ブータンの花

2015年06月10日

夏 深緑のブータン チリ・ラ峠ハイキングへ

日本と同じく四季折々の美しさを見せてくれるブータンに、今年も夏の季節がやってきました。

6~8月、ブータンでは雨季にあたりますが、日本のように一日中じめじめしとしと・・・・というわけ
ではありません。また、6・7月は高山植物が咲き誇り、ブルーポピーが見られるチャンスのある時期で、
弊社でもこの時期のツアーは特別、チリ・ラ峠(3,988m)へのハイキングに出かけます。

パロからハに向かう際に必ず通るのがチリ・ラ峠。
チリ・ラへ向かう途中の道中、景色もお楽しみいただけます。

川の合流点、チュ・ゾム

チュゾム②


青々とした草木が美しく、目も心も癒されます。

チュゾム・ハ間山里


チュゾム・ハ間山里②


チリ・ラの峠には、たくさんのダルシンとよばれる旗が掲げられています。

チリラ⑥


峠を越えた向こう側にハの街が見下ろせます。

チリラ⑦


さて、ブータンのご旅行、弊社では2名様のお申込みより、添乗員が日本から同行せず、
現地にて、空港お出迎えからお見送りまで現地日本語ガイドが同行させていただく少人数での
ツアーの催行が可能です。また、日程がどうしても合わない方のために、ご希望にあわせた
個人プランでのお承りも可能です。

ブルーポピー③


夏は特別価格で提供させていただいております。是非ブルーポピーを求めに足をお運びください。

「行って・見て・感じる ブータン」


komeda_saiyu at 20:00|Permalink

2015年01月22日

追加発表!パロ・ツェチュ祭見学コース!早春のブータン パロ・ツェチュ祭見学と春の山里を楽しむ旅

毎年ご好評をいただいている、ブータンの春祭り「パロ・ツェチュ祭」を見学するコース。
西遊旅行からご用意させていただいている2コースは、早くも満席になりました。

そこで…

ご好評につき、パロ・ツェチュ祭見学コースを追加発表いたしました!

早春のブータンパロ・ツェチュ祭見学と春の山里を楽しむ旅
3月29日(日) ~ 4月6日(月) 東京発着 9日間 398,000円

このコースのポイントは…

‐ パロ・ツェチュ祭を2日間にかけて見学!
bhutan_6
日程6日目は人気の閻魔大王の裁き「ラクシャ・マンチャム」を…

bhutan_3
日程7日目は祭りのハイライト、大掛仏「トンドル」の御開帳を見学!

‐ 中央ブータンの「フォブジカ谷」、「チミラカン」、2ヶ所のショートハイキング!
bhutan_7
早春のブータンを「歩いて」楽しみます。

‐ 聖地タクツァン僧院へのハイキングも!
bhutan_5
タクツァン僧院を仰ぎ見る途中の展望台でお待ちいただくこともできます。

そのほか、
‐ 伝統の焼石風呂「ドツォ」入浴!
‐ もちろん「ブータン衣装の着付け教室」も開催!
‐ 春の野菜たっぷりの「ブータン料理」もご賞味いただきます!

祭りの期間中は大変混み合うため、ブータンエアラインズの座席の確保、ブータン内のホテル確保が非常に困難です。
先着順にご予約を承りますので、ご参加をご希望の方はお早めにお申し込みください。
お問い合わせをお待ちしております!

お問い合わせはこちら

bhutan_10

bhutan_9

bhutan_8






saiyutravel at 10:00|Permalink

2013年05月15日

春のブータンへ

クズザンポーラ!

4/28からブータンの添乗に行ってきました。
その様子を少しご紹介させて頂きます。

春のブータンはお花がとてもきれいな季節です。
今回よく見かけた花は、峠を越える時や、タクツァン僧院への山道に咲いていた
シャクナゲです。

赤や白、ピンク色のシャクナゲが立派に咲き誇っていました。
正に満開です。
P5023186


何年もの月日をかけ、ここまで立派な木となり、美しい花を咲かせます。
近くで見ると、きれいにブーケができています。

P5023191


一言でシャクナゲと言っても、多くの種類があり、
ここヒマラヤ山脈に抱かれたブータンで見られるシャクナゲの種類も多数です。
今回出会ったのは、この赤い花を咲かせる木がほとんどでしたが、
場所によっては色や花弁の形まで違うシャクナゲが見られます。

そして、峠のシャクナゲの木の下には可憐なサクラソウも咲き誇っていました。

P5023182


小さくて淡い色をしていますが、シャクナゲに負けない可憐さと存在感があります。

そして、今回一番私の心に残った花は・・・
プナカ・ゾンの周りに満開の花を咲かせたジャカランダです。
この時期、ジャカランダの季節なのは分かっていましたが、
まるでポストカードのような美しい光景でした。

P4303061


日本ではあまり見かけることのできない花だけに、
その感動は大きく、ツアーに参加された皆様も感嘆されていました。

今回の旅は、お花だけでなく、お天気にも恵まれ、
素朴なブータンの原風景や人懐こいブータン人たちとの触れ合いだけでなく、
美しい景観を楽しむことができました。

これからブータンは、ブルーポピーの季節を迎えます。
ブータンにお花のイメージがあまりない皆様、
ブータンはお花の国でしょうという皆様。

ぜひ、お気に入りのお花を探しに行ってみませんか。

>> 西遊ブータンツアーはこちら 「行って・見て・感じるブータン」

ブータン個人旅行はこちら!
ひとりでも、いつでも、どこからでも。

sugimoto_saiyu at 20:02|Permalink

2011年04月08日

6・7月のブータンの魅力

ブータンの6・7月は雨期にあたります。雨期といっても「通年で比較して雨の多い時期」という意味合いでの雨季で、例えば東南アジアのようにスコールが降ったりするような雨季ではありません。気候も暑すぎず寒すぎず非常に過ごしやすい季節です。

この季節の非常に素敵な光景の一つは新緑の稲田です。
私は稲田が黄金色に色付く9・10月にもブータンを訪れたことがありますが、新緑の稲田と黄金色の稲田はどちらがよいかというと選ぶのはとても難しいです。
もちろん、季節がいつであろうとブータンはのどかなのんびりとした雰囲気に溢れています。

チミラカンへ③DSC_0777

もうひとつの見所はブルーポピーです。
ブータン国道最高点3,988mの場所にチリ・ラという峠があります。
高地にのみ咲くヒマラヤの青いケシ・ブルーポピーが雨期に咲くことで有名な場所です。「幻の花」と言われるだけに探すのに苦労しますが、ガイドさんの先導の元で手分けして探しブルーポピーの咲く場所を発見することができました。高度が3,988mあるので、写真を撮るときはしっかり呼吸をしながら撮るよう要注意です。

ブルーポピー③チリラの植物


チリラ⑨(花名不明)タクツァン⑩



まずはブルーポピーが咲き、稲田が新緑で映える季節に行く「行って・見て・感じる ブータン」のツアー、是非ご参加されてみてはいかがでしょうか。





jimbo_saiyu at 15:30|Permalink