at 19:30│民族 

2016年08月08日

~茶馬古道をゆく~ 宝山石頭城

今回は「茶馬古道をゆく大理・麗江からシャングリラへ」のコースをご紹介させていただきます。
私のお気に入りの場所、麗江のさらに北にある「宝山石頭城」です。

麗江市内からは車で約4時間、村の上方にある駐車場まで分乗車で向かいます。
その地形から、見下ろすことのできる景色にまず、息を呑みます。

DSC02645_komeda


長江の支流、金狭江の峡谷にある巨大な岩の上に築かれた集落は、3方向が断崖絶壁となっており、
城砦と呼ぶにふさわしい佇まいを見せてくれます。
宝山石頭城は元代の1277年から1294年の間に築城されたと言われています。
当時、宝山州と呼ばれたこの地は、自然により形成された難攻不落の砦で、
この地に居住していた少数民族・ナシ族はかつて戦乱を避けるため、
山腹に沿うようにして村を築きました。

さて、車を降りてからは、歩いて村の中へ進んでいきます。
ここを歩くのは、荷物を運ぶ馬や鶏などの家畜か村人です。

DSC02683_komeda


DSC02699_komeda


人一人通れるような細い道を下った先にある、民家の宿泊施設が、その日お休みいただく場所になります。

点在する民家に沿って、岩の上に路が敷かれており、
屋内の柱、水瓶、テーブル、長椅子、食器棚、暖炉等は岩によってできていています。

DSC02700_komeda


村には展望台があり、隔離されたその空間にしばし心洗われ、
夕食は皆でテーブルを囲って、民家の庭で鍋料理をつつきあいます。

DSC02729_komeda


DSC02739_komeda

《民家で料理をふるまってくれた女性》

村には街灯などはなく、夕食後に見た星空がとても綺麗でした。

雲南省の麗江に来たからには、
有名な世界文化遺産の古城だけでなく、こんな魅力的な宝山石頭城にぜひとも足を運んでください。

そんな宝山石頭城を訪れるツアーはこちら
↓ ↓ ↓
「茶馬古道をゆく大理・麗江からシャングリラへ」
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GCCN65/index.html茶馬古道をゆく 大理・麗江からシャングリラへ



at 19:00│高山植物 

2016年07月27日

高山植物の宝庫「四姑娘山」

大阪支社の前田です。

梅雨明け早々、厳しい暑さになりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、7/10発「四姑娘山麓と九寨溝・黄龍ゆったりハイキング」のコースに
同行させていただきました。

暑い日本とは違い涼しく、そしてたくさんの植物と出会い、
世界遺産の大自然にふれました。

riemaeda_0815 (233)


riemaeda_0815 (193)


今日はその世界遺産の1つ、「四姑娘山」についてご紹介します。

皆様、「四姑娘山」をご存知でしょうか。
中国、四川省にある四つの高山を指してこのように呼ぶのですが、
毎年ここにはたくさんの観光客が訪れます。
それは「四姑娘山」が珍しい高山植物の宝庫だからです。

riemaeda_0815 (279)


四姑娘山は、ヒマラヤの東側に位置する高山で、
四姑娘山(6250m)、三姑娘山(5664m)、二姑娘山(5279m)、大姑娘山(5038m)の四つの峰からなり、
パンダを虎から守って死んだ四人姉妹の伝説から女神の山と呼ばれ、崇められています。
頂は一年中雪に覆われ、この辺り一帯は、
ヒマラヤの青いケシ(幻のブルーポピー)をはじめとする高山植物が有名です。

riemaeda_0815 (203)


四姑娘山の観光地区は、四姑娘山、双橋溝、長坪溝、海子溝、巴朗山からなります。

今回は双橋溝、長坪溝、海子溝をハイキングしました。

海子溝は、主峰の南東側に広がる草地の多い渓谷です。
山上には多くの海子と呼ばれる湖があります。

鍋荘坪までハイキングをしました。

鍋荘坪は、四姑娘山を眺望できる丘で、
仏塔がありチベット仏教の祭りが毎年開かれているそうです。
ウスユキソウをはじめ、多くの高山植物の花が咲いていました。

この日はお天気にも恵まれ、四姑娘山の姿をしっかり見ることが出来ました。

riemaeda_0815 (231)


長坪溝は、主峰の西側に広がる急峻で森林の多い渓谷です。
長坪溝の入口には、ラマ寺の遺跡あり、ここから枯樹灘までハイキングをしました。

枯樹灘は、水没林がある浅瀬で、河床に枯れた木があります。

木の後ろに四姑娘山がそびえ立っています。

riemaeda_0815 (242)


途中、遊歩道の周りには、いろいろな高山植物の花が咲いていました。

双橋溝は、長坪溝の西側にある氷河浸食でできた渓谷です。
両側には急峻な岩峰がそびえ立っていますが、渓谷奥の紅杉林まで自動車道があります。
グリーンバス利用してまわり、途中下車してフラワーウォッチングをしました。
高山植物が満開でした。

riemaeda_0815 (204)


riemaeda_0815 (183)


riemaeda_0815 (269)


どこを歩いても、まるでヨーロッパアルプスのような素晴らしい景観が広がっていました。

10月にもツアー設定がございます。
お花だけでなく、秋は紅葉・黄葉が美しい季節。
大自然の素晴らしい景観を求めて、四姑娘山へ行ってみませんか。


そんな四姑娘山を訪れるツアーはこちら
↓ ↓ ↓
四姑娘山麓と九寨溝・黄龍ゆったりハイキング



at 19:00│シルクロード | いにしえの遺跡・石窟

2016年05月27日

もう一つのシルクロード 仏教美術を求めて③

「黄土高原の仏教美術を訪ねる旅」、
最終回は3つ目のシルクロード世界遺産、『炳霊寺石窟』をご紹介いたします。

③『炳霊寺石窟』
甘粛省の省都・蘭州の黄河北岸にこの石窟はあります。

ここへ行くには、劉家峡水ダムからモーターボートで約1時間。
小さなボートで風を切って走ります。

DSC04260_komeda

全長200mにわたる石窟は一六国時代の西秦420年から隋、唐、明、清時代まで造営され、
最盛期の唐代には3,000人もの僧侶が居住していたと言われます。

DSC04315_komeda


DSC04335_komeda

険しい渓谷にあり、他宗教からの破壊や外国人探検家による持ち出しを逃れたため、
貴重な仏像が多く残されています。

「炳霊」とはチベット語で「十万仏」を意味しているそうです。

DSC04278_komeda

高さ27mの磨崖仏、唐代作の弥勒仏。

DSC04275_komeda

対岸より、巨大な磨崖仏を眺めながらの青空ランチ。

ここでも一般開放窟だけでなく、
特別拝観窟へツアーへはご案内いたします。
急な木造階段を上って見る価値は十分にあります。

「黄土高原と仏教美術の旅」、いかがでしたでしょうか。

黄土高原に華開いた仏教芸術を訪ねて、
ぜひ興味のある方はお申し込みください。

そんな仏教美術を訪れるツアーはこちら
↓ ↓ ↓
「黄土高原と仏教美術の旅 8日間」


at 14:30│シルクロード | いにしえの遺跡・石窟

2016年03月15日

もう一つのシルクロード 仏教美術を求めて②

皆様、こんにちは。

前回、「黄土高原の仏教美術を訪ねる旅」について書かせていただきましたが、その延長です。
今回は2つ目のシルクロード世界遺産、中国四大石窟の一つ『麦積山石窟』をご紹介いたします。

②『麦積山石窟』
甘粛省2番目の大都市、天水にあるスポットです。 
麦積山はその形状が収穫した麦束を積み上げた様の孤丘なので、そう名付けられました。

DSC04113_komeda


高さ200mの断崖絶壁に、194窟(東崖に54、西崖に140)、塑像・石像約7200体、
壁画約1300㎡が現存しています。

DSC04040_komeda


造営は後秦(384-417年)から清に至るまで千数百年、絶え間なく続けられました。
実際、訪れてみると、その価値、迫力には驚き、「東方彫塑館」と呼ばれる所以も十分納得できます。

DSC04068_komeda


各石窟の崖は、幅狭い桟道で結ばれており、観光客は桟道と階段を上り下りしながら、
石窟巡りをします。高所恐怖症の方は少し苦手かもしれません・・・

DSC04101_komeda


特別拝観窟も、見学いたします。
鍵がかけられており、係員さんに鍵を開けてもらわなければいけません。

いかがでしたでしょうか。
さて、次回は最終回。蘭州、炳霊寺についてご紹介いたします。


そんな仏教美術を訪れるツアーはこちら
↓ ↓ ↓
「黄土高原と仏教美術の旅 8日間」





続きを読む

at 12:40

2016年01月08日

2016年、明けましておめでとうございます。 ~チベット・ヒマラヤ~

2016年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年末に大阪から東京へ転勤となった楠(クスノキ)です。

今回は私の好きな目的地の1つであるチベットについて、特にその中でも大好きな “山” をご紹介。

ネパールとの国境に立ちはだかるチベット・ヒマラヤ。
弊社では、歩かずに8,000m峰を望むことができるベースキャンプや
展望台にお連れできるコースがございます。

勿論、山の景色は天気が悪ければ見えませんので、
晴天率の高い時期のみの設定とさせていただいています (5月、9月、10月) 。

≪▲エベレスト≫ 
標高8,848m(地殻変動、地球温暖化により年々変化しているらしい。中国では8,844m)。
ネパール語でサガルマータ“世界の頂上”、チベット語でチョモランマ“大地の母神”という意味。
インド測量局の長官の名をとって英名エベレストとした。北極点、南極点につづく第三の極地。
初登頂は1953年5月29日エドモンド・ヒラリー、テンジン・ノルゲイにより東南稜から成し遂げられた。
日本人初登頂は有名な植村直己さん、松浦輝夫さん。
世界女性初登頂は、弊社にも所縁があり、多数世界各国最高峰を登られている田部井淳子さん。
世界初無酸素初登頂はラインホルト・メスナー。
現在の登頂者最高齢は80歳(三浦雄一郎さん)、最年少はなんと13歳(ジョーダン・ロメロさん)。

チョモランマB.C.
チョモランマB.C.

世界最高所のゴンパ(僧院)より撮影
世界最高所のゴンパ(僧院)より撮影


≪▲チョー・オユー≫ 
標高8,201mで世界第6位の山。8,000m峰の中では比較的登りやすく、危険度の低い山。
シェルパ語で“トルコ石の女神”という意味。初登頂は1954年オーストリア隊によって。
日本が誇るアルパインクライマー山野井泰史さん、長尾妙子さん夫妻もこの山で
輝かしい記録を打ち立てている(南西壁単独初登頂など)。

IMG_0638
チョー・オユーB.C.


オユー


≪▲シシャパンマ≫ 
標高8013m(8,027mとする説もある)。
14座ある8,000m峰の内、最後に登頂された山で、標高も14番目。
チベット語で“牛も羊も死に絶えて、麦も枯れる地方”の意味。
国境ではなく完全に中国領内にある8,000m峰唯一の山。
1964年中国隊により初登頂。
女性初、及び日本人初登頂は田部井淳子さん(1981年)。

IMG_0564
シシャパンマB.C.


IMG_0549


チベット・ヒマラヤの迫力はその場にいってみないと全く伝わりません。
歩かずに行くことができる、という点は非常に魅力です。
まさしくブログのタイトルどおり、「行って・見て・感じチャイナ!」 です。

山は登るばかりではありません。
様々な楽しみ方があります。
“見て楽しむ” のも立派な一つの方法です。

2016年は、日本を少し離れて、外国の山(しかも8,000m!)を見に出かけてみませんか。

西遊旅行が贈る、チベットの道しるべ

チョモランマB.C.とチベットヒマラヤの旅

歩かずに行く 8,000m峰五座大展望

青蔵鉄道で行く チョモランマB.C.とチベットヒマラヤの旅

聖地カイラス山巡礼とグゲ王国

at 20:55│情報 

2015年12月21日

2016年 アムドで過ごすお正月

夏は草原が広がるチベット・アムド地区。ダライ・ラマ14世やパンチェン・ラマ10世の生地としても知られる「もうひとつのチベット世界」です。

この地区では旧暦に合わせてもお正月をお祝いします。タンカの御開帳や仮面舞踏チャムなどが各地の寺院で行われ、お正月の晴れ着を着た地元の人々が集まります。

regon (1)


regon (2)


その中でもパンチェン・ラマ10世が幼いころに学んだ「文都寺」で行われるシャタと呼ばれる仮面劇は、訪れる観光客がまだ少なく、地元の人に混ざってお祭りを満喫することができます。

仮面劇の演目は「ミラレパの物語」。動物の殺生を繰り返す猟師兄弟の現世、死後、裁きを受け地獄に落ちるという物語です。途中、寸劇のような笑いを誘う場面もあり、地元の子供から大人までが集まり、和気藹々と見学をする様子が見られます。

2016年のアムドのお正月祭りを見学するコースが催行決定しました。
まだ残席もございますので、ぜひご検討ください。

※※※「東チベット・アムドの正月祭り」 02月18日(木) ~ 02月24日(水)



at 20:30│貴州 

2015年09月18日

少数民族の里・貴州のお土産

華麗な民族衣装のミャオ族の里・貴州。刺繍や銀細工で飾られた目にも艶やかな衣装は、村ごとにそれぞれ異なりデザインも多様です。そんな貴州のおすすめのお土産を紹介します。

まずは、唐辛子の辛さを好む貴州ならではのお土産
「唐辛子ペイスト・油辣椒」パッケージは銀飾りの見事なミャオ族の女の子です。
どんな食事にもあう調味料。
myao (1)


そして、次に長角ミャオ族のパッケージがかわいいお菓子
「山里妹」刺梨果というフルーツの実のグミです。
長角ミャオ族はこの貴州のみに暮らす大きく結った髪型が特徴の民族。
今はお土産のパッケージでも見ることができます。
myao (2)


そんな貴州へ訪れるツアーを現在、企画中。
来月には発表予定です。