at 18:00│情報 

2014年03月26日

チベット入域許可書 発給受付が再開されました

tibet
昨年末から発給が停止されていた外国人観光客へのチベット自治区入域許可書の発給の受付が再開されました。
これに伴い、4/1以降、チベット自治区へ入れることとなります。
これから春を迎え気候的にもベストシーズンをむかえるチベット。
ぜひ、ご検討ください。

*添乗員同行ツアー
「青蔵鉄道で行くチベットの旅」 4/26発:催行決定、6/14&7/2発:間もなく催行決定
「チベット大縦断」 4/24発コース:催行決定、5/16発コース:間もなく催行決定
「歩かずに行く 8,000m峰五座大展望」 5/12&10/13発コース:間もなく催行決定



at 16:38│情報 | 大自然

2014年02月24日

【番外編その2】ゴールデンウィークはラオスへ・・・①

番外編第二弾です。
今回は、ゴールデンウィークの渡航先を検討中の皆様に、「ラオス北部の自然と信仰にふれる旅」をご紹介させていただきます。

インドシナ半島に位置しながらもベトナム、タイ、カンボジアに囲まれた内陸の国・ラオス。日本と同じく、国土に占める山岳地帯の割合が大きく、タイとの国境に沿って流れるメコン川の周辺に平地が展開しています。タイやベトナムの様な派手さはありませんが、どこか時間がのんびり流れているような、穏やかさが魅力です。

※ラオスの旅・添乗員レポートはこちら

特別企画の7日間コースは、通常ツアーでは盛り込んでいない景勝地「バンビエン」を経由し、緑豊かな高原地帯を越えて新旧ラオスの首都・ヴィエンチャンとルアンパバーンを訪ねます。
ルアンパバーンでは市内観光の他、メコン川クルーズや人気のエレファント・トレッキングも体験!7日間でしっかりとラオスの魅力をお楽しみいただける内容です。

本日は、毎回ご好評を頂いているエレファントトレッキングの様子をご紹介いたします。
エレファントトレッキングはルアンパバーン郊外の、ジャングルの中からスタート。大きな象の背中に乗るため、二階建ての東屋のようなところから象に乗り込みます。通常は、一頭の象の背中に設置された椅子にお二人組で乗っていただきます。それでは出発!※ルートはその時々の状況により変化します。


このような椅子にお二人一組で乗り、出発します。所要時間はおよそ1時間ほど。
001002











ジャングルの中を進んでいくと、川に到達。勿論このまま川を渡ります。他の象との距離が近づくときは、お客様同士でお写真を撮り合うなんてことも出来ます。
003004











川を渡ると、再び森の中へ。急な斜面も頑張って登ってくれる、頼もしい象です。
005006










象の背中以上の高い目線から見る景色、象の歩みと共に伝わる振動からくるスリルは想像以上です!毎回、想像以上に面白かった!との感想をいただくエレファントトレッキング。是非ラオスで体験してみて下さい。


at 19:00│世界遺産 | 情報

2014年01月17日

【番外編】先行発表!豪華なハロン湾クルーズ(1) ~ゴールデンウィーク~

新しい年が始まりました。本年度もどうぞ宜しくお願いいたします。
2014年、第一回のブログはゴールデンウィーク特別企画のご案内です。

西遊旅行はおかげさまで創立40周年を迎えます。
感謝の気持ちを込めて謝恩企画としてハロン湾のクルーズ船をチャーター。
既に昨年の10月にチャーターをし、大変ご好評をいただいたコースなのですが第二弾として、ゴールデンウィークに設定しました。

チャーターする船はハロンで最大規模の豪華客船「auco号」。
2012年に就航したまだ新しい船です。
auco


お部屋はデラックス計14部屋、エグゼクティブ、グランドデラックス計14部屋、スイート計4部屋です。
各部屋に船内電話、ティーセット、エアコン、救命胴衣、セーフティボックス、冷蔵庫が設備されており、シャワールーム・洗面所では、船内に貯蔵する真水を利用します。
室内は清潔で2泊3日の旅を快適にお過ごしいただけます。
auco (2)


船内での楽しみの一番はもちろんハロン湾の絶景。
その他にauco号ならではのシーフードなど美味しい食事もお楽しみいただきます。
auco (3)


洞窟をキャンドルでライトアップして夕食をお召し上がりいただく洞窟ディナーはとても幻想的な体験です。
auco (1)


お食事や船上でのアクティビティなど次回ご紹介いたしますのでぜひお楽しみに。


***2014年ゴールデンウィークのお休みぴったりに3コース設定しました。
ホームページにてまずは先行発表です。

【西遊旅行創立40周年謝恩企画】豪華客船AUCO号で巡る

1)陸のハロン湾・ニンビンと世界遺産ハロン湾の二大絶景地訪問の旅 6日間
05月01日(木) ~ 05月06日(火) 6日間 258,000円

2)北部少数民族の里巡りと世界遺産ハロン湾の優雅な休日 9日間
04月27日(日) ~ 05月05日(月) 9日間 348,000円

3)ベトナムの古都滞在とハロン湾の優雅な休日 10日間04月26日(土) ~ 05月05日(月) 10日間 368,000円


部屋数に限りがありますので、ぜひお早めのご検討をお待ちしております。





at 19:00│情報 

2013年12月26日

シルクロード&チベット旅行説明会2014のお知らせ

2014年4~10月のツアーを対象とした「シルクロードの旅」、「チベットの旅」の別冊パンフレットを来年1月下旬に発表いたします。こちらで発表するコースを対象に東京・大阪にて説明会を開催することなりました。
silkroad


***シルクロード説明会&懇親会***
【東京】2014年2月22日(土) 14:30開場
 会場 : パオ キャラバンサライ PAO CARAVANSARAI
 日程 : 15:00~17:00 シルクロードの旅 説明会
      17:30~ 懇親会
 参加費 : 2,500円 要・事前予約
 ※雲の会会員様は2,000円。ご予約の際にお申し伝え下さい。

【大阪】2014年2月23日(日) 13:00開場
 会場 : シルクロード・ウイグルレストラン ムカーム
 日程 : 13:30~15:30 シルクロードの旅 説明会
  16:00~ 懇親会
 参加費 : 1,500円 要・事前予約
 ※雲の会会員様は1,000円。ご予約の際にお申し伝え下さい。

※詳細はこちらをご覧ください。

【大阪のシルクロード説明会・懇親会は難波にあるシルクロード・ウイグルレストラン ムカームにて開催】
説明会の後に新疆ウイグル自治区出身のウイグル族の経営するレストランにてウイグル舞踏とケバブやミートパイ、ラグメン、ポロなどの軽食をお楽しみいただきながらの懇親会を行います。
food (4)
food (1)

写真上左:ウイグル風ピラフのポロ、上右:スパイシーな羊の串焼きケバブ
food (3)
food (2)

写真下左:薔薇の花の入ったウイグルティー、下右:ウイグル舞踏



***聖地カイラス山とチベットヒマラヤの旅 旅行説明会***
【 東京 】2014年2月19日(水)
 会場 : 西遊旅行 東京本社 
 日程 : チベットヒマラヤの旅 14:00~15:00
 聖地カイラス山の旅  15:15~16:00
 旅行相談会 16:00~16:30
 参加費 : 無料(定員:20名様)

【 大阪 】2014年2月20日(木)
 会場 : 西遊旅行 大阪支社
 日程 : チベットヒマラヤの旅 14:00~15:00
 聖地カイラス山の旅  15:15~16:00
 旅行相談会 16:00~16:30
 参加費 : 無料(定員:20名様)

※詳細はこちらをご覧ください。


是非、皆様のご来場をお待ちしております。
西遊旅行 シルクロード・チベット担当

at 18:00

2013年10月03日

新世界遺産・雲南省の「紅河ハニ棚田」へ!

富士山が世界遺産に登録された、第37回世界遺産委員会。
この委員会では富士山のほかにも西遊旅行でおなじみの景勝地や建築物が世界遺産に登録されました。

ケニア山ナミビアのナミブ砂漠インド・ラジャスタンの丘陵要塞群中国・新疆の天山山脈
その中でも、世界中の棚田ファンを魅了してやまない雲南省・元陽の棚田の魅力についてご紹介いたします。

rt taiju (2)
朝日に輝く多依樹の千枚田

rt taiju(4)
刻々と変化する棚田の色彩(多依樹)

rt mohin
夕陽を映す猛品の棚田

「紅河ハニ棚田」として登録された雲南省・元陽の棚田。
これは、少数民族であるハニ族の人々が、実に1300年の歳月をかけて築いてきたものだと言われています。

ri hani(2)
ハニ族の親子

どこまでも続く棚田に、朝日や夕陽が映り、刻一刻とその姿を変えていく様は幻想的です。

rt taiju
季節や時間によって太陽の角度が変わり、棚田の色合いが変化

rt batatsu
谷間に作られた棚田に霧がかかった幻想的な姿

有名な棚田群をバスで巡っていると、道中名もない小さな棚田とも出会えます。少し寄り道して、棚田のあぜ道を歩きながら素朴な村の風景を楽しむのもおすすめです。

rt ryujyuha(2)
道中出会った棚田

rt ryujyuha
実際にあぜ道を歩いてみる

rt hani
農作業中のハニ族とすれ違う

2月から3月は、元陽の近くにある羅平という菜の花の名所がちょうど花の満開の時季を迎え、一度に棚田と菜の花を楽しめると人気を博しています。

gyugai
満開の菜の花畑

今年は元陽の棚田が世界遺産に登録されたことを記念し、毎年設定している「雲上の絶景・元陽の棚田と菜の花の里羅平」のコースのほかに特別企画「大地の彫刻 元陽棚田」のコースをご用意いたしました。

この特別企画のポイントは以下の3点!
①元陽に3連泊する滞在型
②有名な棚田を何度も訪問
③小さな棚田の散策時間も十分


せっかくの棚田見学がもし曇っていても、翌日、翌々日にまた訪れるのでよい風景に出会えるチャンスが増えます

各見学にも十分な時間を設けていますので、「普通のグループ旅行では時間が足りなくなる!」という写真撮影やスケッチ目的の方にもおすすめのコースです。

新世界遺産・雲南省の「紅河ハニ棚田」を訪れるコースはこちら!パンフレットをお持ちでない方はお気軽にお問い合わせください。
「雲上の絶景・元陽の棚田と菜の花の里羅平」
特別企画「大地の彫刻 元陽棚田」

hani(3)
焼き鳥を売るハニ族のお母さん

at 20:00│シルクロード | いにしえの遺跡・石窟

2013年08月26日

黄金色のシルクロードへ

autum_silk
いよいよ夏も終わり、9月中旬から10月にかけてシルクロードのベストシーズンでもある秋がやってきます。気候的には朝晩は冷え込むことがありますが、日中は暑さも和らぎとても過ごしやすい時期です。

西域南道のポプラが黄葉し、タクラマカン砂漠周辺の胡楊は黄金色に色づきます。
胡楊はヤナギ科の落葉高木。ポプラの仲間で和名を「コトカケヤナギ」と言います。胡楊の葉は他の植物と違い、「針のような細い葉」と「卵円形」のものと成長過程で、その形態を変えるおもしろい植物です。
中国では新疆が主要な自生地で、乾燥や塩分、強風にも強く、建築材・家具や紙の原料としても利用されています。 黄色に色ずいた胡楊に砂漠の景観はまるで絵画の様です。

autum_silk (2)

autum_silk9


特に民豊から輪台までの第一砂漠公路、尼豊からチェルチェンの道中、車窓からも美しい景観をお楽しみいただけます。

美しい秋を迎えるシルクロードへぜひお出かけください。


~秋・シルクロードへの旅~
10/10発「タクラマカン砂漠完全一周」 催行決定/残席僅かです

10/12発「古都・西安から敦煌へ」 間もなく催行決定

10/12発「幻の黒水城と西夏王国」 間もなく催行決定

10/14発「新疆シルクロードの旅 12日間」 間もなく催行決定






at 21:00│チベット | 名物料理

2013年05月10日

GWにチベットへ行ってきました

今年のゴールデンウィークはチベットへ行ってきました。
昨年の10月以降、チベット入域許可書の発給が停止されていたため約半年ぶりの再開ツアー。
tibet (4)

以前と比べて各地の観光地では手荷物検査チェックが行われておりわずらわしくなりましたが
青い青いチベットの空と信仰あふれる人々は健在です。

昨年と少し違うところ。チベットの最新情報を少しだけお届けします。

《旧市街周辺は道路工事中》
今回は長い冬が終わり、気候が良くなったからでしょうか。
いつものラサと違う光景。旧市街のバルコル周辺では大規模な道路工事が始まっていました。
道を掘り返して、冬季の暖房のためのパイプを埋め込んでいます。
この工事は5月下旬まで続くようです。
この期間中にお出かけの方は、埃よけのマスク必携です。

《サムエ寺を見下ろすヘポ・リ(丘)》
以前は土山を頑張って往復1時間かけて登っていましたが、しっかりと整備された階段が
完成していました。
tibet (5)

ゆっくりと休憩しながら登っても片道約20分で展望台へ到着します。
チベット初の僧院の立体マンダラを少し楽に見ることができるようになりました。

最後においしいモモ屋さんが出来ていました。
ヤムドゥク湖のほとりからやってきた店主が太鼓判を押す、ヤク肉を使用した一品です。
tibet (6)


初めてのチベットの方におすすめの「青蔵鉄道で行くチベットの旅」コースは続々、催行決定。
今年もこれから夏に向けてはじまるベストシーズンのチベット。
ぜひ、お越し下さい。

「青蔵鉄道で行く チベットの旅 8日間」
6/15発 催行決定
7/13発 催行決定 ~西寧・タール寺のタンカ御開帳見学
8/03発 間もなく催行決定 ~ラサのショトン祭見学
8/10発 間もなく催行決定