゼランが世界一周に成功するなど偉大な結果が生まれることになりました。
そしてポルトガルは世界一の海洋王国をなりました。

旅はモロッコ第2の古都マラケシュからスタートします。旧市街全体が1985年に世界遺産に登録されました。
IMG_0010_maekawa
 【大理石の装飾が美しいハビヤ宮殿】  IMG_0032_maekawa
 【ベン・ユースフ・マドラサ】

マラケシュでは市場を歩き、町の雰囲気も体感していただけます。更に夜には屋台もたくさん出て賑わうジャマ・エル・フナ広場の散策も。ここでのおすすめは新鮮なオレンジジュースです!!
IMG_0037_maekawa
 【さまざまなスパイスが並ぶスーク】
カサダカ 006_maekawa
 【夜になると一段と賑やかになり多くの観光客で賑わうジャマ・エル・フナ広場】
カサダカ 007_maekawa
 【絞りたてのオレンジジュースはマラケシュの名物です】

マラケシュから南下をし、アトラス山脈を越えます。
3億年前にゴンドワナ大陸とローラシア大陸が衝突したときに隆起してできた山脈です。
アトラス山脈走る道中にはモロッコの固有種、アルガンの木が左右の車窓から見られます。
アルガンの実が好物のヤギが木に登って食べる様子も見られるかもしれません。
IMG_0056_maekawa

IMG_0039_maekawa
 


アトラス山脈を越えてから、大西洋に沿って走ります。難攻不落の海域と呼ばれていたことが信じられないような穏やかな海岸線だったのが印象的です。
IMG_0116_maekawa
IMG_0087_maekawa
 

現地料理は旅の楽しみの1つです!モロッコでは伝統的なタジン鍋料理、また大西洋のシーフード料理もご賞味いただきます!
IMG_0079_maekawa

IMG_0080_maekawa
 【タジン鍋】
IMG_0122_maekawa
 【シーフード料理】


モロッコからモーリタニア、さらにセネガルへと旅は続いていきます。
つづく。

■「夢のアフリカ大西洋岸ルート カサブランカ~ダカールを走る」

モロッコからモーリタニア、そしてセネガルの歴史とロマンを感じる旅、是非ご検討下さい。

maekawa_saiyu at 20:00|Permalink

2015年12月09日

西サハラ、そしてモーリタニアへ

西サハラのライユーンを目指します。アガディールからの距離は630Km。

DSCF9101




















しばらく走っていくとこの地独特のアルガンツリーがたくさん生えていました。この木の実は若返り効果があるとされ高価な女性用の化粧品や食物油などにも利用されています。面白いことに太古の昔に陸続きだったメキシコにも同じ種類の木があるそうですが実はならないそうです。
DSCF9106




















絵本「星の王子様」で有名なサンテグジュペリはタルファヤの飛行場で勤めていました。絵本の中で描かれた世界はこの町のジュビー岬で過ごしていた時の記憶から生まれました。
DSCF9145




















アンチアトラス山脈を越えて標高を下げていくとまた景色は変わり緑の少ない平原が広がっていました。

サギアエルハムラ川越えるとライユーン市内です。
DSCF2291


DSCF2303





































ライユーンは内陸にありますが港としての機能は車で15分ほど離れた海岸の工業地区にあり、西サハラ最大のリン工場やその付近に風力発電もあります。モロッコの電力のほとんどはアトラス山脈中にある水力発電によって得られています。西サハラまではアガディールから電線が引かれています。

砂丘地帯からすぐに礫砂漠へと入り、南のダクラを目指します。ライユーンから510Kmの距離です。
DSCF9147




















ダクラは1884年にスペイン人が西アフリカではじめて恒久寄港地として建設した町です。人口18000人の町は湾での漁業やウインドサーフィンなどが盛んに行われています。市場へ行くと鮮魚やオリーブ、デーツなどが並んでいました。ここで漁獲されたタコは日本向けに輸出されます。
DSCF9183









DSCF9179









DSCF9176








































北緯23度27分は北回帰線。ボロボロのTropic cancerの看板も発見しました。
DSCF9196




















西サハラから緩衝地帯を抜けてモーリタニアのヌアディブへ。途中、モーリタニア北部最大都市ズエラットから鉄鉱石を運ぶ、世界一長い3000mの列車も運よく見ることができました。
DSCF2355




















大西洋に突き出した半島先端のブラン岬まで行くと、2003年に座礁したままの錆びついた船や古びた灯台、さらに荒い波間を泳ぐチチュウカイモンクアザラシやきれいな夕日も見ることができました。
DSCF9207



DSCF9209



DSCF2341




























































最後のシーズン迫っています!カサブランカ(モロッコ)~西サハラ~モーリタニア~ダカール(セネガル)まで大西洋岸を進むツアーはこちらから。

西遊旅行ツアーはこちら!2016年2月1日出発は催行間近です!

otomo_saiyu at 09:12|Permalink

2015年09月02日

火山諸島カーボヴェルデ 緑の島サント・アントンを歩く

アフリカ大陸北西の沖合いにある島国、カーボヴェルデをご紹介します。

セネガルのベルデ岬の沖合い約600㎞の大西洋上に散在する大小15の島からなります。すべての島々は海底下にある熱いマグマ溜まりに起因する火山活動によって形成されてきました。時々これらのマグマ溜まりは海から上昇し、火山の噴火を引き起こし、その結果、新たな島を造りだしました。ソタベント(風下)諸島にあるフォゴ島がその中でも一番若く、10万年前に形成された最新作です。アフリカンプレートの上に位置する火山帯ですが地震は全くありません。

たくさんの見所がありますが、北部のバルラベント(風上)諸島にある、緑の島として知られるサントアンタン島をとりあげます。

二つの島はわずか15kmの海峡を挟んで向かい合っており、サン・ヴィセンテから先に浮かぶサント・アンタン島の1000m以上ある山容はさすがに群を抜いて海上に突き出ています。北西貿易風に乗って、大西洋を渡ってきた湿った雲はこの1000mの山にぶつかり西側の斜面に雨を降らすため、緑溢れる景観となりますが、東側の斜面、及びさらに東に位置するサン・ヴィセンテは乾燥した気候となるといいます。

弓状に湾曲したサン・ヴィセンテのミンデロ港ははるか昔の巨大なクレーターの跡です。

サント・アンタンの港町ポルト・ノボから山の頂上まで車で進んでいくと、直径500mのクレーターが見えてきます。その淵ではガスが発生しては風で飛ばされ晴れ間が覗くという、天候が目まぐるしく変わっていき、幻想的な世界が広がります。
DSC_2397



















霧が晴れてくるとクレーター内に集落が形成されているのがよくわかります。牛が放牧され、サトウキビやトウモロコシの畑の世話をしている人が見えます。村の入り口まで散策すると水汲みにクレーターの途中まで集落から上がっていたロバの群れも下りてきました。
DSC_2413




















クレーターから北側へと下り始めると、深く伸びるリベイラトーレ(タワー渓谷)と、崖に張り付くように斜面にある集落を見渡せます。この尾根上で、360度の渓谷美を見ることができ、この道を通るだけでこのサントアンタン島にきたかいがあると言いきってもよさそうな、素晴らしい景色です。
IMG_4383













DSC_2428


























グローグ(ラム酒)の製造元を見学。トイレもこちらで借りる。かつて牛馬に引かせていた木製の絞り機は効率の良い機械に取って代わられ、糖蜜を煮込んで蒸留するのも機械になっている。試飲もできる。5年寝かせたダークのものが700エスクード、糖蜜、また糖蜜とグローグを混ぜた少し甘みのあるお酒ポンチなども販売している。
DSC_2501



















緑溢れるサント・アンタンの北から東側にかけて、ハイキングを楽しみました。サトウキビやキャッサバ、コーヒーといったプランテーションの中や、集落の間を抜けて行きます。プランテーション畑と、マンゴーやパンノキなどの木々が谷を埋め尽くす緑の中を、対岸の岩肌に張り付くように建つ集落を見ながらのハイキング。そこそこ歩きがいもあり良いコースでした。
DSC_2527






























ジャネラ灯台の近くにあるミステリアスな岩には、十字架や、解読不可能な文字がたくさん彫られています。15世紀にポルトガル人が上陸した地や、彼らの進んだ道に名前や十字架を残すように、ここも1460年代のディエゴ・ゴメスの一団、もしくは1480年代のディエゴ・カオンの一団と見られていますが、その文字は現代ポルトガル語やアラビア語、ヘブライ語、ベルベル語とはまったく違い、アラム語やフェニキア語、ポルトガル古語などではないかと言われています。また一説によるとポルトガル人達よりもさらに先に到達した中国人によるものではないかとも言われているそうです。
DSC_2588




















石段を10分弱登ると灯台までたどりつけます。現在は太陽光発電で動いているこの灯台から、島の北東部海岸線が見渡せ、サン・ヴィセンテ、またバルラベント諸島のほかの島々までも天気が良ければ見えそうです。
IMG_4422














渓谷の中の村で手作りのジャムを売っていた少女。カーボヴェルデにはアフリカ系とヨーロッパ系の混血であるクレオールと呼ばれるこうした人々が多く暮らします。
IMG_4390






























西遊旅行で知られざる西アフリカの島国・カーボヴェルデへ!ツアーの詳細はこちらから。
西遊旅行 4つの島々を訪問、カーボヴェルデのツアーページへ

otomo_saiyu at 09:19|Permalink