マツタケ

2011年06月09日

8月、ブータンで食す松茸

クズザンポーラ!

今日はブータンでの食事に関してお話したいと思います。
ブータンでは8月になると日本人が好きな「あの食べ物」がたくさん採れます。

「あの食べ物」とは・・・・そう、マツタケ!!
ブータンでマツタケと聞いても皆さん、あまりピンと来ない方もいるかもしれませんが、空港のある町パロから首都ティンプーに向かって走ること約1時間のチュゾムというエリア付近で毎年、たくさんのマツタケが収穫されます。

P1000783
P1000699


チュゾム付近の道路脇にはキオスクのようなお店がいくつか建っていますが、8月頃はこのお店の軒下にたくさんのマツタケが入った袋がぶら下がるのです。

P1000711
道中 (3)


ティンプーにある野菜市場・サブジバザールでも地元の人たちが近くで採れたマツタケを持ち寄り、一袋大体500円程度で売っています。

P1000846
P1000842


ブータン産のマツタケは日本産のものと最も近いと言われ、非常に風味豊かな味わいです。
去年、8月のツアーに同行させていただいた際は、お店に立ち寄りマツタケを買い込んで食事の度にブータンの夏の味覚を楽しみました。
・朝はマツタケのお粥(日本の醤油がとても合います)
・昼はバターホイル焼き(バターの風味とマツタケ独自の風味がとても食欲をそそります)
・夜はマツタケスープ・・・と現地の人が私たち日本人のためにいろいろ揃えてくれました。

マツタケのお粥なんて朝からとっても贅沢だーと、お客様も私もついつい箸が進んでしまいました。
「今回の一回で一年分のマツタケは食べたかな?」とおっしゃる方も。。
生のマツタケを持って帰ることはできませんが、買って帰りたい!という方には、乾燥マツタケがお勧めです。
ティンプーの政府運営お土産店「エンポリウム」や、時計塔広場近くのスーパーなどで手に入りますので是非、ご興味ある方はお買い求めください。

皆さん、ブータンの夏の味覚を味わってみて下さい。
ツアーはこちら↓↓
行って・見て・感じるブータン8日間
8/6発、8/20発、8/23発共に催行間近!

・添乗員のレポートはこちら↓↓
2010年8月24日出発「行って・見て・感じるブータン」



notsu_saiyu at 11:00|Permalink