火山

2016年08月12日

ダナキル砂漠 快適キャンプ泊

こんにちは、大阪支社の中田です。

「エチオピアと大地溝帯」のパンフレットを発表させていただき、昨年に引き続き、大好評のダナキル砂漠ツアー。追加設定も4本発表いたしました。是非、ご予定を合わせてご参加ください。
IMG_2320

よくお問い合わせもいただくダナキルツアーでのキャンプ泊についてご案内したいと思います。
ダナキルツアーではお一人様に一張りずつテントを準備し、設営は現地スタッフが行います。テントを立てたご経験が無い方でも安心していただけます。
また、テント内は十分な広さがあります。テントを設営する場所は小石などが多いため、快適にお休みいただける様、簡易ベッドをテントの中に入れて、その上で寝袋をご利用いただきます。ベッドとお荷物を置いても十分なスペースがあります。寝袋は、弊社での貸し出しをご希望の方は、キャンプ地でお渡しして、朝には回収させていただくので、お荷物の心配もいりません。

■アフデラ湖畔を目の前に、キャンプ泊
283_furuta

■エルタアレ山麓、頂上では点はありませんが、簡易ベッドの上に寝袋を敷いてお休みいただきます。
DSCN0751_kawata


また、専属コックが同行し、毎日バラエティに富んだ美味しい食事をお召し上がりいただきます。朝はおかゆも準備します。食事はテーブル、イスを準備し、そこでお召し上がりいただきます。
IMG_3092


■昼食の一例
アハメッド・エラではかまどを利用したラザニアやピザがでることもあります。
P1130566_fujita

■夕食の一例
夕食は、サラダやスープ、ピラフなど、メニューも豊富です。
IMG_2301

発電機を持って行くので、カメラの充電や、冷蔵庫に入れた冷たいお飲物もお楽しみいただけます。
猛暑の中、冷たいビールで乾杯できるのは西遊旅行ならでは。
DSC_6819DSC_6810

DSC_4231


キャンプ生活も、ダナキルツアーの楽しい思い出のひとつになること間違いなしす。
是非、この機会にご参加ください。
IMG_3726



■ダナキルツアー
・追加設定も発表!ダナキルツアーの決定版
 「ダナキル砂漠・塩のキャラバンとエルタ・アレ火山
・“アフリカの角”ジブチからダナキル砂漠へ。
 「アフリカ大地溝帯最深部アファール・トライアングルを行く
・<新企画>ダナキル砂漠からアビシニア高原へ
 「ダナキル砂漠とアビシニア高原周遊の旅

nakata_saiyu at 09:00|Permalink

2016年06月24日

知られざるインド洋の島国 コモロ諸島の魅力

アフリカ大陸とマダガスカルのほぼ中間、モザンビーク海峡の北端にコモロ諸島はあります。4つの島から構成されておりすべて火山性で山がちです。15世紀頃よりアフリカの内陸部やインドネシア、アラビア半島から移民が到来し、イスラム教徒のスルタンが治める国となりました。フランスの保護領となった後、1975年に南東にあるマヨット島を除く3島がコモロ連合共和国として独立。マヨット島は住民投票の結果フランス海外領としてとどまりました。

日本ではあまり知られていないマヨット島を含むコモロ諸島の様子をお届けします。

DSCF6368

インド洋に位置しながら、フランス海外県であるマヨットは完全に周囲をサンゴ礁で囲まれ、世界でも最も美しい礁湖ともいわれます。

DSCF6391

ボートに乗り、ウミガメがやってくるというサジル自然保護区へ。

DSCF6376

実際にカメは見られませんでしたが、静かな浜辺には研究者が滞在していて、昨晩孵化して海に旅立っていった子ガメを映像を見せてもらいました。

DSCF6358

船内で読書にふける地元の女性。樹皮から作られる日除けの為の粉を塗っていました。

DSCF6373

島の東部にある巨大なバオバブ。

IMG_1521

イランイランはこの島の特産。蒸留所でかいだオイルはとてもいい香りがしました。

DSCF6434

IMG_1500

グランドコモロ島にわたると国教がイスラム教というだけあり、女の子もシロマニという女性用の衣装をきています。

島は美しいマンゴーの木と、近年移植されて高い繁殖率をもつアボガドの木が見られます。ホテルの朝食でも大人の両手ほどもあるような熟したアボガドが。醤油をつけるとマグロのトロというのは、本当でした。

DSCF6432

首都モロニ近くの砂浜。

DSCF6454

活気のある市場では獲れたばかりの近海の魚たちや新鮮な野菜・熱帯の果物が並んでいました。
DSCF6598

DSCF6456

DSCF6604

CIMG0057

白亜紀に絶滅していたと考えられていた「生きた化石」シーラカンス。コモロの近海で捕獲された。
DSCF6477

港の金曜モスクと、後方は楯状火山である最高峰カルタラ山(2,361m)。
IMG_1052

頂上には幅3~8kmもある世界でもっとも大きなクレーターのひとつがあり、いまだに活動中。(個人撮影)


コモロ諸島と、絶景レユニオンも一度に訪れます!西遊旅行のツアーはこちら!

otomo_saiyu at 09:30|Permalink

2015年09月02日

火山諸島カーボヴェルデ 緑の島サント・アントンを歩く

アフリカ大陸北西の沖合いにある島国、カーボヴェルデをご紹介します。

セネガルのベルデ岬の沖合い約600㎞の大西洋上に散在する大小15の島からなります。すべての島々は海底下にある熱いマグマ溜まりに起因する火山活動によって形成されてきました。時々これらのマグマ溜まりは海から上昇し、火山の噴火を引き起こし、その結果、新たな島を造りだしました。ソタベント(風下)諸島にあるフォゴ島がその中でも一番若く、10万年前に形成された最新作です。アフリカンプレートの上に位置する火山帯ですが地震は全くありません。

たくさんの見所がありますが、北部のバルラベント(風上)諸島にある、緑の島として知られるサントアンタン島をとりあげます。

二つの島はわずか15kmの海峡を挟んで向かい合っており、サン・ヴィセンテから先に浮かぶサント・アンタン島の1000m以上ある山容はさすがに群を抜いて海上に突き出ています。北西貿易風に乗って、大西洋を渡ってきた湿った雲はこの1000mの山にぶつかり西側の斜面に雨を降らすため、緑溢れる景観となりますが、東側の斜面、及びさらに東に位置するサン・ヴィセンテは乾燥した気候となるといいます。

弓状に湾曲したサン・ヴィセンテのミンデロ港ははるか昔の巨大なクレーターの跡です。

サント・アンタンの港町ポルト・ノボから山の頂上まで車で進んでいくと、直径500mのクレーターが見えてきます。その淵ではガスが発生しては風で飛ばされ晴れ間が覗くという、天候が目まぐるしく変わっていき、幻想的な世界が広がります。
DSC_2397



















霧が晴れてくるとクレーター内に集落が形成されているのがよくわかります。牛が放牧され、サトウキビやトウモロコシの畑の世話をしている人が見えます。村の入り口まで散策すると水汲みにクレーターの途中まで集落から上がっていたロバの群れも下りてきました。
DSC_2413




















クレーターから北側へと下り始めると、深く伸びるリベイラトーレ(タワー渓谷)と、崖に張り付くように斜面にある集落を見渡せます。この尾根上で、360度の渓谷美を見ることができ、この道を通るだけでこのサントアンタン島にきたかいがあると言いきってもよさそうな、素晴らしい景色です。
IMG_4383













DSC_2428


























グローグ(ラム酒)の製造元を見学。トイレもこちらで借りる。かつて牛馬に引かせていた木製の絞り機は効率の良い機械に取って代わられ、糖蜜を煮込んで蒸留するのも機械になっている。試飲もできる。5年寝かせたダークのものが700エスクード、糖蜜、また糖蜜とグローグを混ぜた少し甘みのあるお酒ポンチなども販売している。
DSC_2501



















緑溢れるサント・アンタンの北から東側にかけて、ハイキングを楽しみました。サトウキビやキャッサバ、コーヒーといったプランテーションの中や、集落の間を抜けて行きます。プランテーション畑と、マンゴーやパンノキなどの木々が谷を埋め尽くす緑の中を、対岸の岩肌に張り付くように建つ集落を見ながらのハイキング。そこそこ歩きがいもあり良いコースでした。
DSC_2527






























ジャネラ灯台の近くにあるミステリアスな岩には、十字架や、解読不可能な文字がたくさん彫られています。15世紀にポルトガル人が上陸した地や、彼らの進んだ道に名前や十字架を残すように、ここも1460年代のディエゴ・ゴメスの一団、もしくは1480年代のディエゴ・カオンの一団と見られていますが、その文字は現代ポルトガル語やアラビア語、ヘブライ語、ベルベル語とはまったく違い、アラム語やフェニキア語、ポルトガル古語などではないかと言われています。また一説によるとポルトガル人達よりもさらに先に到達した中国人によるものではないかとも言われているそうです。
DSC_2588




















石段を10分弱登ると灯台までたどりつけます。現在は太陽光発電で動いているこの灯台から、島の北東部海岸線が見渡せ、サン・ヴィセンテ、またバルラベント諸島のほかの島々までも天気が良ければ見えそうです。
IMG_4422














渓谷の中の村で手作りのジャムを売っていた少女。カーボヴェルデにはアフリカ系とヨーロッパ系の混血であるクレオールと呼ばれるこうした人々が多く暮らします。
IMG_4390






























西遊旅行で知られざる西アフリカの島国・カーボヴェルデへ!ツアーの詳細はこちらから。
西遊旅行 4つの島々を訪問、カーボヴェルデのツアーページへ

otomo_saiyu at 09:19|Permalink